ピクシブ百科事典

ヒョウタンツギ

ひょうたんつぎ

ヒョウタンツギとは、手塚治虫の漫画に登場する謎の生き物。
目次[非表示]

概要

のようなひょうたん形のを持ち、全身にある多数のツギハギが印象的である。

元々は手塚のが描いた落書きから誕生したキャラクター。
絵に添えられた解説には「ヒョウタンツギはキノコの一種であり、常にガスを口(?)から噴射し、スープに入れて食べると汗が出るほど温まる」という記述があったという。
この落書きを元に、手塚は数々の漫画にヒョウタンツギを登場させている。
一種のギャグキャラであり、シリアスな話の途中にもヒョウタンツギを登場させることで、緊張感だけに偏らないよう、作品のバランスを均等に保つ役割をしている。
人間キャラクターが面食らったシーンなどで、ヒョウタンツギと同じ顔になる、という表現としても使われた。

ちなみに手塚作品の英語翻訳版では“PATCH GOURD”(ツギ・ヒョウタン)と訳されている。

こちら葛飾区亀有公園前派出所第一話に呆れた中川の漫符的に使われてたりする。

関連タグ

手塚治虫 手塚スターシステム マスコット

外部リンク

ヒョウタンツギ:キャラクター名鑑:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト
ヒョウタンツギ - Wikipedia
ヒョウタンツギとは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒョウタンツギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421074

コメント