ピクシブ百科事典

ヒロ

ひろ

ヒロとは、日本の人名である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

下記参照

  1. きかんしゃトーマス』の登場キャラクター、蒸気機関車

別記事参照
  1. ひだまりスケッチ』の登場人物。→ヒロ(ひだまりスケッチ)
  2. 純情ロマンチカ』の登場人物。→上條弘樹
  3. プリティーリズム・レインボーライブ』の登場人物。→速水ヒロ
  4. アイカツ!』の登場人物。
  5. ダンボール戦機W』の主人公の1人。→大空ヒロ
  6. スペクトラルフォース』の登場人物。⇒ヒロ(スペクトラルフォース)
  7. ベイマックス』の主人公。→ヒロ・ハマダ

実在人物

  1. 日本の漫画家。→真島ヒロ
  2. 日本の俳優、作家。→水嶋ヒロ
  3. 日本のプロレスラー→ヒロ斎藤
  4. 日本のお笑い芸人→吉田ヒロ


きかんしゃトーマス』の登場キャラクター

日本の神奈川県出身の大型テンダー蒸気機関車。モデルはD51
映画「きかんしゃトーマス 伝説の英雄」にて、トーマスがスペンサーと競争で競っている最中に、トーマスのブレーキが故障し、暴走し、使われてない路線へと入ってしまったときにトーマスが見つけた。

彼はソドー島で最初に来た機関車であり、島で機関車は彼1台だった。
そして付けられた名が「鉄道の英雄」だったが、部品が破損してしまい、彼の部品は日本から届くはずが、彼はだんだん誰からも忘れ去られ……錆びつき壊れてしまった。

考察

  • 作品の舞台におけるソドー島の鉄道は、1914年に現在のトップハム・ハット卿がノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)として統一するまで、3私鉄に分かれていた。おそらくはそのうちの1私鉄が、日本と同じ1067mm狭軌を採用していたと推測される。
  • 1067mm狭軌用の機関車はイギリスにもメーカーはあったが、軽便鉄道用の小型機関車が主体で、ソドー島のような環境で使用されることを前提としたものではなかったことから、当時1067mm狭軌用としては最大だったD51形の輸入が決定されたのではないだろうか。
  • 神奈川県出身と言うことから製造メーカーはおそらく川崎重工と思われる。
  • しかし、その後ソドー鉄道は本土への連絡路線の建設に伴い、(前述の1067mm狭軌混在説を正しいとして)1435mm標準軌に統一される。
  • 同じ頃、日本では大陸に進出した地域で中国の鉄道で運用できるよう、C51D50の一部が出征機関車として大陸に送られ、標準軌化改造を受けた。おそらくヒロも同様の改造を受けるために、日本のメーカーに部品が発注されたのではないかと推測される。
  • ところが、第二次世界大戦が始まってしまい、日英間の交易が断たれ、部品は納入されずじまいになったと推測される。そのため、修理されることもなく、長年放擲されることになったのではないだろうか。


関連タグ

人名一覧
ヒロさん

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3401401

コメント