ピクシブ百科事典

ヒロイックファンタジー

ひろいっくふぁんたじー

「ヒロイック・ファンタジー(Heroic fantasy)」は、ハイファンタジーのサブジャンル。
目次[非表示]

概要

別の言い方として「剣と魔法(Sword and Sorcery)」という別名もあり、一般にはこちらの方が通りがよい。
おおよそはハイファンタジーと同じ括りに入るが、特に主人公が英雄的・ヒロイックな活躍を果たすもの。いわゆる「英雄譚」のこと(今風に言えば、いわゆる「変身ヒーロー」「少年漫画」である)。
最近では、変身ヒロイン男装麗人が活躍する少女漫画も(萌えより燃えが強いものに限り)こう呼ばれるようになっているとか?

恐らくほとんどの人が「ファンタジー物」という響きに抱くイメージに最もぴったりなジャンル。他にも「ビキニアーマー」「ドラゴンスレイヤー」など、ファンタジー物の定番の多くはここから生まれた。

ヒロイックファンタジーの歴史/狭義のヒロイックファンタジー

歴史的には19世紀後半から20世紀初頭にかけて、特にアメリカで発達したジャンルである。
ヒロイックファンタジーの舞台は、大昔の地球、あるいは遠未来、あるいは別の惑星など、現実離れしていれば何でもよい。これにより「現実」や「リアル」の煩わしい制約を取り払い、自由気ままな想像力の羽ばたく、破天荒な物語を生み出す土壌となるのである。

ヒロイックファンタジーという言葉の発案者であるスプレイグ・ディ=キャンプ(アメリカの作家/Lyon Sprague de Camp)の言葉を借りれば、
「言うなれば、この世の煩わしさを忘れ去れてくれる読物。そこでは全ての男が強く、全ての女が美しく、全ての生活は冒険であり、全ての問題が単純といえる。そして、誰一人、所得税、学業放棄、社会医療制度について語ることのない世界である。」

こうしたヒロイックファンタジー作品のほとんどは、低所得者向けのパルプ雑誌に発表された。そのため、短く単純な構造がもとめられ、エロスとバイオレンスがふんだんに盛り込まれていた。

後年、「指輪物語」が巻き起こすブームのなかでヒロイックファンタジーも一時的に評価されるが、やはり文壇畑からは「低俗な人間の読物」「ご都合主義の俺TUEEEEEEE物」として忌み嫌われ、現在でいえばラノベのような扱いだったと言える。

典型的なヒロイックファンタジーの例


関連タグ

ファンタジー 英雄
ヒーロー ヒロイン
俺TUEEE 燃えアニメ ぼくのかんがえたさいきょうの
格好いい 格好悪い

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒロイックファンタジー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1497

コメント