ピクシブ百科事典

ヒロポン

ひろぽん

アンフェタミン系の向精神薬(覚醒剤)の一つ。大日本住友製薬の商標。
目次[非表示]

外部リンク

向精神薬(ウィキペディアの記事)
アンフェタミン(ウィキペディアの記事)
メタンフェタミン(ウィキペディアの記事)

概要


「これはただのビタミン剤じゃ…」

「うそをつけ!」

旧大日本製薬(現:大日本住友製薬)から市販されていたアンフェタミン系の向精神薬(精神刺激薬・覚醒剤)のひとつ。依存性薬物規制の直接の原因になった、日本で最も有名な向精神薬の一つ。

現代でも(厳重な管理の下)ADHDナルコレプシー等の治療などの「限定的な医療・研究用途での使用」に厳しく制限され用いられている。日本においては覚せい剤取締法によって一般人への販売・使用・所持が禁止され、医療目的の使用でも院内処方のみ・都道府県知事への届け出が必要など極めて厳重な規制が行われている。

詳細

塩酸メタンフェタミン製剤。大日本住友製薬の商品名であるが、一番売れて有名になった当製品が『覚醒剤の代名詞』としても使われる場合がある。
類似品に「ホスピタン」(参天製薬)、「ゼドリン」(武田長兵衛商店(現:武田薬品工業)、アンフェタミン使用)など多数の商品があり、覚せい剤取締法施行までは合法の除倦覚醒剤として販売・使用されていた。

!て撃!れ送!れ造


※画像はイメージです

元は化学物質による風邪薬の開発中に生まれた副産物であり、これを研究者が有効活用の道を探った結果、肉体の疲労感を消失させたということ(もちろんこれは風邪を治したわけではなく、単なる興奮作用でしかないが…)から疲労回復薬として一般に流通させたのが最初だという。

副作用として口渇、落ち着きのなさ、血圧上昇、食欲不振、便秘、勃起障害などがすぐに現れる。長期間乱用するとさらに被害的な幻覚・妄想、意欲低下、脳萎縮など重大な症状が出現してくる。ダメ、ゼッタイ

歴史

日本では、大東亜戦争以前より製造されており、太平洋戦争下で『生産性の向上』を目的として工場で工員に、あるいは『夜間に視力が良くなるという理由』で夜間の歩哨に、あるいは『集中力が増す』と言ってB-29の迎撃にあたる航空機搭乗員に支給され……と、政府・軍部の推奨のもと大々的に使用されていた。
メタンフェタミン(ウィキペディアの記事)》によると、『当時はメタンフェタミンの副作用について、まだ知られていなかったため、規制が必要であるという発想自体がなかった』とのことである。

雪風にげんきになる薬をあげた。
【艦これ】史実で艦これ48【漫画4枚+イラスト1枚】
・・・・・


※画像はイメージです

戦後

敗戦後に、酒やタバコの代用品として在庫が闇市場に一気に流入し、やがてアンプル一本が低級の焼酎一杯以下とも言われる激安価格で、裏社会と縁の無い庶民でさえも近所の薬局で気軽に買えるほど流通したため日本社会全体に広範な薬物汚染を引き起こした。
これが教訓となって1951年の覚せい剤取締法制定へと繋がり、以降ヒロポンはいわゆる違法薬物とされるようになった。

下記に示した実在の服用者やその関係者の回想に出てくるヒロポンは注射剤が主であるが、本項メイン画像のように錠剤も存在した。覚せい剤取締法施行後は注射剤のみとなり、法による管理のもと、病院向けに販売されている。

「ヒロポン」の語源は俗に「疲労(『ひろ』う)を『ポン』と飛ばす」と言われているが、実際はギリシャ語"philoponus"(労働を愛する)が正しい語源である。

代表的な実在の服用者


…などなどなど、上述のように戦後にその危険性が指摘され違法となったヒロポンだが、現代日本と同じ様な「覚醒剤=心身に重大な悪影響を与える非常に危険な薬物」という常識が世間に浸透するまでは時間がかかった。現代でもしばしば違法薬物に関する事件で世間を賑わす芸能界に至っては、1950~60年代は既にヒロポンが違法であったにもかかわらず愛好家が当然のように居たという。
ビートたけしが自身の師匠である深見千三郎、東八郎、由利徹をはじめ幾つもの芸能人の実名を挙げてその中毒による奇行の数々をトークのネタにしていたり、藤田まことや正司歌江など当時すでに一線で活躍していた役者や芸人たちが中毒体験を自伝等で告白しているくらいなので、「実在の服用者」として有名人だけに限定したリストを作ろうにも多すぎて割愛せざるをえないほどである。

代表的な架空の服用者

 ヤクザに騙されて打たれ、最後には仲間の金に手を出して共同生活をぶち壊してしまった。更生が描かれるはずの第二部がついに執筆されなかったため、ヒロポンといえばムスビ、ムスビと言えばヒロポンジャンキーのイメージに…。

 ガン牌を使用する為に超人的な集中力を得る手段として使用、命を縮める事となった。
  • 伊佐坂先生、トンダミヤコ、トンダカンイチ(似たもの一家)
 執筆活動用のビン入り液体タイプを隣の家の子供のミヤコとカンイチが誤飲した。

その他の「ヒロポン」

覚醒剤の名前であることがよく知られているため現在では一般的ではないが、「ひろ」で始まる名前の人に対するニックネームとして使われることがある。有名所では元エンターブレインの広瀬栄一デスクが、かつて担当をしていた桜玉吉にこのあだ名で呼ばれており、この流れからこの当時を知る漫画家(須藤真澄など)にもこう呼ばれている。

Pixivでは

ムスビのパロディイラストや、戦時中を想起させる題材(艦隊これくしょんなど)での活躍(?)が見られる。R-18方面では媚薬のように扱われていることもある。

関連タグ

薬物中毒覚醒剤
ちヒロポンモバマスにおける「課金中毒」)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒロポン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1568886

コメント