ピクシブ百科事典

ヒーロー戦記

ひーろーせんき

ヒーロー戦記もよろしく!
目次[非表示]

ヒーロー戦記プロジェクトオリュンポスは、コンパチヒーローシリーズの作品のひとつ。
1992年11月20日発売。スーパーファミコン用ソフト。ジャンルはRPG。
2015年2月5日発売のニンテンドー3DSソフトロストヒーローズ2 PREMIUM EDITIONに移植版がついている。

概要

その名の通りガンダムSDガンダム)、仮面ライダーウルトラマンを題材にしたクロスオーバー作品。
コンパチヒーローシリーズとしては珍しくヒーローやロボットを擬人化せず、『スーパーロボット大戦シリーズ』のように原作のキャラクター設定や人間関係を再現しており、他のシリーズ作品に比べドラマ性が高い。
スパロボシリーズでおなじみのゲシュペンストギリアム・イェーガーは本作で初登場しており、スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION2は今作と密接な関係にあり、事実上の後日談となっているとも受け止められる。

あらすじ

豊かな環境に恵まれた惑星エルピス。ここには大きく分けて3つの文明が発展していた。モビルスーツをはじめとするロボット工学の発達したガンダム大陸、サイボーグ技術や遺伝子工学の発達したライダー大陸、ウルトラ族という超能力者が育っているウルトラ大陸。この三国がひとつの国際機関を設立し、世界は平和なときをすごしていくと思われていた。
しかし、激動の時代はすぐそこまで迫っていた。世界中で同時に発生したテロ事件により、ほとんどの都市を結ぶルートが破壊され、世界中の都市が孤立してしまう。ガンダム大陸の自衛組織・エゥーゴに所属するアムロ・レイは、新しく設立された防衛組織「ZEUS」へと入隊、テロリストたちと闘うのだった。

登場キャラクター

主要メンバー


仲間

パーティメンバー

その他

...など


ゲスト

茂に似た男。

本郷に似た男。

実験室のフラスコ

(ネタバレ改行)




















ラスボス・アポロンが今際の際に主人公に語った言葉。この世界は何者か(ゲームデザイナー?)の手により人為的に作られた世界であるという意味。結果的にその実験は失敗した。彼アポロンの真の目的は失敗作として廃棄されようとする世界から多くの人々を救い出すことであったが、それは端から見れば世界征服も同然の行為であった。アポロンは自ら主人公たちの手で倒されることで罪を償うつもりであったが、「世界の真理」を知った罪は彼を死なせることすら許さなかった。そして彼は…

「実験室のフラスコ」。この言葉は本作ばかりかその後のスーパーロボット大戦シリースをも含めた包括的な問いかけとして今なお語り草となっている。

関連タグもよろしく

コンパチヒーローシリーズ
パロディ 特捜最前線 快傑ズバット
レトロゲーム
ガイアセイバー
スーパーヒーロー作戦
スーパーロボット大戦OG2
スーパーロボット大戦OGS

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒーロー戦記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88373

コメント