ピクシブ百科事典

TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に登場するモンスター。

球形の体、その体とほぼ同じ大きさの巨大な目玉を持ち、その目玉の視線の及ぶ範囲ではあらゆる魔法が無効化される。更に頭頂部から10本の触手が伸びており、この触手の先にはそれぞれ小さな目玉が付いていて魅了・睡眠・恐怖・石化・即死・金属分解などの強力な効果を持つ光線を発することが出来る。1体で手練れの冒険者パーティーを相手取ることが出来る強力なモンスターである。

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の販売元が権利関係で非常に厳しい規制を敷いている為に漫画『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』でこの魔物の登場シーンが販売元から激しいクレームを突きつけられ「鈴木土下座衛門」と言う名称に変更されたのは有名な話。

ソードワールドでは「バグベアード」の名前で登場している。こちらのお方に姿がよく似ていることからの名前であろう。ただしD&Dには「バグベア」というモンスターが別に存在している(大きなゴブリンといった感じのモンスター)。

 またスクウェア社(現:スクウェア・エニックス)のファミコンソフト、ファイナルファンタジーの一作目に登場した魔物「ビホルダー」と「デスビホルダー」はリメイクにあたって「イビルアイ」「デスアイ」と改名されている。

しかし日本ファルコムのPCソフトソーサリアンやその後の時代の様々な作品ではたびたび問題なくビホルダーが登場してしまっている。また、上記のファイナルファンタジーでも、後年の作品で「ビホルダー」という名称のモンスター(ただし外見は一つ目ではなく、無数の眼を持つモンスター)が登場しているので、名称を使う程度ならば問題ない模様。実際"behold"(意訳すると注視・ガン見)という一般的に使われている英単語があるので、名前までは著作権の範疇には入っていないと思われる。
ビホルダーの他の特徴である、巨大な目玉の怪物や邪視を使用する怪物も数多い。
「ビホルダーという名前」「一つ目の大目玉の怪物」「邪視による攻撃を行う」の3つが揃うとアウトなのだろう。

TRPG「アドバンスドダンジョンズ&ドラゴンズ」ではいくつかの世界でなんと有力種族の一つであり、多数のバリエーションが存在している。その強さたるや、下級の種族が数体出ただけでいくつかの冒険を経てきたパーティーを一方的にハメ殺しにできるほどである。

ライトノベルゴブリンスレイヤーの2巻目においても、ビホルダーらしき特徴の怪物が登場するが、登場する話のサブタイトルが『名前を言ってはいけない怪物』であり、登場人物からも「正体が分からない」「名前を呼んではいけない、そういう類の怪物」と呼ばれ、主人公からは「名前なぞは、大目玉でも何でもかまわん」と言われるなど徹底的にその正体を暈すかのように扱われている。
にも拘らず怪物本体は『BEBBEBEBEBEHOOOO!!』だの『OOOOODEEARARARA!?!?』だの『LDEEERRRRRRRR!!!』だのといった正体隠す気更々無い鳴き声を連発してくる。大丈夫なのかこれ?
なお、この怪物は日本におけるD&D全盛期の際によく用いられた和マンチ手法により一撃で退場させられている

関連タグ

D&D 一つ目
鈴木土下座ェ門 目玉おやじ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビホルダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22012

コメント