ピクシブ百科事典

目次[非表示]

正式名称「ピクシブサイキッカーⅡ」
近未来SF世界を舞台にした超能力者もの交流企画

開催期間:2011年04月17日~(予定)


企画目録

【企画目録】ピクシブサイキッカーⅡ




企画概要

SF・近未来を舞台に、超能力者を中心とした物語やイラストを
描写しようという企画です。

今回は荒廃世界を舞台に、独自の文化形態を取った3つの都市を
ご用意しました。
あなたの考えた超能力者を描くも良し、本格的なSFイラストを
描かれるも良し。この世界観で色んな交流を持ってみるのも良しです。
皆様のご参加をお待ちしております。

あらすじ

――黙示録戦争。

能力者が実戦投入された戦争は凄惨を極め
新型爆弾により終止符が打たれた。

電子機器を蹂躙する電磁波。
生態系へ異常変異をもたらしたPSI汚染。
人類を襲い始める新たな生命体【O-1】。

世界は一度滅んだのである――。

黙示録戦争から100年。それでも人類は、生き続ける。

組織・キャラクター

水上機械都市【タカマガハラ】



水上機械都市タカマガハラの勢力概要となります。和風サイバーパンクイメージ。
参加については和風で縛りがあるわけではありませんのでお気軽にご参加下さい。

元々は海上ジャンクヤードで、電子機器がダメになった戦後、一番復興が遅かったのはタカマガハラです。
しかしコア動力を実用化する事に成功し、爆発的な発展を遂げたのでした。

ちなみに海にも無機生命体はおり、常に脅威とは隣り合わせです。

【ピクサイⅡ】タカマガハラ【勢力概要】


無機生命体コアから直接電気エネルギーを抽出する事に成功。
巨大な発電施設を不要とし、情報機器の発展へと繋がった。
その為かネットワーク技術やロボット工学に優れる。
ちなみにコア動力を初めに発見したのがタカマガハラである。

タカマガハラは元々、無機生命体や突然変異種の脅威から逃れる為に
水上ジャンクヤードに逃れた人々であり、それを女帝が纏め上げた都市。

又、黙示録戦争時に女帝は初代アルゴナウタイ議長ユピテルと
敵国同士の間柄であったが、戦争後は盟友として水上・山上の復興を互いに支えてきた。

しかしユピテルが50年前に死亡した事件をきっかけに
両勢力には確執が残り、友好とは言えない関係となっている。

▼リードキャラクター

【ピクサイⅡ】女帝イザナミ【タカマガハラ】
【ピクサイⅡ】阿曇 連士郎【タカマガハラ】
【ピクサイⅡ】エビス【タカマガハラ】
【ピクサイⅡ】機屋【タカマガハラ】




山上機械都市【アルゴナウタイ】



山上蒸気都市アルゴナウタイの勢力概要となります。スチームパンクイメージ。

元々は無機生命体や突然変異種の脅威を軽減する為、山上の炭鉱跡に集まった人々の都市です。
電子機器がほとんど機能しなかった戦後初期に原始的な蒸気機関で力強く息吹を上げました。

なお、現在も蒸気機関特化はしていますが、電気がないわけではありません。
用途に応じて蒸気機関で発電している施設も存在します。

【ピクサイⅡ】アルゴナウタイ【勢力概要】


無機生命体コアから熱エネルギーを抽出する事に成功。
黙示録戦争後、電子機器がほとんど使えなくなった状況から
蒸気機関を率先して利用していたアルゴナウタイだが、
コア動力の熱エネルギー運用により
更なる蒸気機関特化を果たして独自の文化形成に至る。

戦後の復興に関しては最も早く着手した人々であり、
その精力的な力強さは今も引き継がれている。
全体として家族意識が非常に高い。

50年前に巨大無機生命体【 島鯨 -ランドホエール- 】に
初代議長ユピテルが挑んでいる事をはじめ、
無機生命体に関しては比較的積極性を持って対処をしている。
コア保有量は3勢力中最も多い。

▼リードキャラクター

【ピクサイⅡ】議長アルゴス【アルゴナウタイ】
【ピクサイⅡ】ムジ【アルゴナウタイ】
【ピクサイⅡ】ドン・アステリオン【アルゴナウタイ】
【ピクサイⅡ】ミラ【アルゴナウタイ】




能力研究特区【ユグドラシル】



能力研究特区ユグドラシルの勢力概要となります。僕の造語でサイキックパンクイメージとなっております。

ユグドラシルは元々とある国から自治権を認められた研究特区でした。
黙示録戦争をきっかけに孤立し、衛星は機能せず、外界との関係は絶たれています。
しかしアンチ能力フィールドが無機生命体や突然変異種にも有効であり、かつての文明を維持した数少ない地区になったのです。

戦後は膨大な数の難民を受け入れる事はできませんでしたが、2勢力への出来うる限りの援助を続けてきました。
国交も開かれ、多くの融資がなされています。
それでもアンチ能力フィールドの情報開示は未だされずにいたのでした。

そんな中、高齢になった前総統はエイン総統を抜擢。世界は新たに動き出します。

又、3勢力とも外界遠征調査隊は派遣しているものの戻ってきたものおらず、
発展し人口も増えた3勢力は資源問題が深刻化してきているのでした。

【ピクサイⅡ】ユグドラシル【勢力概要】


無機生命体コアからサイキックエネルギーを抽出する事に成功。
簡易的な念動力、重力制御、限定的なテレポートなどの
人工能力を主な動力源として使用する。
「浮島」「テレポートポート」といった特殊な施設を持ち、
3勢力内ではもっとも能力者人口が多い。

能力を遮断するアンチ能力フィールド【 システムISIS 】を
保有し、黙示録戦争後のPSI汚染を逃れた。
フィールドは無機生命体を退ける効果も発揮しており、
他2勢力から技術提供を常に要求されているが
ユグドラシルは最重要機密として頑なにそれを拒んでいる。
かつて、難民を受け入れる事ができなかった過去も含めて
2勢力との間には今も確執が残る。

尚、フィールドは能力遮断はするが内側では能力使用が可能。
膜の様なものがドーム状にエリアを覆っている形である。

▼リードキャラクター

【ピクサイⅡ】総統エイン【ユグドラシル】
【ピクサイⅡ】アグネス【ユグドラシル】
【ピクサイⅡ】サクラ【ユグドラシル】
【ピクサイⅡ】ヘーニル【ユグドラシル】




中立国交地帯【カラレス】



3勢力の中間に位置する中立地帯。
中心に位置するバベルではそれぞれの勢力陣が一同に会し、
情報交換や互いの要望を出し合う「3柱会議」が行われる。

3勢力それぞれの技術交流や物流が集中しており、
ある意味では最も活気のあるエリアとなっている。

その反面、バベルのセキュリティは非常に高いものではあるが
あくまで3勢力に属さない人々が集まってできた地区である為スラムも多く存在している。

関連タグ

ユグドラシル

PPⅡ【ユグドラシル】
治安維持局【グレイプニル】 情報管理局【ニーベルング】 研究機関【フラメル】

ユグドラシル(非公式)

強攻機動部隊【シュトルム】

タカマガハラ

PPⅡ【タカマガハラ】
護国隊【ヤタガラス】 情報機関【コトシロ一座】 研究機関【アマノイワト】

タカマガハラ(非公式)

徒党集団【BLACKTIGER】

アルゴナウタイ

PPⅡ【アルゴナウタイ】
狩猟戦闘部隊【クアドリガ】 大工場【ダイダロス】 研究所【リュケイオン】

アルゴナウタイ(非公式)

民間武装組織【ノーレッド】 ハンターチーム【RustyNail】 【ヒューベリオン】

フリーランス・その他

PPⅡ【フリーランサー】 PPⅡ【カラレス】

フリーランス(非公式)

【HELL'sHEAVEN】 【リンカーライラック】 【カシュトの輪】 地下取引組織「白金」

その他

PPⅡキャラデータ PPⅡ【研究報告】 PPⅡ【組織概要】 PPⅡイラストPPⅡイラストタグ
ぴくさい2メモ

ネタタグ

グレイプニルですが任意同行願えますか? ピクサイの拳

pixivに投稿された作品 pixivで「ピクサイⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3674824

コメント