ピクシブ百科事典

ピグマ・デンガー

ぴぐまでんがー

ピグマ・デンガーとは、「スターフォックス」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

担当声優

郷里大輔スターフォックス64スターフォックスアサルト
最上嗣生スターフォックス643D,ゼロ

概要

発売中止となった『スターフォックス2』が幻の初登場。スターウルフの一員として、もろに関西弁で、アンドルフ軍の制圧を次々と押しのけるスターフォックスチームを追い回して邪魔をする。アンドルフから大金をもらって今回の傭兵稼業に参加。スターフォックスチームを「倒すなんて簡単な仕事」「なかなかやるがまだまだお子様レベル」と完全に嘗めきった態度で戦い、敗れる。

64版でもスターウルフとしてフォックスに立ちふさがる。元々はフォックスの父親ジェームズ・マクラウド率いるスターフォックスに所属していたが、ベノムでチームを裏切ってウルフチームに加入。しかし物語後、その度を越えた性格によりウルフの怒りを買ってしまい、チームを追放されている。
性格上は問題の多かった彼だが、エンジニアとしての腕前はかなり高かったようで、スマブラXのフィギュア解説では、スターフォックスのランドマスターを解析して、ランドマスター改というカスタム機を製作していたらしいことが語られている。

アサルト」ではミッション2のカタリナで初登場し、作中の敵であるアパロイドの核「コアメモリ」を奪い去る。
その理由は「そんなに大事なもんかいな〜ほんなら大もうけできそうやな〜(要約)」。
関西弁とあの性格は初登場から全く変わっていない。
そしてミッション5まではピグマを追いかけてストーリーが進む。
彼の最期(?)は、アパロイドに引きずり込まれ融合するという無残なものだった。
なお、作中の描写から判断するに、入れ替わりで入隊したパンサーとの面識はなかった模様。

コマンド」ではアパロイドとは異なる別の機械生命体として生存していたことが判明し、とあるルートで戦うこととなる。
自我も取り戻しているが、そのときの外見は四角い面合わせパズルのようであり、ファルコに「ダンボール箱にほめられても嬉しくねーな」と言われている。

ちなみにピグマと戦うルートのエンディングは、いずれもバッドエンドに近い結果となる。


以下、ネタバレ注意↓





  • スターウルフがアングラー皇帝を倒し、そのときスターウルフに入っていたクリスタルは彼らに付いていき、落ちぶれたフォックスはファルコの奨めでレーサーとなる
  • ファルコがピグマを倒しているうちにフォックス達がアングラー皇帝を倒していた。独り宇宙を彷徨っていたファルコの元にキャットから通信が入り、彼女の案でコーネリア軍に所属していたアッシュをスカウトし、遊撃隊「スターファルコ」を結成する。

関連イラスト

スタフォで一番好きなキャラですけど。



関連項目

スターフォックス スターフォックス64
スターウルフ ジェームズ・マクラウド ペッピー・ヘア ウルフ・オドネル
吐き気を催す邪悪(ゲーム系)

pixivに投稿された作品 pixivで「ピグマ・デンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17440

コメント