ピクシブ百科事典

ピシャーチャ

ぴしゃーちゃ

ピシャーチャ(Pisaca)はインド神話に登場する悪霊、鬼神の一種で、女性形はピシャーチー(Pisaci)。仏教では毘舎闍、鬼衆と書かれる。
目次[非表示]

概要

ピシャーチャはブラフマーによって創られたとも、様々な悪鬼の母であるクローダヴァサー(怒り)から生まれたといわれる。リグ・ヴェーダではインドラに打倒される存在として言及され、ヤジュル・ヴェーダではアスララクシャーサと共に邪悪な存在として語られる。
ピシャーチャは人肉、特に屍肉を喰らう存在で、夕暮れ時の火葬場でブータヴェータラヤクシャなどの悪魔とともに集まって跳梁し、この悪魔の群れを見た人間は九ヶ月以内に死ぬといわれる。
さらにピシャーチャは人間に視認できないように自在に姿を変えることが可能で、人があくびをした瞬間に口から入り込んでとり憑いてしまう。その為インドでは、あくびをする時は口を手で覆ったり指を鳴らしたりしてピシャーチャなどの悪霊がつけ入る隙を作らないようにするといわれ、アタルヴァ・ヴェーダには人にとり憑いたピシャーチャを追い出す為の薬草やマントラ(呪文)が記されている。
正体は非常に醜い姿をしていると伝わっており、インドでは相手を侮蔑する際にピシャーチャの名を出すこともあったという。
仏教においては持国天の従者とされ「畢舎遮/毘舎遮(びしゃしゃ)」と音写され、五穀の精気を吸う鬼「啖精鬼(たんしょうき)」と漢訳される。

女神転生シリーズのピシャーチャ

初出作品はFC 「女神転生Ⅱ」。出自からして悪鬼邪霊の類である為か、種族は「悪霊」や「幽鬼」など大属性“DARK”悪魔の常連として登場している。
「女神転生Ⅱ」「真・女神転生」の頃は、序盤に大量出現する雑魚悪魔ぐらいの扱いで、グラフィックも同族悪魔であるグールやコープスの色違いでしかなかった。
だが「真・女神転生デビルサマナー」でボス悪魔(ただしかませ犬扱い)として固有グラフィックを獲得してからは次第に存在感を強めていった。
以後のシリーズ作品では、真・女神転生ⅢでHP・MPを吸収する万能属性スキル『吸血』を敵味方いずれにおいても実装しており、「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」では高確率で対象を爆弾化する敵専用スキル『バイツァ・ダスト』所持するなど、作品の難易度を上げる難敵としてメガテニストの前に立ちはだかる。

なおノクマニマニクロ)では、移動に便利なスキルをひととおり習得した彼が序盤で購入できる。
「見覚えの成長」まで習得しており、勝手にレベルアップしてくれるので
イケニエ合体の経験値継承役としても超優秀。
その優秀さゆえに手放せないまま愛着がわいてしまうのか、
彼の一挙一動が妙にかわいらしく見えてきたメガテニストが続出しているという……。

バイツァ・ダスト!



フィクションにおける扱い

ベルセルク

物語の舞台ミッドランド王国に侵略を開始した恐帝ガニシュカ率いる、東方の大国クシャーン帝国。仙将ダイバの外法で怪物に変えられ使役される動物「妖獣兵」がピシャーチャと呼ばれる。

サンサーラ・ナーガ

カレー喰いてえ


押井守監修のインド神話的世界をモチーフにしたロールプレイングゲームのモンスターとして登場。2では「ぴちゃぴちゃ」で毒攻撃をしてくる。仕様書の「インドの由緒正しき吸血鬼」という文面からデザイン担当の桜玉吉カレー屋の親父にしてしまった。

マハラジャ

ファミコンサン電子より発売された、インドが舞台のアドベンチャーゲームに登場する単眼で4本腕の魔物。

関連タグ

インド神話 女神転生

pixivに投稿された作品 pixivで「ピシャーチャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117783

コメント