ピクシブ百科事典

ピスタチオ・メイプルウッド

ぴすたちおめいぷるうっど

GBA用ゲームソフト「マジカルバケーション」の登場人物。タグを付ける際は「マジバケ」の併用を推奨。また「ピスタチオ」は元々ナッツの名称なので、区別するためにフルネームで記入の事。
目次[非表示]

プロフィール

性別:男
年齢:12歳
種族:ヴォークス
身長:97cm
体重:23kg
属性:木
趣味:読書(漫画?)
誕生日:4月15日
星座:牡羊座
血液型:AB型
好物:ドーナツ
一人称:オイラ

概要

魔法学校に通うヴォークスという種族の男の子。
語尾に「~っぴ」とつけて話す。
地元の村では彼の不思議な力(=魔法)を『神のなせる技』と呼び、その評判が魔法学校の校長グラン・ドラジェにまで届き、魔法学校にスカウトされる。
しかしいざ入学してみるとクラスで一番魔法がヘタだったということが判明。
そのため成績が悪く、落第寸前である。
落第したら学校をやめて家業を継げと両親に言われており、臨海学校の時もずっと落第かどうかを決める試験のことでビクビクしていた。
ちなみにキャンディ同様に寮生活をしている。

弱気で根性なしな上にクラスの落ちこぼれであるが、愛嬌がある性格でクラスメイトからは好かれている。
クラスメイトのペシュとはよくケンカをしてしまう。
ゆるゆるでひきずってしまうため、ズボンを頭にかぶっている。帽子ではない。
また、キレイなお姉さんが好きで惚れっぽい。
ストーリー中でもパペット族のミルフィーユやヴォークス族のシナモンに一目惚れしていた。
が、若い娘が好きなのでミルフィーユの年齢は対象外のようだ。

続編の5つの星がならぶときには魔法学校の教員に「ピスタチオ教授」なる人物がいることがモブの会話でわかるが彼の事かは不明。

能力&魔法

速さ意外に取り柄がない。
しかし、レベル40を過ぎるとそれまでの遅れを取り戻すほどの急成長を遂げ、
ラストダンジョンに着く頃には安心して前衛を任せられるほどにまで成長する大器晩成タイプ。
木の魔法は威力は低めだが攻撃範囲が広めで、
相手の精神(いわゆる魔法防御力)を下げる追加効果もある。
また、木の精霊・スティックが比較的仲間にしやすいこともあり、使いやすい魔法であるといえる。

特殊能力

所持しているカエルグミの合計(カエルグミ緑、青、赤の合計)が20匹未満の場合、
HP回復のツボを利用した時にカエルグミを入手できる。
入手できるカエルグミの色は成績表のランクがSなら赤、Aなら青、それ以外なら緑である。
同じツボから連続して入手することはできないが、キルシュの能力と違って
1つのツボからカエルグミを入手できる回数に制限はない。
序盤、特にカエルグミ制限プレイをしているプレイヤーにとっては非常に役に立つ能力である。

表記揺れ

ピスタチオ … 別の意味としても使用されているため非推奨

関連タグ

マジカルバケーション

pixivに投稿された作品 pixivで「ピスタチオ・メイプルウッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1046

コメント