ピクシブ百科事典

ファイアフラッシュ

ふぁいあふらっしゅ

SF人形劇『サンダーバード』に登場する超音速旅客機。
目次[非表示]

SF人形劇『サンダーバード』に登場(1話、7話、12話、18話、21話、22話、25話)する超音速旅客機。マッハ6の速度で高度5万メートルを飛行し、東京〜ロンドン間を2時間半で結ぶ驚異的な速度で飛行する。しかし、搭載している原子力エンジン2時間おきに安全カバーを交換しないと乗客の命にかかわるほどの放射線の漏洩が起こってしまうという(違う意味で)驚くべきエンジンである。またその短所と多数の人員の移動できる部分が狙われ、テロの標的となったこともある。(試作1号機にいたっては大西洋上空で爆発四散している)

操縦席は垂直尾翼の根元という変則的な位置にある。また、客室シートはゆとりをもって乗客がくつろげるようになっており、翼部にはテーブル付き展望室があり快適な空の旅を楽しむことができる。実在するボーイング747に代表されるジャンボジェット機よりも遥かに大きく、自動車を載せて飛行することもできる。
接客サービスに関しては細かいことは不明だが、作法に厳しいパーカーが不快感を示すくらい、少なくともとても良いわけではない様子。
正式名称は「ファイヤーフラッシュ・アトミックエアライナー・マーク5」(FireFlash Atomic AirLiner Mark5)
細長い胴体の後方に巨大な主翼を有し、その翼が途中から折れ曲がり先端が後方ランディングギアとなる、垂直尾翼が途中で二又に分かれてその先にエンジンが搭載されているなど、今尚その奇抜なデザインには根強いファンも多い。また、後方ランディングギアに関しては劇場版第一作で登場した火星探査機「ZERO-X号」の無線操縦翼1号のランディングギアにも通じている。
テーマ曲の人気もさる事ながら、EDでも国際救助隊のメカではないにもかかわらず唯一登場しているなど、公式でも準レギュラーとして扱われているようだ。

最新作「サンダーバード ARE GO(Thunderbirds Are Go!)」でも名称を継承するそれらしき旅客機は登場するが、全体的にデザインが大きく変更されており、またそれに伴い全長もかなり短くなっている。

注意事項

2時間おきに安全カバーを交換しないと乗客の命にかかわるという致命的欠陥があるにもかかわらず前述のとおり2時間半も東京~ロンドン間を飛行させるのはまさに自殺行為であり、運輸当局の製造認可がなぜ下りたのか謎であるが、あくまで架空創作物なのでツッ込んではいけない。
もしかしたら訳、ないしはセリフのミスの可能性もある。

エンジンがT字(というか、Y字)尾翼の上端に装備されているのは、客室への放射線の影響を最小限に抑える配慮、と解釈できるが、現実には尾翼の強度やバランスの問題から不可能であり、たとえ実現できたとしても、ジャンボ機以上の巨大な垂直尾翼上端のエンジンを整備するとなると、ほとんど高層ビルの建設現場並みの足場(と放射線防護)が必要となるだろうが、やはりツッ込んではいけない。

関連タグ

THUNDERBIRDS SF 人形劇
旅客機

表記ゆれ

ファイヤフラッシュ号

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイアフラッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 469

コメント