ピクシブ百科事典

ファイレクシア

ふぁいれくしあ

カードゲーム・Magic The Gatheringの背景世界に登場する次元、または勢力の1つで、ストーリーにおける最大の悪と言っても過言ではない。 ヨーグモスが作りだした『旧ファイレクシア』とミラディンがファイレクシアの油に浸食された結果誕生した『新ファイレクシア』の2種類が存在する。
目次[非表示]

「巨大な悪の勢力」と考えて差し支えない。

旧ファイレクシア

"From void evolved Phyrexia. Great Yawgmoth, Father of Machines, saw its perfection. Thus the Grand Evolution began."-Phyrexian Scriptures
ヨーグモスの支配する次元。

ヨーグモス

ヨーグモス/Yawgmoth


二つ名:荒廃の王 機械の始祖 暗黒卿
ファイレクシアの支配者。
かつてはスラン帝国出身の人間の医者であったが、その姿は怪物に成り果てている。
当時、病気に対して手術という手段を唱えていた彼は、異端と見なされ流刑に処されていた。ある時、スラン帝国の偉い人が魔法で治療できない傷を負ってしまう。物理治療に詳しいヨーグモスが呼び戻され、研究のために援助を受けて権力を得る。それを快く思わないスランの都市は反ヨーグモスの同盟を結んだ。
一方、ヨーグモスは知人のプレインズウォーカー・ダヴェッドの力を借りて人口の次元を手に入れ、それにファイレクシアと名付けた。彼は疫病の患者を運び込み、改造を施してファイレクシア人を生み出した。
ファイレクシアの軍団を率いてスラン同盟と戦い、スラン帝国を崩壊
させるが、土壇場で裏切りにあいファイレクシア如封印されてしまう。
その数千年後、ウルザとミシュラによって封印が解かれてしまう。
ヨーグモスはラースやメルカディアに前線基地を造らせ、ラースには副官としてエヴィンカーを配し、ドミナリア侵略を開始。圧倒的な戦力でドミナリア同盟軍を蹴散らし、暗黒雲で世界を包み込もうとする。
しかし、ウルザらによってファイレクシアを半壊されてしまい、やむを得なくドミナリアに帰還。
最期はウルザとジェラードが命と引き換えに発動させたレガシーの兵器により白マナで倒される。
※ニコル様も悪役としての人気は高いけど、MTG最大の悪役はやはりヨーグモスではないだろうか。強さで言えばだんとつにニコル様だけど、悪の大ボスとしての貫録と禍々しさではヨーグモスのほうが上な筈。

エヴィンカー

ヨーグモスの副官としてラースに配された役職。

ダヴォール

堕ちたる者ヴォルラス


ヴォルラス

隆盛なるエヴィンカー


クロウヴァクス
愛称は「ジャイアン」。暗黒の凱歌のイラストではジャイアンリサイタルを開催しているとも。

インナー・サークル

ファイレクシアの幹部らで構成される、ファイレクシアの最高意思決定機関。


ギックス
ファイレクシアの法務官。ミシュラを堕落させた張本人で、ウルザにとっては因縁の敵。悪魔や抹殺者を引き連れてセラの領土に攻め込み汚染させた。ザンチャが身代わりになってなかったらウルザもやられてたみたいだし、個人の実力はファイレクシア人の中でも最上級なんじゃないか?

サーボ・タヴォーク


サーボ・タヴォーク
ドミナリア侵略軍の司令官。圧倒的戦力と疫病攻撃でベナリア、ラノワール、ケルドを次々と滅ぼすが、コイロスの洞窟の戦いでジェラードに敗れる。瀕死の状態で帰還するもクロウヴァクスに処刑されてしまう。
フレーバーでの一人称は「俺」だが、女性である。

旧ファイレクシアの人物、生物

司令官 グレヴェン・イル=ヴェク


グレヴェン・イル=ヴェク
ラースの戦闘隊長にして、プレデターの艦長。ヴォルラスによって人口脊髄を埋め込まれており、常人離れした巨体と力を持つ。

サラサラヘアーの彼はファイレクシアからの刺客


ガロウブレイド
ヴォルラス配下の工作員。モリンフェンとは兄弟分。ヴォルラスの命令でモリンフェンと共にモグの軍勢を引き連れてクロウヴァクスの屋敷を襲い、一族を皆殺しにする。直後に駆け付けたジェラードらウェザーライトのクルー達と戦闘になりロフェロスを殺害するが倒されてしまう。

モリンフェン

ファイレクシアの抹殺者

ファイレクシアの疫病王


ファイレクシアの疫病王

疫病をばら撒く、魔女エンジン


魔女エンジン

疫病吐き


疫病吐き
ファイレクシア病をばらまく。ホラーだがイラストが丸っこくてかわいらしい。

旧ファイレクシアの兵器

プレデター

ファイレクシアン・ドレッドノート


ドレッドノート
粒子砲を搭載した巨大兵器。

新ファイレクシア

The Great Work of New Phyrexia is Complete.New sources of mana power the Machine Orthodoxy.Beneath Phyrexian skin, the heart of Mirrodin burns.The body is whole, but whispers splinter the mind.The Father of Machines…is coming.Destroyer.

【MTG】ミラディン包囲戦 ファイレクシア陣


ヨーグモスを失ったファイレクシアの残党は、黒い油としてゆっくりと他の次元を侵食し続けていた。
その侵食はやがて金属次元アージェンタムにたどり着き、メムナークを狂わせて混乱と動乱を引き起こした。
そしてアージェンタムの白青黒赤緑の五つの太陽が生み出す強いマナに適応した結果、
ファイレクシアの思想を各色が象徴するように解釈した五つの派閥が生まれた。

法務官

新ファイレクシアの五つの派閥における支配者。
”大修道士” エリシュ・ノーン
 白の派閥を率いる法務官。女性

大修道士、エリシュ=ノーン



”核の占い師” ジン=ギタクシアス
 青の派閥を率いる法務官。男性



”囁く者” シェオルドレッド
 黒の派閥を率いる法務官。女性

沼渡れ!シェオルドレッドさん!



隠れしウラブラスク
 赤の派閥を率いる法務官。男性

なすがままにさせよ



”飢餓の声”ヴォリンクレックス
 緑の派閥を率いる法務官。男性



新ファイレクシアの人物、生物

白の派閥

青の派閥

黒の派閥

”大霊堂の王” ゲス

荒廃のドラゴン、スキジリクス


荒廃のドラゴン、スキジリクス

マッショウセヨ! マッショウセヨ!!


ファイレクシアの抹消者
ファイレクシアの抹殺者

ファイレクシアの十字軍


ファイレクシアの十字軍


ファイレクシアの槽母

疫病のとげ刺し


疫病のとげ刺し

赤の派閥

緑の派閥

裏切り者グリッサを描いてみました


グリッサ
かつての英雄である彼女も、今や法務官ヴォリンクレックスの片腕。ミラディンの核を浸食したファイレクシアの油は核で眠っていた彼女を呑み込み、裏切り者にしてしまった

新ファイレクシアの兵器

ワームとぐろエンジン


ワームとぐろエンジン

粉砕!玉砕!大感染!!


荒廃鋼の巨像

関連動画





関連タグ

ファイレクシアの抹殺者 MTG 法務官

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイレクシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297484

コメント