ピクシブ百科事典

フィオーレ

ふぃおーれ

漫画・アニメ『神のみぞ知るセカイ』の登場人物。新悪魔の1人。フルネームはフィオーレ・ローデリア・ラビニエリ。愛称は「フィオ」。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 」の意味のイタリア語"fiore"。男性名詞で複数形はフィオーリ"fiori"
  2. 漫画・アニメ『神のみぞ知るセカイ』の登場人物「フィオーレ・ローデリア・ラビニエリ」(女性)。本項で解説。
  3. 成人向けBLゲーム『ラッキードッグ1』の登場人物→イヴァン・フィオーレ(男性)。
  4. 三菱自動車の販売した自動車「三菱ランサーフィオーレ」→ランエボを参照
  5. ライトノベル『ご覧の勇者の提供でお送りします』のヒロイン「フィオーレ・ローゼンガルデ」(女性)。
  6. アニメ『アソボット戦記五九』の登場人物「フィオーレ」(女性)。
  7. ゲーム『スターオーシャン5』の登場人物→フィオーレ・ブルネリ(女性)。
  8. 漫画・アニメ『FAIRYTAIL』の登場人物、及び登場する国家→ヒスイ・E・フィオーレ(女性)、フィオーレ王国
  9. 小説・アニメ『オーバーロード』の登場人物→マーレ・ベロ・フィオーレ(男性)。
  10. ゲーム『ブレイブリーデフォルト』の登場人物→フィオーレ・ディローザ(男性)。


人物像

1等特別執行魔。駆け魂隊の1人……なのだが、実は旧地獄の復活を画策する秘密結社「正統悪魔社」(ヴィンテージ)に所属している。ノーラと同じく、「角持ち」と呼ばれる名門出身の悪魔。

エルシィハクアとは学生時代の同級生であり、特にハクアとはライバル同士。成績はずっとフィオーレが一番だったが、最後の論文でハクアが首席となった。その為、ハクアを逆恨みしている。
実の所、自家や学生時代における過去の地獄の資料(おそらくは禁書扱いのシロモノも含まれる)を読み続けた末に「悪魔とは自身の欲望を優先する悪しき存在でなくてはいけない」という結論を得た果てに、同種の危険思想を自身の身の内に育んでしまったがゆえに主席を追われた可能性がある。一方で、それでもフィオーレの思想が問題視されなかったのは、彼女が名家の娘であったためである。
(実際それまでの歴代主席の悪魔はノーラを含めて名家出身であり、それは新地獄上層部の裏取引めいた名家間談合の果てのシロモノだった。フィオーレのKYによるポカがあったとはいえ、非名家出身にして純粋な努力と実力で名家にも有無を言わせることなく首席を勝ち取った悪魔は、ハクアが初であった事がドクロウの口より明かされている)

結編で駆け魂の復活を画策する人物として登場。この時点では名前は不明だったが、再攻略編の冒頭で「正統悪魔社のフィオーレ」と名乗り、アポロが復活してた中川かのんを呪いのかかった刃物で刺し、瀕死の重傷を負わせた。
その後、ノーラととも「ノーラの部下として配属された駆け魂隊の悪魔」として登場した(北米勤務から極東勤務に転属)。

力が戻っていなかったとはいえ女神に重傷を負わせ、ヴィンテージの技術力の賜物とはいえハクア、ノーラを捕えるなど実力はあると思われるのだが、力の戻ったウルカヌスには歯が立たず一蹴された。また、桂木桂馬に対しては初見で正体を看破され、罠に嵌まり、誘導尋問に引っ掛かって情報を漏らし「ヴィンテージでは小物」呼ばわりされ(本人の言動からすると正鵠を得ている模様)「ちょろい相手」と言われるなど手も足も出なかった。

言動とか役周りが、とても小悪党。

アニメ版女神編では、存在自体が抹消(アポロとのエピソードはリューネに変更され、ウルカヌスとのエピソードはカット)され登場することはなかった

関連イラスト

メガネ割ってやり隊



関連タグ

神のみぞ知るセカイ/神のみ
エルシィ/ハクア/ノーラ
アポロ/ウルカヌス

pixivに投稿された作品 pixivで「フィオーレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91994

コメント