ピクシブ百科事典

フェイスハガー

ふぇいすはがー

映画『エイリアン』シリーズに登場する、架空の生物。

概要

ゼノモーフの一種で、クイーンエイリアンが産み落とすエッグチャンバー(卵)の中に潜んでいる。

但し、”クイーンエイリアン”と云う設定は「2」からの後付設定である。
拠って、オリジナルである『エイリアン』には最初から存在もしていない。
そうで無ければオリジナルで語られる、

”一体だけでも繁殖する。”、
”完全生命体”であると云う重要なポイントが無く成ってしまう。

※ 故に、実はビッグチャップに成長した後は
”短命”であったりもする。

オリジナルのクライマックスで、脱出シャトルの”ナルキッソス”の中で
横になって、じっとしていたのはその為、でもある。




名前のフェイスハガー(Face Hugger)は「顔に貼り付くもの」を意味しており、寄生対象がエッグチャンバーに近づくと蓋が開いてフェイスハガーが飛び出し、8本の足で宿主の顔面に貼りついて宿主の口に管のような器官を挿入して胎児(チェストバスター)を寄生させる。長い尻尾は空中にジャンプする他、標的の首に巻きついた上に締めあげて気絶させるのにも使われる。ただし、この間は挿入した器官から酸素を送り込む為、寄生対象が窒息死するような事はない。

力は非常に強く、抑え込むには並の人間ならば2~3人は必要で、一度顔に貼り付かれるとプレデター並のパワーが無ければ引き剥がす事は不可能。この形態でも強酸性の血液を持っている為、外科手術で無理矢理取ろうとすると、寄生されている人間や手術を行なっている人間にも危険が及ぶ。
映画1作目ではケインの顔に貼り付いたフェイスハガーを手術で取り除こうとした際に流れ出た酸性の血液が床に垂れ、ノストロモ号の床を何層にもわたって溶解するという描写もあった。

チェストバスターを宿主の体内に寄生させた後は死亡して自然に剥がれるが、この際血液は酸性ではなくなる。

クイーンエイリアンを寄生させる個体は「スーパーフェイスハガー」と言われ、通常の物とは形状に差異があり、発生確率が低い。

フェイスハガー


↑こうなったら死ぬ。

時をかけるおっさん、宇宙へ行く


おいやめろ

関連タグ

ALIEN チェストバスター ゼノモーフ

pixivに投稿された作品 pixivで「フェイスハガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4646325

コメント