ピクシブ百科事典

フォックス・マクラウド

ふぉっくすまくらうど

フォックス・マクラウドとは、『スターフォックス』シリーズに登場する主人公である。
目次[非表示]

概要

本シリーズの主人公であり、雇われ遊撃隊「スターフォックス」の若きリーダー。
G-ディフューザーシステムを搭載した小型戦闘機「アーウィン」に搭乗するパイロットでもある。

コーネリア軍の士官学校に所属していた時代、父フォックス・シニア(後のジェームズ・マクラウド)がブラックホールに吸い込まれて姿を消したことを知り学校を退学。以降はアンドルフ軍の船だけを襲う宇宙義賊として仲間たちと活動する。戦果を上げながらも金がないところをコーネリア軍のペパー将軍に注目され、彼の依頼で悪の科学者アンドルフ率いる大軍勢と戦いを繰り広げる。

なお、その人物像は作品によってやや異なり、とくにSFC版と64版との間でのシナリオの改変もあったため経歴にも差異が存在する。

容姿と性格

キツネの姿で描かれているのは宮本茂の提案によるものと、任天堂本社から近い場所に位置する伏見稲荷大社にちなんだものとなっている。

作品ごとによって顔つきや毛の質感などが異なるが、基本的にはパイロットスーツの上に白地のジャケット、首にはスカーフという、戦闘機のパイロットを思わせる服装をしている。
頭にはT字型のヘッドギアを装着しており、通信用のイヤホンマイクやモノクル型の小型スクリーンなど様々な機能が搭載されている。

性格については、SFC版では初代作こそ描写されていなかったが、発売中止となった『スターフォックス2』にて「歯切れのいい爽やかな好青年」として紹介され、64版以降のビル・グレイをベースに更に一回りくだけた感じかとおもわれる。

64版以降の性格は正義感が強く非常に真面目で仲間思いであり曲がった事が大嫌いといった典型的な主人公タイプである。少々融通が利かないという短所も持ち合わせているため、それが災いして時折仲間と衝突する事もあるようだ。そういった生真面目さを持つために危険な任務では単独で引き受ける場合もあり、メンバーからもその事をたしなめられる事がある。

アドベンチャー』ではフォックス以外のメンバーが諸事情から全員バックアップに回っていたためにその事がわかり辛い節があったが、『64』や『アサルト』ではその一面が強く強調されている。

戦闘スタイル

シリーズを通して戦闘機「アーウィン」に乗って空中戦を行うが、64版以降では戦車「ランドマスター」や潜水艦「ブルーマリン」といった戦闘機以外のメカの操縦もこなしている。

また、64版の対戦モード(条件有)や『アドベンチャー』、『アサルト』、漫画『さらば愛しのファルコ』では白兵戦もこなしている。主にブラスターを手に戦うが、『アドベンチャー』ではクリスタルスタッフという魔法の棒を使って棒術で戦ったり、シャープクロウ族が使用しているホバーバイクを使って雪山などを疾走したりするなど、多方面で器用さがうかがえる。また、『アドベンチャー』で棒術と蹴り技を組み合わせたコンボを使用していた事や、『さらば愛しのファルコ』でフェンシングを披露したりシールズ大佐一味に跳び蹴りを喰らわせていた事から格闘戦もこなせるようだ。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズのフォックス

もえきつね



スマブラシリーズ全作品に基本キャラクターとして登場。第1作目および『DX』では『スターフォックス64』を踏襲したデザインとなっており、『X』および最新作では『コマンド』をベースにしたオリジナルのデザインとなっている。

赤いレーザーを発射する「ブラスター」や、相手の飛び道具などを反射する「リフレクター」といったスリッピーが開発したという設定の兵器をはじめ、「ファイアフォックス」や「フォックスイリュージョン」などの特殊技や百裂キックやサマーソルトキックなど多彩な蹴り技を駆使した白兵戦を展開する。
シリーズを通して、歩き、走り、ジャンプスピードがそれぞれ速く、隙の少ない動きができるうえに、上方向に吹っ飛ばす力が強いキャラクターとなっており、第1作目ではマリオとほぼ同じ重量だったが、『DX』以降ではそれより軽いキャラクターとして調整されている。それ故か『DX』では(ステージや難易度にもよるが)クッパの突進がうまいこと当たるとノーダメ状態でも一発で星になる
使用するブラスターもシリーズを追うごとにデザイン、タイプが変化しており、第1作目では連射性が低く、当たった相手がひるんでいたが、『DX』以降では連射性が高くなっており、それに加えて相手がひるまなくなっている。また、『DX』以降では必殺ワザで使用される以外にも、前投げ以外の投げワザからの追い討ちにも使用されている。
『X』で追加された「最後の切りふだ」は「ランドマスター」で、一定時間ランドマスターに乗り込んで戦うことができる。

『DX』以降では通常のアピール以外にも、『スターフォックス』シリーズを題材にしたステージで下アピールボタンを短く押すことにより『スターフォックス』シリーズのキャラクターが通信で登場し、会話を繰り広げる「スマッシュアピール」が用意されている。『DX』ではペッピー、スリッピー、ファルコの3人による『スターフォックス64』風の通信会話が展開され、『X』の「ライラットクルーズ」では『DX』の3人に、クリスタルウルフレオンパンサーを加えた7人による通信会話が展開される。また、フォックス本人もファルコの通信に登場する。

『X』のアドベンチャーモード『亜空の使者』では、単身アーウィンに乗り込んで戦艦ハルバードに攻撃をかけるも撃墜されてしまい、墜落した先でディディーコングレックウザに襲われている場に遭遇し、ディディーと協力してレックウザを退ける。その後はディディーに半ば強引に連れられる形で共に行動を始める。

声優

作品ごとに声優が異なっており、一貫していない。

日本語版
里内信夫:64版、ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ、大乱闘スマッシュブラザーズDX、大乱闘スマッシュブラザーズX、大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS(「X」と「for」はステージ「惑星コーネリア」での通信シーンのみ)

野島健児:アサルト、大乱闘スマッシュブラザーズX、大乱闘スマッシュブラザーズfor3DS/WiiU

大原崇:3DS版,ゼロ

英語版
ダン・オーセン:SFC版

マイク・ウェスト:64版、3DS版

スティーブ・マルパス:アドベンチャー、大乱闘スマッシュブラザーズDX

ジム・ウォーカー:アサルト、大乱闘スマッシュブラザーズX

関連イラスト

フォックス・マクラウド
フォックスとトリッキー



関連タグ

スターフォックス
大乱闘スマッシュブラザーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「フォックス・マクラウド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1370254

コメント