ピクシブ百科事典

フクロウヤミー

ほんまつてんとうのきわみ

フクロウヤミーとは、特撮ヒーロー番組『仮面ライダーOOO』第33話及び第34話に登場した鳥系ヤミーである。
目次[非表示]

北村「あいつ(アンク)が映司の側にいたら危険だ・・・。」

概要

火野映司の高校の友人・北村雄一にアンク(ロスト)人間態が遠くからセルメダルを投げ入れ、白ヤミーで誕生。バース戦で成長し「映司に頼られたい」という北村の欲望を満たすため行動。強風で変身解除させた伊達明を攫い、オーズ戦でサゴーゾコンボに痛めつけられるものの、後藤慎太郎を攫い逃亡した。
2名を救助しに来たオーズとの再戦後アンクを攫い、に監禁。オーズをカザリ一味と共に迎え撃つ。
最後は映司が自分の意思で変身したプトティラコンボに圧倒され、カザリ達に続き逃亡する所をメダガブリューの一撃を受けて爆散した。

容姿

白い身体に、赤い顔をしている。の部分はもさもさした羽毛に覆われている。

能力

鳥系ヤミー特有の飛行能力、羽手裏剣の他にも、による強風、黒い包帯を出して相手を束縛する能力も持つ(前述の3人もこれで攫った)。

派生作品

MOVIE大戦アルティメイタム』ではアンダーワールドの怪人として登場。同じバード・ドーパント共々仮面ライダーアクセルの愛刀・エンジンブレードの錆にされた。

天下分け目の戦国MOVIE大合戦』では武神鎧武配下の怪人兵士として、ネコヤミークロアゲハヤミーと共に複数個体が登場した。

備考

伊達からはこいつも「ニワトリ」と呼ばれた(体色しか合っていない)。
フクロウなのに昼に活動していた。これはどの特撮のフクロウモチーフ怪人にも言える事である。何故夜に戦わないのだろう?
ただし、このヤミーのモチーフになったと思われるシロフクロウオウルイマジンと同じですね)は
 「北極圏に住むため、になるとそもそも日が沈まないことがある」
 「昼間でも餌を奪い合うライバルが少ない」
などの理由から日中に狩りを行う。
スタッフが知っていたかどうかはともかく、今回に関して言えばむしろ実態に近かったことになるわけで、世の中わからないものである。

関連タグ

仮面ライダーオーズ
ヤミー アンク(ロスト)

pixivに投稿された作品 pixivで「フクロウヤミー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2141

コメント