ピクシブ百科事典

フシギダネ

ふしぎだね

フシギダネとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.001
英語名 Bulbasaur
ぶんるい たねポケモン
タイプ くさ/どく
たかさ 0.7m
おもさ 6.9kg
とくせい しんりょく/ようりょくそ(夢特性)


進化

フシギダネフシギソウ(Lv.16)→フシギバナ(Lv.32)

フシギちゃんたち



容姿

カエルに似た身体に大きな植物の種が特徴的なポケモン。
(実際、漫画によってはカエルの鳴き声で鳴いていたりする)
緑色の体にはさらに濃い色の模様がいくつも付いており、可愛らしい目つきをしている。
ちなみに瞳の色が明確に赤色に定まったのはアニメ版放映以降で、初期の公式イラストでは緑色の瞳のフシギダネもいくつか見られる。

色違い

ベースの色が黄緑色になり、模様や後ろの種がより緑色になっている。
戦闘や図鑑で見ると分かりやすいが、生まれたばかりだと少しわかりづらい。

念願の色違いGET!!!



概要

ポケットモンスター 赤・緑』(第1世代)から存在するポケモン。
名前の由来は、恐らく「フシギ(不思議) + ダネ(種)」。"不思議だね"と掛けているのだろう。
ゲーム開始時にもらえるくさタイプのポケモン。

大きな種を背負っているポケモン。この種は生まれた時から植わっており、生後しばらくは種から養分を得て成長する。
背中の種から養分を受け取ることで、何日も何も食べなくても平気。
日光浴を好む生態で、太陽の光を浴びると種は大きくなり、ついには割れて草が生えてくるという。

記念すべきポケモン図鑑(全国図鑑)のNo.001であり、初代GBシリーズではヒトカゲゼニガメやその進化形と共にオーキド博士から最初にもらえるポケモンとして象徴的な存在であったことなどから、フシギダネはポケモンの中でも特にポピュラーな種であると言える。

ゲーム上での特徴

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
454949656545


前述通り赤緑及びリメイク版のFRLGで最初に入手できるポケモンの一種。
また、第4世代では特別な条件を満たす事で、第6世代ではシナリオ中で入手する事ができる。

初代に多かった『くさ/どく』複合型の典型であり、カントー御三家のたねポケモンの中では、唯一最初からの複合タイプであり、モクローが登場する以前は歴代の御三家の中でも唯一の複合タイプのたねポケモンであった。
発売当初はカッコよさと可愛さが両立したヒトカゲ、愛くるしさ満点のゼニガメに押されてやや地味だったが、ジムリーダー戦において5/8(正確にいえば3)という割合でタイプの相性が良いことが判明し、特に手持ちの揃わない序盤のジム戦で安定した活躍ができ(ヒトカゲは2番目のジム、ゼニガメは3番目のジムが鬼門となる)戦力的に厳しくなる中盤以降も優秀な捕獲担当として活躍できるため、ポケモン初心者の心強い味方としてその立場が見直されることとなる。
反面おつきみやまに大量に発生するズバットきゅうけつが非常に痛く(当時はどくタイプもむしタイプの技が弱点)、洞窟内では結構苦労も多かったりした。

とくこう・とくぼうが最終進化まで通して上がりやすい。
但し自力習得技は物理に偏り気味なので、技マシンで補強する事も考慮に入れたい。

くさタイプの技には攻撃・補助共に恵まれている。
何気に第4世代以降では、フシギソウ・フシギバナは自力習得できないタネばくだんを自力で覚えるようになった。
反面習得できるどくタイプの技は少なめ。
何故かとっしんすてみタックルと言った反動技も自力習得できたりする。

一方で、複合タイプの宿命で非常に弱点が多いのが悩みどころ。
(ほのお・こおり・エスパー・ひこうの4種類。初代はむし(4倍)を含めた5種類)

ポケモンGO

ポケモンGOでも、ゲーム開始時最初に捕まえられる候補の一匹になっている。
その後も、御三家の中では最も出現率が高い。ものの、フシギバナまで進化させるのにはそれなりの労力が要るため、配信初期はフシギダネの巣に通った人が大量にいた。
特に最盛期にフシギダネの巣であった東京の錦糸公園は、NHKの密着取材も行われたほど。
なお、他のポケモンよりも捕獲率が低いため、ズリのみやランクの高いボール使用を推奨。

主な使用トレーナー

アニメ版

漫画版


アニメのフシギダネ

サトシのフシギダネ

オーキド邸


サトシのフシギダネを参照。

ハルカのフシギダネ

仲良しかも!


CV: 伊東みやこ

AG編73話から登場。性別は♀。やや小柄で、額にハート型の模様がある。
元々「禁断の森」に住むフシギバナの仲間だったが、崖から転落しかけたところをハルカに助けられたことをきっかけに、自分から彼女についてきた。

おっとりとした性格。ずっと森の中にいたためか、ゲットされてしばらくの間は世間知らずな一面で周囲を振り回す場面もあった。また花を好むなど、♀らしい面も強い。
人間の世界に慣れていなかったため、初めてポケモンコンテストに出た時は大勢の前で緊張してしまい実力を出せなかった。旅を続け、コンテストの経験を積み重ねるうちに精神的にも成長していく。

同74話でサトシのフシギダネと対面しており、彼を先輩として慕うようになる。このこともあって、同133話でサトシのフシギダネと一緒にいれば勉強になると考えたハルカにより、オーキド研究所に預けられた。

DP編では、このフシギダネと同一個体と思われるフシギバナがハルカと共に登場している。

使用技は「たいあたり」「つるのムチ」「はっぱカッター」「はなびらのまい」。

サナのフシギダネ

サナちゃんスマイル♪


CV: 犬山イヌコ

XY編において、サナのパートナーとして登場。彼女の最初のポケモンでもある。

人見知りで社交性に欠ける部分があり、ピカチュウたちとは当初あまり仲良くしようとしなかった。一方でバトルの実力は高く、相性の悪いフォッコの「かえんほうしゃ」も「エナジーボール」で打ち消している。
同46話での再登場時にはいくらか態度が改善され、度々笑顔を見せるようになっていた。

同90話以降はフシギソウに進化して登場。

使用技は「つるのムチ」「エナジーボール」「はっぱカッター」「ソーラービーム」「はなびらのまい」。

関連イラスト

はじめてのポケモンは キミでした
チビダネ



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ どくタイプ
ポケモン RGBP FRLG
フシギソウ フシギバナ メガフシギバナ

カントー御三家
ヒトカゲ ゼニガメ

他の地方のくさタイプ御三家
ジョウトチコリータ
ホウエンキモリ
シンオウナエトル
イッシュツタージャ
カロス:ハリマロン
アローラモクロー

pixivに投稿された作品 pixivで「フシギダネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4891910

コメント