ピクシブ百科事典

フジキド・ケンジ

ふじきどけんじ

サイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」の主人公であるニンジャスレイヤーその人。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#01 【ニンジャスレイヤー】 ◆忍◆
妻子を殺され、自らも致命傷を負ったサラリマン「ケンジ・フジキド」が正体不明のニンジャソウルを取り込み地獄の淵から蘇生した。
人間離れした身体能力と全てのニンジャへの激しい憎悪が、彼の強さの源だ。
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

「ドーモ、ニンジャスレイヤーです。ニンジャ、殺すべし!」

CV:森川智之(オーディオドラマ版)

人物

本作の主人公であり、ニンジャネームは「ニンジャスレイヤー(ニンジャを殺す者)」。
元々は家族想いの穏和な中流サラリマンだった。
マルノウチ・スゴイタカイビルにおけるニンジャの抗争に巻き込まれ、目の前で妻子を殺され自身も致命傷を負うが
その際全ニンジャ殺害を目論む謎のニンジャソウル「ナラク・ニンジャ」が憑依。
恐怖の復讐者ニンジャ「ニンジャスレイヤー」として蘇った。
その後は全ニンジャを滅ぼすため、また妻子を奪った抗争の元凶たる悪の組織「ソウカイ・シンジケート(ソウカイヤ)」や秘密結社「ザイバツ・シャドーギルド(罪罰影業組合)」、
そして妻子を直接手にかけた宿敵「ダークニンジャ」を打ち倒すため、狂気に近い復讐戦に身を投じていく。

主人公だが悪のニンジャに対しては徹底的に無慈悲かつ冷酷なダークヒーロー
その狂気を孕んだ凄惨な殺戮行為は作中でも大いに恐れられ、「ネオサイタマの死神」「ベイン・オブ・ソウカイヤ」の異名をもつ。
当初は妻子を救えなかったことの悔恨やニンジャへの憎悪をナラクにつけこまれて殺忍衝動の赴くまま無差別にニンジャを殺し回っていたが、ドラゴン・ゲンドーソーナンシー・リーを始めとする協力者達との出会いや数多の戦い、度重なる自問自答とナラクとの対話・制御を経て、他者の命を理不尽に弄ぶ悪しきニンジャ達への怒りへと昇華させていく。

しかし良心や人間性を失ってしまったわけではなく、彼の内なる葛藤も物語の重要な骨子。
戦いの中、自分自身もまた邪悪の化身であるニンジャであり、「自身の戦いが人々(モータル)の災いの元凶となっているのではないか」と人間性の狭間で思い悩みながらも、その全ての結果と責任を受け入れる覚悟を固めていく。
そして自分の戦いを『狂人の身勝手な復讐』に過ぎないと断じており、一切見返りを求めようとはしない。

第一部・第二部で妻子の直接的な仇であった二大ニンジャ組織を壊滅させた後、第三部からはある事件を経てニンジャ絡みの事件を調査・解決する暗黒非合法探偵として活動している。

忍殺


特殊能力であるユニーク・ジツを持たないが、自らの肉体を武器としてチョップやカポエイラをはじめとする超常のカラテ技やジュー・ジツ、伝説の暗殺術「チャドー(茶道)」を駆使した近接格闘戦を主体として戦う。
射撃戦は苦手らしいが、そこらのサンシタニンジャならスリケンだけでも楽々屠れるどころか、狙撃特化のニンジャを返り討ちにするほどのワザマエを持ち、中にはこの情報の信憑性を疑うヘッズもいる。
逆にハッキングなどUNIXの技術は一切持ちあわせておらず、ニンジャ器用さによって強引にタイピング速度を速める程度。その分、ナンシー・リーなどハッキング技術の持ち主がカバーしている。

悪のニンジャにとっては存在そのものが一つの災厄として認識されており、もはや彼が登場するエピソードに出演してしまうこと自体がデスノボリ扱いである。
特に彼や彼の関係者ではなく、ヘッズのハートを掴んだ印象深いニンジャが主役であるようなエピソードでは「フジキド来ないでくれ-!」というヘッズの悲鳴がこだまする。主人公なのに。

口喧嘩や挑発といった舌戦も異様に達者で、先に挑発されても相手の特徴や言動を的確に捉えて切れ味鋭くボロクソにしてやり込める様はヘッズの間ではドクゼツ・ジツバトウ・ジツアオリ・ジツと呼ばれ親しまれている。

実際メチャクチャ強いがしかし無敵というわけではなく、相手や状況によっては時折苦戦を強いられ、時には撤退や敗北を喫してしまうこともある。

非戦闘時には「イチロー・モリタ」の偽名を用いており、「フジキド・ケンジ」の名を知るものはごく一握りである(文字数の関係で読者は頻繁にフジキドと呼んでいるが)。
決め台詞は「Wasshoi!」「ニンジャ、殺すべし

基本的に寡黙でストイック、真面目でシリアスな性格をしているが若干、天然の節があり読者が思わずズッコケるような行動をとるようなことがある。
また登場シーンが妙にシュールな場合が多く、ヘッズの間でデオチ・ジツと呼ばれてよくネタにされる。

容姿

赤黒のニンジャ装束に身を包み、メンポ(面頬)に刻まれた「」「」の文字が特徴。
正しくは『赤みがかった黒』だが、作中でも血液の比喩が多く、イラストでも赤成分が多めに描かれる場合が多い。
また首元からはマフラーめいたボロ布がはためいている。
ナラクとの同調率が高くなるとナラクの炎によってメンポが禍々しい形状に変形する。
第二部以降はブレーサー(腕甲)をドウグ社の強靭な特殊合金製ブレーサーに換装している。

平時は目深にかぶったハンチング帽に耐重金属酸性雨トレンチコートという出で立ちで、顔などを隠している。
サラリマン時代からの習慣でヒゲは毎朝剃っているらしい。
急な戦闘時にはソウルと血液を媒介にして瞬時にニンジャ装束を生成して着装することもできる。

決断的スシ!


能力・カラテ

「ノーカラテ・ノーニンジャ」の戦闘哲学が根底に流れる作品の主役だけあって、多彩で強力なカラテ技で戦うのだが非常に数が多いため、ここでは代表的なヒサツ・ワザ(必殺技)と能力の紹介に留める。

代表的なヒサツ・ワザ

伝説の暗黒カラテ技。並のニンジャ耐久力では一撃で首を吹き飛ばされるほどの致命的な破壊力を持ち、多くのサンシタ・ニンジャがこれで屠られた。
伝説と銘打ちつつも暗黒カラテ技の中ではわりと基本的なワザなのか、フジキド以外にも使用するニンジャは意外に多い。

  • アラバマオトシ
ジュー・ジツの禁じ手。
背後から相手をがっちりと羽交い締めにして垂直ジャンプし、ジャンプ頂点で頭が下に来るよう反転して真っ逆さまに落下、そのまま相手の頭部をパイルドライバーが如く地面に叩き付ける凶悪なワザ。
そう、ご存知の方も多いであろうあの伝説のヒサツ・ワザ『飯綱落とし』である。
  • 奥義ツヨイ・スリケン
腰を落としてスリケンを構え、上半身に縄のような筋肉が浮き上がる程に渾身の力を込めた強力なスリケン投射。当初はナラク化した状態でなければ放てなかったが、フジキド自身の成長によって通常状態でも使えるようになった。
発展形に両手をクロスさせた状態からツヨイ・スリケンをDNA二重螺旋めいた軌道で2枚同時に放つダブル・ツヨイ・スリケンがある。
さらに対ダークドメイン戦ではアンタイ・ウェポンに対抗すべくツヨイ・スリケン8枚同時投擲を披露している。
  • ヘルタツマキ
高速回転状態から360度全方位に嵐の如く大量のスリケンを放つ技。某モーター大戦シリーズのMAP兵器のように多くの雑魚敵をまとめて一掃する際に用いられる。頭上が弱点。
当初は無作為にスリケンをばら撒いていたため周辺の味方や無関係の人間にも被害を及ぼす危険があったが、現在はフジキドの成長と変化によってニンジャ動体視力でしっかり狙いながら投げることで味方を巻き込むことは無くなった。
  • チャドー呼吸
伝説の暗殺術チャドーの奥義の一つ。ヒサツ・ワザというか回復ワザ。
他作品で例えるなら「ジョジョの奇妙な冒険」の波紋呼吸法に近い。
ザゼンを組んで「スゥーッ! ハァーッ!」と特殊な呼吸法を行うことでニンジャ回復力を活性化、自然治癒力を高めたり解毒を行う。しっかり行うことが出来れば、短時間で爆発四散寸前から戦線に即復帰できるほどの回復を行うことができる。
フジキドを数々の危機から救ってきたワザであり、ヘッズからはフジキドを劇中最強格のニンジャたらしめている大きな要因の一つと認識されている。
  • タツマキケン
斜めに跳躍した後、きりもみ状に回転しながら両脚をカマのように振り、敵の首を刎ね飛ばす血も涙もない暗殺技。チャドーのワザの一つ。
  • アラシノケン
パンチの勢いで回転して力を溜め、軸足を蹴り払い、脇腹に拳、跳躍して肩に肘、側頭部に蹴りと、瞬間的に四度の超音速の打撃を加えるチャドー奥義。
通常ヒットでも強力なワザだが、四撃合一の完全な形で決まった際には一発の奇妙な破裂音だけが響き渡り、叩きこまれたカラテ衝撃力が相互に衝突、内的爆発を生じて対象の体内をズタズタに破壊してしまう。

武器・装備

  • ドウグ社製巻き上げ機構付きフックロープ

ドウグ社最後の職人・サブロ老人によって製作された特別製フックロープ。
いわゆる鉤縄に機械式巻き上げ機構がついたもの。
美しい焼き色のグラデーションがつき、非常な強靭さを感じさせる金具を持つ。
様々な場面で活躍しており、高所の登攀以外にも敵を捉えて攻撃など活用シーンは実際多い。

  • ドウグ社製ブレーサー
同じくサブロ老人によって製作された見事な質感の特別製ブレーサー(金属腕甲)。
金属部分にしなやかで粘り強い特殊な合金を用いており、並のカタナは寄せ付けず、ヤワな武器ならば逆に破壊してしまうことすら可能。
ちなみにブレーサーが何らかの致命的な攻撃を防ぐたびに実況タグ上でドウグ社のステマが合いの手めいて入るのが一つのお約束になっている。
  • 非人道武器マキビシ
いわゆる撒菱。湾曲した楔の塊で床に撒いて敵の足を破壊する強力な非人道武器である。
ソウルや血液を媒介にほぼ無限に生成できるスリケンとは異なり、こちらは入手できる機会や手段が少なく、使用する場面も限られている。
フジキドは主にドウグ社のサブロ老人に依頼して調達している。
  • アイアンオトメ
ニンジャスレイヤーが駆るヘルヒキャク社製最新モデル大型インテリジェントモーターサイクル。排気量1200cc。
高性能UNIXを搭載しており、搭乗せずとも転倒することなく自動操縦や遠隔操縦が可能な優れもの。
起動時にはディスプレイに「大人女」の漢字が光り、合成音声による「ハローワールド。アイアンオトメです」のアイサツが入る。申し訳程度だがステルス機能付き。
元々はバジリスクが乗っていたものだったが、ニンジャスレイヤーに倒された後、なし崩し的に彼の愛車となった。
第3部の時点では、改造を繰り返したことで排気量が1330CCに増加している。
  • 聖なるヌンチャク
第二部で入手したニンジャスレイヤーの武器であり、キョートのアンダーガイオンの地下深くのコフーン遺跡に安置されていたヌンチャク
史上最古のニンジャと言われるカツ・ワンソーの骨を鋳込んだインゴットからサンダーフォージの手によって作られた真の三神器の一つ。
ニンジャスレイヤーに宿るナラクニンジャのソウルに反応して赤黒の煙を噴出したり、柄に『忍』『殺』の炎文字が輝く。
真の力を解放することで、『モータルの怒り』と呼ばれるナラクのソウルの内に眠るニンジャに虐げられ、殺された人々の怒りのエネルギーを発現させる。
第二部最終章にて喪われる。
  • ドウグ社製IRCボウガン
第三部で登場したIRC発信機を射出するドウグ社製の黒いボウガン。これによりハッキング能力の低いフジキドでもナンシー達の助けを借りることなく、敵の追跡やアジト捜索がある程度容易になった。
  • 暗黒非合法システム
第三部、岡山県で再会したヤクザ天狗の残していった盗聴システムにインスパイアを受けて製作したと思われる盗聴・ネットワーク監視装置で、マッポ無線(警察無線)も傍受できる。
暗黒非合法探偵として活動するようになったフジキドにとって重要な情報源の一つである。

ナラクの力

  • ナラク化

フジキドが内なるナラクの意志に乗っ取られる形で、肉体の主導権を明け渡しその力を引き出した状態。
ナラク・ニンジャの力が覚醒すると右目が三白眼のように大きく見開かれ、眼光がセンコ(線香)めいて鋭くなり、身体能力と戦闘能力が爆発的に向上する。

ニンジャスレイヤー=サン


この状態では己の血を媒介として腕や手にナラクの力が『不浄の黒い炎』として現れ、これ自体が敵を焼き滅ぼす強力な武器となる他、金属化して身体を覆う装甲となり敵の攻撃を防御、切断された腕を焼き繋ぐ強力な治癒能力などを見せたこともある。
ある意味、これこそがニンジャスレイヤーのユニーク・ジツとも言える。

非常に強力だが、ナラクは殺忍のためならば無関係の人間やフジキド自身の仲間達をも巻き添えにすることも厭わない残虐かつ凶悪な意識であるため、フジキドも積極的に力を借りることは避けている。

  • ナラク共鳴
第二部のナラク復活後に身につけた能力。
それまでの暴走状態とも言えるナラク化とは異なり、フジキドが自らの意思を保ったままナラクの意志と共鳴し、ナラク・ニンジャの力を覚醒させた状態。
フジキドの制御下でナラク化と同等の強大な戦闘能力で戦うことができるようになるが、共鳴切断後はナラクの意志が強制的に一時休眠状態になるため、連続使用は不可能となっている。


ナラク・ニンジャ

ナラク・ニンジャ


◆忍◆ ニンジャ名鑑#99 【ナラク・ニンジャ】 ◆殺◆
ニンジャスレイヤー=フジキドに宿る謎のニンジャソウル。
この世の全ニンジャを殺す事が目的らしい。
ニンジャソウル状態でなお自我を保つ存在はわずか数例、神話級ニンジャに限られるが、ドラゴン=センセイにもその正体はつかめなかった。

CV:麦人(オーディオドラマ版)

マルノウチ抗争の際にフジキド・ケンジに憑依しニンジャスレイヤーを生んだ、謎多きニンジャソウル。
物語序盤では名前が明らかになっておらず、ある人物からその名を告げられるまで作中の登場人物からは「名無しのニンジャソウル」と呼ばれていた。
一方、地の文では比較的序盤から名前が明かされており、読者は知る事ができる。

老人のような口調で喋り、全ニンジャの抹殺をもくろむ恐るべき存在。
全ニンジャを殺害するためならば手段を選ばず、一般人への被害や、ニンジャでありながら正しく生きている者への対処などでフジキドと度々衝突する。
一方で悪のニンジャを殺害する場合については利害は一致しており、ニンジャに関する豊富な知識を有しているため、フジキドのアドバイザーとしても活躍している。
しかしたいてい言うのが遅かったり、アドバイスが大雑把だったり、微妙に役に立たない。
なおイラストでは『ニンジャスレイヤーと同じ容姿だが両目がセンコめいて細い』という、フジキドが肉体をナラクに乗っ取られた状態をイメージした姿で描かれることが多い。
一方、劇中自らの精神世界(ローカル・コトダマ空間)でフジキドと対峙したナラクは老人の姿をしていた。

名鑑にある通り、一部の神話級ニンジャのソウルを除き、ふつう憑依したニンジャソウルはその自我を喪失して憑依者に能力を残すのみだが、ナラクは例外的にその自我を極めて明瞭に宿し続けている。
しかし古事記等にも彼の記述はなく、その正体は謎に包まれている。
彼の詳細が明らかになるのは第二部中盤以降だが、現在もすべての謎が明かされたわけではない。

最近萌えキャラ化が進んでいる気がする。でもたまに本気出すとコワイ。

みなごろせ!ナラクちゃん。





関連タグ

ニンジャスレイヤー ニンジャ

pixivに投稿された作品 pixivで「フジキド・ケンジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113095

コメント