ピクシブ百科事典

フラン(ACV)

ふらん

フロム・ソフトウェアのメカカスタマイズアクション「アーマード・コアⅤ」の登場人物。
目次[非表示]

始めましょう、最後の勝負を。

概要

CV:小林沙苗
反抗作戦で死亡したリーダー、ジャック・バッティの一人娘。
ただし実の娘という訳ではなく、代表と共に小規模な盗賊団に属していた時代に死んだ仲間の娘をバッティが引き取って今日に至っている。
父親の遺志を受け継ぎ、レジスタンスグループの新たなリーダーを務める。
瓦解したレジスタンスグループを再興すべく奮闘しているが、現実的な判断力や冷酷さが決定的に欠けており、リーダーとしての適正を持ち合わせているとは言いがたいのが現状。
彼女を補佐する人物にレオンがいる。

ストーリーミッションではシティでの戦いを通じて親しい人との死別、代表や企業との対決を経て成長していく事になる。
シティでの戦闘の最終局面で企業による無差別攻撃から市民を救出し、安住の地を求める為にロザリィらと旅をする事になる。

オーダーミッションではロザリィ、主人公(=プレイヤー)と共にミグラントとして活動し、その過程でロザリィの意外な一面を知る。
ミグラントとしてアウトローな世界に身を置いて以降は自ら進んで「物資を奪いに行こう」と発言、名声目当てに他のミグラントが襲い掛かってくるのを聞いて「そう言うことなら遠慮は要りませんね。叩き潰しましょう、そんな愚か者は」(未使用音声)と発言するなど、荒事に対して抵抗を持たなくなっている。

フルネームはフランシス・バッティ・カーチスであり、スタッフクレジットで確認可能。
ACVDにおいては、彼女の子孫と思われるマグノリア・カーチスが登場し、それをほのめかす描写も存在する。
また、劇中では一切名前を呼ばれておらず、ロザリィからは二人称で、レオンからは「リーダー」と呼ばれる程度である。RDとはそもそも彼女と一度きりしか言葉を交わしていない。

その後の消息

明確な時期は不明だが、ゾディアックとの戦いの後にロザリィの姉ゴルネリの依頼でタワーの調査へ赴いた際にキャロル達企業と再び相見え、その際に企業側へと付いた案内役のアイザックを後の脅威となると警戒し、彼に対抗する為に別のタワーを見つける必要があると感じている。
また、セサル・ヴェニデ率いるヴェニデに対抗すべく、独自の勢力を確立する必要があると感じていた。
その後、彼女は「サンドリヨン」と呼ばれる流浪の民たちを率い、遥か海を渡ったFAR EASTのタワーへと到達した。
サンドリオンの持つ汚染地域を抜ける「渡り」の技術は彼女により体系化され、後にFAR EASTのタワーの発見へとつながる。
サンドリヨンの民達はタワーの技術を用いて安住の地を見出し、後のEGFとなる組織を作り上げているが、タワー調査後のフラン自身の消息は曖昧なものになっており、その結果フランの存在は不確かな伝説となり、組織内で半ば神格化されていったという。

また、若き日の彼女とその仲間たちの戦いは、彼女の子孫達によって代々語り継がれている。
理由は不明だが、子孫の語る内容は、シティの独裁に異を唱えるレジスタンスの話とは大きく内容を異にしている。

検索上の注意

なおpixiv上において「アーマードコア フラン」で検索すると主に東方Projectフランドール・スカーレットに関わるイラストが引っかかるので注意。
例え「ACV」と入れても彼女のエンブレム絵等が出てきてしまう。その為、検索時には「フラン ミグラント」と入れるか、マイナス検索を使うと良い。


関連項目

アーマード・コア ACV ミグラント
ロザリィ(ACV)
マグノリア・カーチス

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「フラン(ACV)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84344

コメント