ピクシブ百科事典

フリーズン・フローズン

ふりーずんふろーずん

『映画 ふたりはプリキュアMax Heart2 雪空のともだち』のラスボスコンビ。ドツクゾーンの幹部でもある。
目次[非表示]

CV:草尾毅(フリーズン)、檜山修之(フローズン)


「なぜだー俺たちは最強のコンビのはずなのにー」


概要

映画『映画 ふたりはプリキュアMax Heart2 雪空のともだち』に登場。
最強のコンビを自称する氷のような身体を持つ氷の魔人、フリーズン、フローズンの二人からなる。
フリーズンは身体の基本色が青色で頭部は銀色に近く、右肩が大きいのが特徴。
対してフローズンは身体の基本色が銀色で頭部は青色に近く、左肩が大きいのが特徴。
飛行する際は、背中から氷の翼が生やすことが可能。

人間の心に氷を植えつけ、人の感情を憎しみだけで覆い尽くすことが出来る。
特にキュアブラックキュアホワイトの心に氷を植え付けて戦わせた光景は当時の幼女たちのトラウマになったと言われている。→プリキュア同士の戦い

その姿や能力同様、性格も氷のように冷酷で、卑怯な戦い方を好む卑劣漢である。
ドツクゾーンの幹部だが、ジャアクキングへの忠誠心は乏しく、彼が復活するよりも先に世界を支配しようと企んでいる。

雲の園の鳳凰を絶滅させて世界を氷の闇に変えるべく、鳳凰の子供であるひなたを狙い、それと同時にプリキュアとルミナス打破を誓う。

連携によるパワーは高く、必殺技は二人で冷気のエネルギーを放つ「フリージング・ブリザード」で、「プリキュア・マーブル・スクリュー・マックス・スパーク」を攻略したほどの強大な力を持つ。
それ以外においてもプリキュア達は手も足も出なかったが、スーパープリキュアの登場で形勢逆転、終盤には仲間割れを起こしチームワークが乱れた。

DX3

「映画プリキュアオールスターズDX3」において復活。
「映画 ふたりはプリキュアMax Heart」のボスキャラ・魔女と組み、ブルーチームと交戦する。
戦いの最中にプリキュア達の策略にはまって海全体を凍らせてしまい、プリキュア達が戦いやすい状況を作ってしまった。
プリキュアチームが合流した後は人間世界に戻り、キュアメロディキュアリズムと激突し彼女達のパッショナートハーモニーによって倒された。

関連人物

ドツクゾーン関連

主君だが、前述の通り忠誠心は乏しく、世界支配の邪魔としか思っていない。

設定上はドツクゾーンの同胞たち。劇中で絡みはしないが、プリキュア達を倒したら世界の支配権をかけて彼等・彼女と衝突していたと思われる。
設定上はドツクゾーンの同胞だが、ジャアクキングに対する姿勢は正反対。前述の通り、『DX3』ではブラックホールの配下として彼女と組む。

プリキュアシリーズ他作品関連

後の映画版プリキュアにおいて、己が主君への叛意を持つ敵キャラ達。

後のテレビ版プリキュアにおける、敵コンビたち。

非プリキュアシリーズ関連

ガンアクション物に登場した敵コンビ。とあるマフィアに雇われていたが己が欲望のために裏切る。

余談

  • 中の人の2人はプリキュア以前に『特捜戦隊デカレンジャー』にてデカマスターによって直々に引導を渡されてデリートされたそれぞれの怪人の中の人だった。ちなみにフローズンの中の人はカジベリ星人ベンGの中の人と同じで、デカマスターのベガスラッシュを受けてデリート。フリーズンの中の人はボクデン星人ビスケスの中の人と同じで、デカマスターの新必殺技・ベガインパルスでデリートされた。
  • 中の人2人は次々回作「プリキュア5」にも出演しているが、(本作終盤で仲違いした影響のためなのか否かは定かではないが)片方は妖精役、片方は敵の幹部役として出ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「フリーズン・フローズン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2411

コメント