ピクシブ百科事典

ブエル

ぶえる

ブエルとは、ソロモン72柱の一人である。
目次[非表示]

概要

ソロモン72柱の1柱で、50の軍団を率いる序列10番の地獄の大総裁。
自然哲学、道徳哲学、論理学や全ての薬草の薬効を教え、全ての弱った人(特に男性)を癒し、よい使い魔を与える。(Wikipedia記事参照。)アガリアレプトの支配下。

「地獄の事典」の影響からライオンの頭と5本のヤギの足を体の周りに持つ姿で描かれることが多く、
その異様な風貌と漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場したことより、ある程度の知名度があると思われる。
星、またはヒトデの姿とも言われている。

ゲゲゲの鬼太郎

CV.森山周一郎(アニメ第2作)、槐柳二(アニメ第3作)、島田敏(アニメ第4作)
人間時の姿は廃寺に住む不気味な風貌の老人。
事故で左手を失った青年に義手を与えるが、それは魔力が込められた「悪魔の手」であり本人の意に反して悪事を働き持ち主を悩ませる。
手下である50の軍団を召喚し鬼太郎を圧倒するが、最終手段として天岩戸から解き放たれたヤカンヅルに軍団ともども飲み込まれた。
アニメ第2作では人間時は関西弁で話し、正体はマントを纏った人型の悪魔になっている。(悪魔軍団に原典通りのブエルが混ざっている)
第4作では手術を行わず触れるだけで相手の腕を悪魔の手に変えることができ、さらにそれに触った者も同様に悪魔の手になってしまう。同盟を持ち掛けてきたぬらりひょんもこれをやられた。

足洗邸の住人たち。

医学長官ブエル


H.N「薬物誌(ディオスコリデス)」
政府機関「中央」の実働部隊「七支柱」第二軍従軍医。肩書きは「医学長官」。
触れるだけで傷を癒やす魔力を持つ悪魔。ライオンではなくライオンのような髪型の老人の顔をしている。
ヴェパールに召喚され、アイムの毒の炎を浴びた彼女とオセを治療した。特にオセは重傷だったため、「癒しのガントレット」という治癒効果を高める鎧を着せた。

女神転生シリーズ

知名度は高い悪魔だがなかなか出演せず、『真・女神転生if...』でやっと”堕天使”として登場した。有名な図像ベースの姿に五芒星のネックレスをつけている。しかしドット絵のみで金子一馬による公式イラストも描かれていない。『魔神転生Ⅱ』には高レベルの「”妖魔”グエル」名義で、毛むくじゃらに大きなクチビルを持つ姿で登場した。PCで発売した『偽典・女神転生』では”降天使”で、『真・女神転生』のデカラビアと同じ一つ目のヒトデ姿で登場した。

関連イラスト

ブエル



関連タグ

ソロモン72柱 悪魔

pixivに投稿された作品 pixivで「ブエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130157

コメント