ピクシブ百科事典

ブラホワ

ぶらほわ

黒色と白色の組み合わせ、もしくは作品・カップリングの名称。
目次[非表示]

ブラホワとは


1.ポケットモンスター ブラック・ホワイトの略称。→ポケモンBW
2.ポケットモンスター☆SPECIAL10章の登場人物ブラックとホワイトのカップリング名。
3.TVアニメ『血界戦線』に登場するオリジナルキャラクター、『ブラック』と『ホワイト』のコンビまたはカップリング名→ブラホワ兄妹

以下、2.について説明する。


概要

タグ分けのため、ゲーム『ブラック・ホワイト』の略称にはポケモンBWを使うのが好ましい。


同年代の少年少女でありながら、社長と社員という特異な関係を築き、イッシュ地方を旅している。
ブラックはホワイトを「社長」と呼び、ホワイトはブラックを「ブラックくん」と呼んでいる。
2人は社長と社員という関係だけではなく、共に夢みる者(ポケモン・ザ・コミックより)として夢の内容は違えど、叶えたい夢に向かう者同士、お互いを高め合っている良い関係である。

公式では明確な恋愛描写はないが、ブラック、ホワイト共にお互い意識していると思われるような描写が多々ある。(それが恋愛感情かどうか、自覚があるかどうかは定かではない)
ホワイトはブラックの事を内心かっこいいと思っており(カミツレにも話している程)「彼がポケモンなら有名なタレントになれそう!」という言葉を漏らしている。
物語当初ブラックはホワイトの仕事に振り回され呆れることもしばしばあったが、一緒に旅をしていくうちに自分と同じような真っ直ぐ夢を追う彼女の姿に心惹かれ、離れていた間も何度か思い出したり直ぐに彼女を護る行動をとったりと少なくとも仲間としては大切な存在になっているようだ。
共に旅をしてお互いの夢を高め合うことで2人には信頼関係が生まれていった。


ライモンシティで別れる際には、ブラックはホワイトに自分はまだBWエージェンシーの社員だということを確認し、以前ヒウンシティで決めていた、会社のロゴを付けてリーグ出場することを改めて約束する。10章完結となる51巻では、リーグでは宣伝ができなかったが、その約束を守るために上着の下に会社のロゴがはいったゼッケンをつけていた事をライトストーンに封じ込められる寸前に目の前にいたホワイトに明かす。
しかし、ホワイトの叫び声とともに、ライトストーンはどこかへ飛び去ってしまった。
このような悲しみの別れであったことから、2年後、BW2編での2人の再会が待ち望まれている。


関連イラスト

♥ブラホワ♡
ブラホワちゃん!


BWエージェンc
BWエージェンシー!



関連タグ

NLポケスペブラック(ポケスペ) ホワイト(ポケスペ) BWエージェンシー

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラホワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1399291

コメント