ピクシブ百科事典

ブラン(ネプテューヌ)

ぶらん

ブランとは、「超次元ゲイムネプテューヌ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

キャラクター情報

身長144cm
体重36kg
3サイズB71 W53 H75(Aカップ)
CV阿澄佳奈(日本語版) ウェンディー・リー(英語版)


人見知りな性格で無口ではあるが、時折喋ると口が悪くなり、顔の半分に暗黒面が浮かび上がる。趣味は読書で時折小説を書いているが、内容に難があり売れないらしい。武器はハンマー

ホワイトハートに変身することができる。なお、四人の女神の中では、変身前後共に最も貧乳


モチーフとなったゲーム機はおそらく「Wii」であると思われる。
元ネタの会社のハードが非常に頑丈な事で有名なため、ブランも防御力が全キャラでトップという性能になっている。武器のハンマーはマリオからデデデ大王まで、任天堂においてハンマーの存在が大きいからであろうか。(ホワイトハートになるとに変わるが、任天堂側にはハンマーが斧に分類されるゲームもある。というかマスクドデデデブラックデデデ斧に持ち替えたゲームも後に出た
ちなみにmk2での居城はどことなくほうき星の天文台っぽい。

mk2ではとしてラムロムが追加された。
厨二病を拗らせており、妹であるロム・ラムに「エターナルフォースブリザード」というスキルを伝授している。なお本人は物理系のためか習得しない。また厨二病キャラとしてはアイエフ(mk2以降)とMAGES.等がいるがブランの性格上あまり出さない。

名前の由来はブラン(仏:Blanc)が白という意味だからであろう。その語感から一部作品では何かがぶら下がっている時の擬態語である「ブラブラ」になぞらえた事もあった。
(「腕がブラーンブラーン」、「ブランが捕まってブラーンとぶら下がっている」など)


無印では4度目の敗北が認められなくてネプテューヌにやられろとキレる。

「……お前にだけは、テメーにだけは、言われたくねぇ!!!!逃げたクセに!逃げたかったクセに!!」

「全部だ全部!!お前は素直だったから!お前は正直だったから!!だからずっと逃げたかったんだ!!!!だけど私はそんなお前を勝たせたくなんかない!大人しく……私に倒されろ!!!!何も聞かずに、私に……!!」

無印では非常に頑固でネプテューヌにかなり暴言を吐いているが、実はネプテューヌに好意を抱いており、その事から「無印の真のツンデレはブラン」という意見が多い。実際にイストワールに突っ込まれた。
(イストワール曰く頑固さはマジェコンヌに似ているらしい。逆に、今でこそツンデレ代表のノワールは無印ではブラン、ベールに比べて明らかにネプテューヌを嫌っている)
また無印では自身のキレやすく暴言を吐く性格を気にしており、コンベルサシオン(マジェコンヌ)に女神なら人前では大人しくしてろと口酸っぱく注意されており、それでストレスを溜めてコンベルサシオンにキレてさらに反論する悪循環だった。
マジェコンヌとの最終決戦でもその事を言われるが「だって、正直な気持ちを言えるって、それがネプテューヌの魅力だって、きづいたから」と自身の性格を受け入れ思い切りデレた。


mk2以降(無印のリメイクのRe;Birth1含む)では、キレやすい性格がデフォルトではなく二重人格のような性格となり、自身の性格を気にしている描写も存在していない。また、ネプテューヌをアプローチすることも少なくなり、そのポジションをノワールに譲った。(ブラン自身はベールとつるむ事が多くなった)
Re;Birth1では逆に偽ブランに「女神がそんなに口が悪いはずがない、だから貴女は偽者」と言われてしまうが、ブランの性格を知り尽くしているルウィー国民からは「あのキレ芸こそ本物の証」と真逆の展開になった。流石にそれが本物の証という事には納得がいかないようだったが。

ちなみにRe;birth1で、ブランはプラネテューヌに年2回行われている祭に出たことがあるが詳細は不明(ベールは把握はしている模様)。地元の住民であるコンパはおろか、その国の女神であるネプテューヌですら(記憶喪失の影響もあるだろうが)知らなかった。


Vでは他の女神(ネプテューヌ除く)同様に外見が変わりファミコンレッドを基調とした巫女のような服装(紅葉ノ巫女)となった。花札を彷彿とさせるアクセサリーがあるのは、おそらく任天堂が花札を作っていたからというのが由来と思われる。
超必殺技の「ハードブレイク」の仕様も変わっており、かつてはハンマーや斧を殆ど使わずインファイトで攻撃していったが、V以降ではハンマーや斧を使い衝撃波やハンマー投げを駆使して攻撃するようになった。
ルウィーでネプテューヌ達に敗北し、アクダイジーンの手により牢屋に入れられてしまい、ネプテューヌ達のせいだと泣き出してしまう。
彼女曰く、好きで女神になったわけではないらしい。また、その時の会話でアイリスハートは「キレやすい性格は本来の気弱な性格を隠すため」だと推測している。(無印とは殆ど逆の雰囲気となっている)
また主要4女神の中では最も女神になった時期が早いことが明言されているが、小学生体型のため、もう少し成長してから女神になればよかったと嘆いている。(女神になった時点で成長は止まるため)


「超次元アクション ネプテューヌU」では、デンゲキコから記事の掲載について4女神に依頼した際、自分の個性をアピールしようと「かわいさ」を全面に出そうとしている。
自分の事を「ブランちゃん」と言う様から、無印はおろか以降の作品から見てもギャップが大きい。

そして大抜擢

2014年11月6日~12月4日に投票が行われた「ゲイムギョウカイ総選挙」にて、なんと人気NO1の座を射止めた。シリーズの主人公であるネプテューヌや前回の「ゲイムギョウカイ大選挙」の王者であるノワールを差し置いての大躍進である。
※総投票数227717票の内、40308票を獲得。2位のアイエフとは13987票差で、全体票の18%を獲得している。

その結果、「大選挙」の時のノワールと同じく、彼女が主役のゲームが開発されることになった
作品タイトルは激次元タッグブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団で、超次元アクションネプテューヌUの様なアクションゲームとして開発された。

プレイステーション・ヴィータ専用ソフトとして、2015年10月15日(木)発売。

余談

  • 彼女の国であるルウィーは、(ベールもそうだが)作品によって大きく雰囲気が異なっている。
    • 近未来型先進国のプラネテューヌ
    • 工業団地に近い国のラステイション
    • 中世ヨーロッパ風→プラネテューヌに近い近未来的のリーンボックス
    • メルヘンチックな雪国→和風な雪国のルウィー

前述の花札関係が反映されるようになったかどうかは不明だが一番雰囲気が変わっている国となっている。

  • ちなみに、女神の容姿は国民の希望が反映されるという隠し設定がある。
    • 普段はつるぺた少女→大人の女性になるネプテューヌ
    • 高校生→大学生くらいのノワール
    • 持つものを持っているベール
    • 女神どころか妹含めて、どうあがいても幼女認定を逃れられないブラン
ルウィー国民の業は深い。

関連イラスト

無印及びmk2(超次元のゲイムギョウ界)のブラン

ブランちゃん
ルウィー信者な私


V及び超女神信仰(神次元のゲイムギョウ界、ゲイムシジョウ界)のブラン

Vブラン
ぶらんさん



外部リンク

ゲイムギョウカイ総選挙の結果発表ページ
彼女が主役のゲームの公式サイト

関連タグ

ネプテューヌシリーズ
激次元タッグブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団

ホワイトハート ラム ロム 西沢ミナ フィナンシェ

ベール グリーンハート
シロ(ネプテューヌ)
ネプブラ ブラベル

Wii 任天堂
貧乳 ハンマー 小説 ブチギレ 激怒 天邪鬼多重人格

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラン(ネプテューヌ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 859470

コメント