ピクシブ百科事典

ブランカ

ぶらんか

人名・キャラクター名。表記はBlan"k"aあるいはBlan"c"a。意味する所は同じである。
目次[非表示]
  1. ストリートファイター』シリーズのキャラクター。Blanka。本稿で扱う。
  2. シートン動物記狼王ロボ』に登場する、ロボの伴侶である雌の狼。Blanca。スペイン語で「白い」を意味する。
  3. 孤独のグルメ等で有名な谷口ジローの名作、『ブランカ』。あるいはその主人公を務める軍用犬。
  4. PS2用RPG『シャドウハーツ2』に登場する狼。

3.と4.は両者ともネーミングの元ネタは2.であると思われるが、どちらも雄。

プロフィール

生年月日1966年2月12日
出身地ブラジル
身長192cm
体重98kg
血液型B型
3サイズB198 W120 H172
好きなものサマンサ(母親)、ピラルク、トロピカルフルーツ
嫌いなもの軍隊アリ
特技狩り、放電


人物

子供の頃に飛行機事故に遭い、アマゾンの奥地で育った野生児。緑色の肌とオレンジ色の髪、鋭い牙や爪など怪物じみた外見を持つが、れっきとした人間である。見た目だけでなく、回転しながら飛んで体当たりを喰らわせたり、体から電撃を放つなどといった常人離れした技を使う。体色が変化したのは保護色のため。放電能力は電気ウナギとの格闘の際に身につけている。

初登場時の『ストリートファイターII』(以下『ストII』と表記)では比喩表現まで使いこなすほどまともに言葉を話すが、それより前の時代になる『ストリートファイターZERO3』(以下『ZERO3』)では「ウオー」と唸ったり吠えたりしかできなかった。『CAPCOM VS. SNK』(以下『カプエス』)では普通に話しているが、全ての台詞に濁点が混じり、『ストII』と『ZERO3』の中間的なものになっている。
『ストII』シリーズのエンディングでは母親サマンサと感動の再会を果たす。サマンサが息子だと確信した理由はブランカが付けていたアンクレット(足輪)である。シリーズ当初はブレスレット(腕輪)と表記されていたが、『スーパーストリートファイターII』(以下『スパII』)でアンクレットに修正されている。
『ZERO3』ではザンギエフの勝利ポーズにも登場しており、ブランカが持ってきたピラルクをザンギエフがウォッカによる炎で焼く演出が行われるが、誤ってブランカまで焼かれてしまうパターンもある。

恐ろしげな外見に見合わず純真な性格の持ち主で、『ストリートファイターIV』(以下『ストIV』)では母親に対して気遣いを見せるなど繊細な一面もある。ただし、闘いにおいては相手を威嚇するような台詞も散見される。
母親と再会した後は一緒に暮らしているようで、『ストリートファイターEX』(以下『EX』)シリーズではジャングルの危機を救うべく立ち上がる等、新たな目的を持って戦いに身を投じていて、『ストIV』では母親に誇ってもらえるような息子になるための旅に出ている。

かつてジャングルにやって来た火引弾(ダン)を助けて以来、彼とは親友らしく、ダンからは本名である「ジミー」と呼ばれている。これは中平正彦の漫画『さくらがんばる!』の設定が反映されたことによるもの。この設定は同じく中平による漫画版『ストリートファイターZERO』にまで遡り、単行本第1巻の巻末後書きにて「ダンはブランカが助けた」(作中でダンはジャングルに捨てられている)としている。

ブランカの遭った飛行機事故はシャドルーによる要人暗殺のための爆破テロが原因。

デザイナーの西村キヌは「獣人は知性が低いというのはありがちすぎるので、彼は教育は受けていないが結構頭が良いということになっている」と語っていて、キャラクターデザインを手掛けた安田朗や西村キヌによるイラストではすっかり文明人になった『ストII』後のブランカの姿が描かれている。

ブランカの名はスペイン語 "hombre blanco" (「白い人」の意)に由来するという設定がある。飛行機が墜落して生き残った直後は現地人に比べ肌が白いためこう呼ばれ、そこからブランカと名乗るようになった。しかし、ブラジルで話されているのはスペイン語ではなくポルトガル語(ブラジルポルトガル語)であり、ポルトガル語では "homem branco" になる。スペルも間違っており、本来 "-a" で終わる名前は女性の名前である。また、『ストリートファイターII MOVIEメモリアル公式ファンブック』では育ての親である動物のくしゃみが「ブランカ!!」に聞こえたため、それを自分の名前だと思い込んでしまったと書かれている。

実はモデルがいる。というのも、実際にブラジルで野生化してしまった実在の人物がモデルである。

SNKキャラとの絡み

『カプエス』シリーズに出場した際は、草薙京から二階堂紅丸が着ぐるみを着ているのではないかと疑われていた。当の紅丸本人はブランカに対して、電撃を使えることで一緒にされるのが心外そうな事(ブランカは紅丸の電撃を乾電池より劣ると見下している)を勝利画面で発言したり、充電していた自分のMDプレーヤーを返してほしいとも言っている。また、ジャングルの外をあまり知らないため、不知火舞の色仕掛けも肉塊でしかなく、キムの正義も知らない。
どういう訳か、ユリ・サカザキは彼の本名を知っている。ただし、ユリは静電気が苦手ということを理由に彼のことを好きにはなれないと言っている。
ライデンについては、彼のチーム名「サンダーチーム」に対して「お前は名前だけだ」と突っ込んでいる。ごもっとも。
キング山崎竜二からは人食いの猛獣と思われており、
テリー・ボガードからは「ワイルドというよりネイチャーって感じだよな」「あんた本物のビーストだ」と評している。
逆にリョウ・サカザキナコルル麻宮アテナとは微笑ましくなるほど仲がよい様子。

性能

体を丸めて前方に回転しながら飛んでいく突進技のローリングアタックと全身から放電するエレクトリックサンダーが代表的な必殺技。
通常技の性能がよく、足が遅いがジャンプが素早いので飛び道具の待ちに強い。屈中キックからローリングアタックの連続技が強力。強ローリングアタックはスピードが速く、ガードされても後ろに跳ね返るのでかなり優秀。対空は強パンチ、割り込みはエレクトリックサンダーが良い。サプライズフォワードとサプライズバックやアマゾンリバーランを利用してトリッキーにも戦えるがスーパーコンボは作品毎に異なるので使い方を見極める必要がある。

機動力を利用した奇襲戦法が強く、立ち回りもそこそこ強いので、使いこなせば凶悪な強さをみせるが、ローリングの隙を強パンチで簡単につぶされるサガットが天敵。また背中の喰らい判定が大きく、めくられ易いという弱点がある。

癖の無い通常技、必殺技が揃っているが、戦法が単純になりがちで、上級者相手では動きを読まれやすいのが難点なので中級者向け。

映画での設定

日本のアニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』ではシャドルー主催の格闘ショーでザンギエフの対戦相手として登場したのみである。
ハリウッド実写映画『ストリートファイター』ではガイル大佐率いる連合軍に参加していたカルロス・ブランカ大尉がシャドルー団に捕われて改造された獣人である。戦争映像を見せられて凶暴な性格に変えられそうになるが、ダルシム博士の贖罪から僅かだが人間らしい感情を取り留めた。

その他

同社の対戦格闘ゲームのマッスルボマーシリーズ(ファイナルファイトシリーズのマイク・ハガー市長が参戦しているプロレスゲーム。)に彼に似たような人物である“ミッシングIQ”ゴメスがいる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブランカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139118

コメント