ピクシブ百科事典

ブルトン

ぶるとん

円谷プロいよる巨大ヒーロー物の特撮作品『ウルトラマン』に登場した怪獣。
目次[非表示]

概要

ブルトン 【ニコニコ動画用イラスト】


ウルトラマン』17話の『無限へのパスポート』に登場。ウルトラマン内でも最強怪獣の一角として挙げられることが多い怪獣である。
バローン砂漠で発見された隕石を持っていた科学者に不可解な事件が起こり、科学者の身の安全を守るため科特隊が隕石(赤と青の2つ)を1箇所に保管したところ融合して怪獣として誕生。
科特隊本部を四次元空間に包み込み科特隊メンバーを翻弄する(特にイデ隊員の翻弄されっぷりが見もの)。その後、駆けつけた防衛隊(自衛隊?)が戦車で砲撃するも体表の孔から出した四次元繊毛で砲弾を逸らしたため、砲弾はあさっての方向で爆発、かすり傷さえ与えられなかった。そして飛んできた戦闘機を地上に転送して地面を走らせ破壊、戦車は空中に転送し飛行させ破壊というこの怪獣ならではの四次元攻撃により防衛隊は全滅する。
ウルトラマンをも四次元繊毛の攻撃で翻弄するが、ウルトラマンの高速回転で四次元繊毛を破壊され(回ればなんとかなるの法則)逃亡を図るもののスペシウム光線で撃墜され隕石の姿に戻る。その後、ウルトラマンがその隕石を握り潰し、宇宙へ運んでいった。

データ

身長60m
体重6万t
攻撃体表の孔から四次元繊毛(2種類ある)を出して四次元空間に飛ばす


その後の活躍

「空間を操る」という反則のような能力があるせいか、後の作品では物語の根幹に関わるような設定だったり、もやしオーガスゴーカイ超魔神などのように異世界の接着剤として出てくることも多い。

特撮番組「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」や、ゲームソフト「グレイトバトルフルブラスト」では、宇宙に操られて平和にあらゆる時空から大量の怪獣を送り込む。なお、前者での設定は後の映像作品で世界観が異なるウルトラ戦士や怪獣が共演できる理由となっており、後のシリーズ展開に大きな影響を与えたことを考えると地味に重要キャラであると言えるだろう。

漫画「ウルトラマンSTORY0」ではイカルス星人の仲間として登場し、怪獣やウルトラ戦士を異空間に閉じ込めようとした。様々な場所を亜空間ゲートで繋げ、高重力や隕石群などで相手を苦しめる。

アーケード版の「ウルトラマン倶楽部 ~戦え!ウルトラマン兄弟!!~」のステージ5のボスとして登場。弾の多さと跳ね返る光球でプレイヤーを苦しめた。

SFC版「ウルトラマン」では一定時間硬直する光線と宇宙から次々と隕石を打ち出すことで多くのプレイヤーを葬ってきたステージボスとして登場。

PS2「ウルトラマン ファイティングエボリューション リバース」では序盤の強敵として登場、打撃+光線技完全無効というアホみたいな能力でウルトラマンを苦しめた(さて、ウルトラマンはどうやって倒したでしょうか、答えは原作を見てみれば消去法でわかります)。

小説「ウルトラマンF」では某国が密かに入手したオリジナルのブルトン細胞を基に、天才少年躁躁が作り出したクローンブルトンが登場。(本来ブルトン細胞はバルンガの細胞と同じく危険性が高いため使用は禁止されているのだが、某国の元帥が利益を目当てに提供した)
次元を歪ませ別宇宙への入り口である超次元微小経路を生みだし、とある一定空間のエネルギーを減少させ、周囲に伝搬させるという奇妙な現象を発生させた。(科特隊は超次元微小経路を作ることでブルトンを生み出した存在は何かしらの情報を別次元に贈ったのではないかと推測している)
そしてブルトンが生み出した超次元微小経路を通ってスペースビーストダークザギヤプールが地球に出現。そしてザギ達の宇宙以外にもつながる経路を固定してしまったため、が地球を狙っていることが発覚したため、現在ウルトラ戦士たちが経路をふさごうと奮闘している。

ウルトラ怪獣擬人化計画

ブルトン
「ウルトラ怪獣擬人化計画 ブルトン ラフ」


円谷プロ公認(!)の擬人化企画により美少女化されたブルトン。
デザイン担当は娘太丸氏。

原作での無機質で掴みどころのなかった不気味な雰囲気はどこへやら、ぽっちゃり体型の可愛らしい女の子へと生まれ変わった。なお、ブルマを履いているのは「ブルトンだからブルマ」というダジャレらしい。

余談

名前の由来はシュルレアリスムの父アンドレ・ブルトンから。

デザインモチーフはイソギンチャク、造形を担当した高山良策は心臓をイメージして青と赤に彩色した。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣 隕石 みんなのトラウマ
ギャラクシークライシス レイブラッド星人

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72798

コメント