ピクシブ百科事典

ブレードライガー

ぶれーどらいがー

1999年の第2次ゾイドブームを代表するシールドライガーの後継機。
目次[非表示]

スペック

機体名ブレードドライガー
番号RZ-028
所属ヘリック共和国(バトルストーリー) ガーディアンフォース(ゾイド-ZOIDS-)チーム・フリューゲル(ゾイド新世紀/ゼロ)チーム・ラスターニ(ゾイドフューザーズ
分類ライオン
全長 25.9m
全高12.2m
重量124t
最高速度305km/h
乗員人数2名
武装
  • レーザーサーベル×2
  • ストライクククロー×4
  • Eシールドジェネレーター
  • マルチブレードアンテナ×2
  • ロケットブースター
  • レーザーブレード×2
  • パルスレーザーガン×2
  • AZ2連装ショックカノン
  • 3Dデュアルセンサー
  • コンプリッションリフリジェレイター×4


概要

ZOIDS ブレードライガー


月刊コロコロコミックに掲載されていた上山道郎氏作の『機獣新世紀ゾイド』における中盤の主役機で、アニメ『ゾイド』の後半主役機でもある。バトルストーリー(機獣新世紀ZOIDS 公式ファンブック2巻)でもヘリック共和国の最新鋭機として主役を務めた。

シールドライガーをベースとしたオーガノイドシステム(アニメのオーガノイドとは別物)と呼ばれる古代遺跡から復元されたシステムを搭載した新型高速戦闘ゾイドで、基本的な運動性は格段に上昇しているほか、背部に装備された展開式のロケットブースターにより、時速305km/hのスピードを誇る(短距離ならば滑空もできるほど出力が高い)。
名前の由来とも言うべき「レーザーブレード」を腰に二本装備しているほか、前身であるシールドライガーでも採用されていたエネルギーシールドも新型になり出力がアップしているため防御力も向上しており、アニメでは荷電粒子砲にも耐える描写も見せた。

ただし、レーザーブレードによる斬撃を行うには敵の横をすり抜けるように肉薄する必要がある上に、ゾイドを凶暴化させるオーガノイドシステムにより操縦が困難になっているため、パイロットには高い操縦技術が求められるが、ブレードの威力は絶大で、あらゆる相手を一刀両断する。

また、ブレードの基部にはパルスレーザーガンを備え、アニメ『ゾイド』(ガーディアンフォース編)ではガトリング砲やスナイパーライフルに換装する機能を備えていた。

腹部の衝撃砲(HMM版ではエネルギー砲という設定)は2砲身になり、この機体の飛び道具としては最大の威力を持つ。
また、2砲身の流れは後に受け継がれていき、ムラサメライガーレイズタイガーなどが3砲身に戻るまで続いた。

ストライククローは大型化して、引き裂くというよりはハンマーのように敵に叩きつけるのが効果的。また、「例のアレ」である尻尾の銃はなくなった。

タカラトミーより発売されたポップアップキットはシールドライガーの仕様変更品で、シールドライガーのフレーム部分に新造パーツを組み付けていくような形となっている。
ディバイソンと同様に爪や牙にはダイカスト製素材が採用されており、重量感もあった。
バンフィーネジークの無彩色フィギュアも付属しており、コクピットもアニメの設定通りタンデム複座を再現しているが、サイズの違いから一般兵士のフィギュアは搭乗できない。

ちなみに初回生産版と2次生産版以降では製品の仕様に若干の違いがあり、足首のカバーのランナーが塗装済みパーツから白の成型色に変更され、ダイキャスト製の牙も安全の為に先端が丸められていたのが修正されている。
後にビーム砲とブースターを兼ねた専用装備アタックブースターが「CP-12 アタックブースターセット」として発売された。

コトブキヤのHMMシリーズでは三番目にプラキット化されており、ポップアップキットでは為しえなかった金属生命体らしい獣の動きを再現することが可能。
アタックブースター搭載型のブレードライガーABも発売されている。

アニメ版での活躍

バンの愛機シールドライガーがレイヴンの操るジェノザウラーの荷電粒子砲の直撃を受け、ゾイドコアを破壊され石化してしまう。
その後、オーガノイドのジークと古代ゾイド人のフィーネが、石化したシールドライガーのゾイドコアと融合し、ブレードライガーへと進化させた。
復活からしばらくしてレイヴンのジェノザウラーと再戦し、激闘の末に撃破している。
更に帝都ガイガロスにて復活したデスザウラーを帝国・共和国両軍と共に共同戦線を張り迎え撃ち、ブレードとシールドを展開し突撃する「ブレードアタック」でデスザウラーのゾイドコアを破壊、勝利した。

それから2年の月日が経過した『ガーディアンフォース編』では、バンの前に敗れ当ても無く彷徨うレイヴンがジェノブレイカーを手に入れ復帰。
それに対抗すべくバンのブレードライガーも強化改造を受け、覚醒したジークと合体しバンの操縦によって最大限に力を発揮出来るようになり、ジェノブレイカーとの戦いでも一歩も引かなかった。
終盤では更に強化され、強敵・デススティンガーを圧倒する強さを見せた。
最終決戦ではレイヴンと共闘し、デススティンガーやヒルツをも取り込んで完全体となったデスザウラーを倒す為、自らをウルトラザウルスのグラヴィティ・カノンから撃ち出し弾丸となる事によって貫き、撃破した。

漫画版での活躍

コミック版ではバンをパイロットと認めたシールドライガーのシーザーが第一世代ゾイド・ウェンディーヌとフィーネの生み出したジークハート、謎の物質シャドーキーの力によって驚異の進化を遂げたゾイドとして登場。初陣でジェノザウラーを撃破する活躍を見せる。
その後はデススティンガーとの戦闘で大破し、ゾイドコアを新型ライガーとして開発されたライガーゼロに移植し、その役目を終えた。

パイロットはバン・フライハイト。サポートでフィーネが乗り込む場合がある。
また、オーガノイドであるジークが融合することによって正式採用機よりも高い戦闘能力を発揮する。

余談だが、HMM版の説明書内の独自設定によれば、バンが搭乗しているブレードライガーは
「シールドライガーに新しいパーツを着けて改良した機体」とされるアーリーモデル(試作型)として共和国軍内部では認識されており、正式採用型とはタテガミの形状や尻尾の3Dセンサーの有無など細部の仕様が異なるとの事。

以前共和国基地で補給や修理を受けた際、共和国の技術者はバン達が目覚ましい活躍をしていた事から戦闘データを検証していた。
この際、一方でシールドライガー自身はサーバーにアクセスしている状態のため、まだ設計段階であったブレードライガーの設計データを取り込んでいた。
後にジークとフィーネによって再生される際、ブレードライガーの設計データを
あたかも以前から存在する遺伝子情報として認識しその体を作り上げるが、この時のデータこそアーリーモデルの物であったために、その姿になったと解説されている。

バトルストーリーでの活躍

オーガノイドシステム未調整のテスト機として登場。
パイロットはレオマスターの一人でもあるへリック共和国軍少佐、老兵アーサー・ボーグマン。
前述したバンと同型のアーリーモデルであり、実戦テストを兼ねたガリル遺跡での真オーガノイド探索任務の最中、ガイロス帝国軍中尉リッツ・ルンシュテッドの駆る先行量産型ジェノザウラーと遭遇。
戦闘はブレードライガーの優位で進んだが、ジェノザウラーに目標(インターフェイス)を確保され、取り逃してしまう。

後にリッツのジェノザウラーはジェノブレイカーに、アーサーのブレードライガーはブレードライガーABに強化され、両者は西方大陸戦争の最終局面の最中、再び邂逅する事になる。
しかし、一騎討ちを繰り広げる両機に突如、2ヶ月前に暴走し行方をくらませていた凶戦士・デススティンガーが乱入。
その背後には他のゾイドコアを栄養源に爆発的な勢いで自己増殖を続ける凶戦士の巣が広がっていた。
増殖するデススティンガーに対し、惑星Zi全体の脅威と感じたアーサーとリッツは共闘し一度は致命傷を与えるが、更に自己進化を遂げたデススティンガーによってブレードライガーはゾイドコアに致命的な損傷を負ってしまう。
自らの最期を悟ったアーサーとブレードライガーは、敵であるリッツとジェノブレイカーに後を託し、自ら囮となり散っていった。
その後、ブレードライガーの亡骸の傍には名も無き墓が作られ、そこには

「私の知りうる限り”最高のゾイド乗り”ここに眠る。その勇気、その決断力、その魂は、帝国、共和国の壁を越え、全てのゾイド乗りの指針となるべきものである」

という言葉が刻み込まれていた。

バリエーション

ブレードライガーAB

3DCG HMMブレードライガーAB バン仕様


ブレードライガーにカスタマイズパーツであるアタックブースターを装備した形態。
白兵戦に特化したブレードライガーであったが、ジェノブレイカーのロールアウトに伴い、強化が求められた。その中で採用されたのが、機動性と火力を併用したアタックブースターである。
この装備はアーサー・ボーグマンの駆る初号機に採用された後、カスタム機であるブレードライガーミラージュにも搭載されている。
機動性と火力を同時に上げられるという触れ込みだったが、キャノンの砲口とブースターの噴射口が同じ向きの為、併用する事ができない。
同じコンセプトのレドラー用のブースターキャノンは合理的な造りになっていたのにどうしてこうなった

アニメ版でも52話・57話でドクター・ディーの開発した新装備として登場したが、52話では試作段階で調整がうまくいかず、晴れて本実装された57話でも使用後は試作段階での不備を鑑みて早々にパージされてしまった。
HMM版ではバン・フライハイト仕様機としてキット化されている。

ブレードライガーLS

ブレードライガー


アニメ『ゾイド新世紀/ゼロ』に登場するブレードライガー。
通常のブレードライガーは青系統のカラーリングだが、この機体は赤色である。
チーム・ブリッツのパイロットだったレオン・トロス「かつて伝説のゾイド乗りが旅をした」という谷で遭遇し、彼の愛機となった。

その後、ビット・クラウドの駆るライガーゼロと新旧主人公機対決を繰り広げた。
ライガーゼロは基本装甲の状態でも量産型のブレードライガーを撃破しうるスペックを持っている為、この機体はオーガノイドシステムの出力を引き下げていない試作機だと思われる。
カラーバリエーションの一つでありながら、ポップアップキットやHMMでキット化されるなど、人気も高い。

ブレードライガーミラージュ

ブレードライガーミラージュ


Webコミック『ゾイド妄想戦記』に登場するブレードライガーのバリエーション機。
ヘリック共和国高速戦闘隊のエースチーム、別名ミラージュ高速戦闘隊に配備されたブレードライガーである。
機体色はチームカラーにリペイントされたもので、アタックブースターを装備しているのが「幻の俊足」ことピーター・アイソップ大尉機とされている。カラーリングは本体が白と赤、アタックブースターが黒。

HMM版の独自設定では、装甲にはライガーゼロにも使用された特殊軽量合金「エルワチウム・ゼロ」と「高伝導放熱ペイント」を用いる事で放熱効率の向上に成功し、更に「ACC(アーマークーリングコントローラー)」も導入した結果、偶然にも熱残像を発生させる機能を獲得。
これをアタックブースターによる高速移動と併せて使用する事で、敵の熱源センサーにはあたかも複数の機体が存在するように見せかけられる事が可能となった。
主なバリエーションとしてはABを標準装備した「通常型」の他に、隠密行動のためABを取り外した「タイプL」、砲撃戦用にゴジュラスMk-Ⅱのロングレンジキャノンを搭載した「タイプB」が存在する。

ブレードライガーミラージュKS

ニカイドス島にて


ゲーム作品『ゾイドインフィニティ』シリーズに登場。
ニカイドス島に住む古代ゾイド人の少女カノンが乗機する白を基調としたカラーリングのアタックブースター搭載型ブレードライガー。

ブレードライガーKS

黒系統のカラーリングに塗装されたステルス型の夜間戦闘仕様機。
後に共和国情報部で採用され、主に同部隊所属のケイ・イスルギ少佐が運用している。
上記のカノン仕様と名前がよく似ている為にまぎらわしいが、こちらはアタックブースターを搭載しておらず、機体の形状も通常のブレードライガーとの差異は認められない。

ブレードライガーBI

アニメ『ゾイドフューザーズ』に登場するチーム・ブラックインパクトが保有しているグレーを基調としたブレードライガーで、ラスターニ・ビリー・ジャッキー3人が搭乗する3機のブレードライガーでチームを組んでいる。

しかしながら劇中では引き立て役な扱いであまり活躍の場面がなく、一方的になぶりものにされるラスターニが「もうやめてくれぇ~!!」と半狂乱に陥る情けないシーンも晒してしまったが、リヒタースケールとの最終決戦にはきっちりと参戦している。なお、劇中ではブレードを展開し、ブースターを点火する事で空中で滑空するという芸当を見せている。セイスモサウルスの超強力な砲をストライククローで破壊していた。なお、他の機体にも共通するが、パルスレーザーのカラーリングが蒼になっている。また、初バトルではウズウズするなどライガーゼロ以外では全シリーズのライガーでも生物的な感情を見せていた(初代シリーズでは、感情と自律行動を抑える措置が通常のゾイドにされていたため、未来の技術なのかパイロットの意向なのかは不明だが、パイロットの操縦とゾイドの自己が両立できていた)。

この機体はタカラトミーより発売のポップアップキットのみが限定商品として商品化された。

関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 ゾイド-ZOIDS- ゾイド新世紀/ゼロ
ライオン 哺乳類 レーザーブレード

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレードライガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234113

コメント