ピクシブ百科事典

ブロッケンマン

ぶろっけんまん

ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』に登場する超人。
目次[非表示]

概要

西ドイツベルリン出身の超人。ブロッケン一族の1人であり、後に登場するブロッケンJr.実父

反則技を好む残虐超人で、若い頃は「ドイツの鬼」として怖れられたファイターでもある。
毒ガスを吐くわメリケンサックで相手をタコ殴りにするわ、死んでいる相手から目玉を抉り出すわ、戦法は鬼畜そのもので、ラーメンマンカレクック共々怪獣がその名を聞いただけで逃げ出すほど本国では恐れられていた。
「第20回超人オリンピック」に出場し予選に勝ち残るが、Bブロックの試合で同じ残虐超人(後に正義超人に転身する)ラーメンマンキャメルクラッチを掛けられ真っ二つにされ死亡する。
なお、アニメ版では残虐描写への自主規制ということで、キャメルクラッチをかけられて二つ折りにされ、麺棒で肉が柔らかくなるまで何度も平たく伸ばされ続け、人の姿をとどめない肉ダルマを小麦粉の塊に見立ててラーメンの麺として打たれて食べられるという描写に変更された。確かに流血描写はなかったが、あきらかにアニメ版の方が子供たちに与えたトラウマは上である
その後、「第21回超人オリンピック」で息子のブロッケンJr.が登場し、父・ブロッケンマンの仇を打つ為、ラーメンマンに勝負を挑むことになる。
他の超人は割かしホイホイ生き返るのにこいつだけ何時まで経っても生き返らなかったので、超人閻魔の元で自堕落な生活を送っているのかもしれない…と読者からは連載当時からよく言われていたものの実はその逆で、生き返るのに必要な玉を揃えたものの、Jrに良き友が、師が出来たことを悟り生き返ることを辞退した…ということが最近判明した。

キン肉マンⅡ世』では、ブロッケンJr.の回想にたびたび登場。Jr.の修業時代の師匠としての姿が描かれた。たとえ実の息子であろうと厳しい態度で修行をしていたらしく、修行中に「父さん」と呼んだ息子に対し「と呼んでいいのは家の中だけだ! 一歩外へ出れば血の繋がりは忘れろ!俺は師匠だレイラァと呼べ!」と叱責した。

2011年から連載されている新シリーズでは、ラーメンマンは彼を「過去最大の難敵」と評し、残虐殺法でしか対抗できなかったと語っている。
ラーメンマンのこの発言に対してよく「絶対にそんな苦戦してなかっただろ」と言われるが、おそらく強敵中の強敵だったが故に短期決戦に持ち込まなければラーメンマンも危なかったのだろう。

得意技は、メリケンサックなどの凶器を使った攻撃の他、ナチスガス室をモチーフとした「毒ガス攻撃」。また、実際に使用している描写はないが、回想シーンの中に息子に「ベルリンの赤い雨」を伝授している描写があるため、彼もこの技が使用できると思われる。

服装は息子と同じナチス軍服。親子共々、とてもヨーロッパには輸出できないデザインである。海外版ではハーケンクロイツが黒塗りにされ、毒ガスのシーンがカットされている。

関連キャラクター

ブロッケンJr.
ラーメンマン

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロッケンマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121530

コメント