ピクシブ百科事典

(扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目ウズムシ亜目)に属する動物の総称。
広義には、三岐腸目に属する動物の総称。さらに、渦虫綱に分類される動物の総称とする説もある。
体表に繊毛があり、この繊毛の運動によって渦ができることからウズムシと呼ばれる。淡水、海水および湿気の高い陸上に生息する。

切っても切っても再生する非常に高い再生力が特徴。

概要

プラナリア描いた
プラナリア


著しい再生能力を持つことから、再生研究のモデル生物として用いられる。
再生力はかなり強く、細片に神経を含めば、かなり細分して再生する。
再生の際、頭部から後方に向かってしだいに減少するような生理的な勾配(Nou-darake(脳だらけ)遺伝子)がある。
勾配が高い方から頭、低い方から尾を再生する。
なお、縦に切っても再生し、途中で止めれば頭が複数ある状態になる。このため、やろうと思えばヤマタノオロチのような姿にすることも可能である。

※砕けて言えば、千切れば千切った分だけ自身の分身を増やしていく生物である。ノウダラケ遺伝子というふざけたような名称も正式な学術用語である。

口は体の中央裏側にある。消化管は体内で前後に伸び、分枝して体の隅々に至る。イトミミズやアカムシ(ユスリカの幼虫)を食べさせると、全身の消化管に入ってゆく様子が見え、全身に消化管が分岐していることを観察できる。消化管は前に1本、後ろに2本伸びており、これが三岐腸目の名前の由来となっている。肛門はなく、出入り口が一緒である。脊髄のないかご状神経系を持ち、目は杯状眼でありレンズがない。


進化的には前口動物と後口動物の分岐点に位置し、三胚葉性動物・脳をもつ動物としてもっとも原始的であることから、比較発生学・進化発生生物学でも用いられる。雌雄同体である特性から生殖生物学でも扱われる。
上述の再生能力から、「刃物に対しては不死身」と呼ばれるが、環境に対しては非常にデリケートで、最高クラスにきれいな水でないと生きていけない。少しでも化学物質が入ると溶ける。このことから指標生物としても扱われる。

生物学でプラナリアという場合、日本ではサンカクアタマウズムシ科ナミウズムシ属のナミウズムシであることが多い。

関連タグ

生物 動物 扁形動物 コウガイビル
切断 再生 増殖少女プラナちゃん!
エヴァ・フロスト

pixivに投稿された作品 pixivで「プラナリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 543427

コメント