ピクシブ百科事典

プレシア・テスタロッサ

ぷれしあてすたろっさ

プレシア・テスタロッサとは、『魔法少女リリカルなのは』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:五十嵐麗

フェイトの「母さん」。どこか狂的な気配を漂わせる女性。40歳。
ジュエルシードの全確保を狙い、フェイトに収集を命じる。
その命令を果たして愛を受けようとするフェイトを虐げ続けており、そこには失敗や不出来以上の、何か根本的にフェイトを嫌っているような素振りさえ見える。
また魔導師としても研究者としても優秀で、次元を超えた砲撃魔法さえも発動させることが出来る。しかしやがては死に至る病を患っており(作中でもたびたび吐血するような描写があった)、フェイトの遅々とした行動や時空管理局の介入に苛立っている。

過去に仕事上の重圧や、所属していた組織上層部からの無茶で無謀な指令の数々に追われる内、実子アリシアを事故で亡くし、それが原因となって精神の均衡を崩す(アリシア死亡の原因は、当時プレシアが開発し、上層部からの安全基準をほぼ無視した命令の結果であり、これに関してはプレシアは被害者だと言える)。
その後「F計画」に参加して人造生物の開発と記憶移植の技術を学び、アリシアのクローン、フェイトを生み出す。しかしどちらも本物とは成り得ず、数々の相違点を有する様になった。
そして彼女は「アリシアの代わり」ではなく、「アリシアを蘇らせる」ために死者蘇生の秘術を求めて忘れられし都「アルハザード」を目指すことを決意。
そのための力としてフェイトにジュエルシード確保を命じるが、なのはや管理局の介入によりジュエルシードは全て集まらなかった。しかし、彼女は海鳴市や次元そのものに甚大な被害を与えることも顧みず、「時の庭園」を暴走させてアルハザードへの航行を強行する。
だがその最終決戦で航行はなのは達によって阻止、最後まで自分を助けようとするフェイトを拒絶し、アリシアの亡骸と共に虚数空間へと消えていった。
アリシアから引き継がれたフェイトの記憶から、本来は家庭的で、家族と一緒に過ごせる時間の少なさに悩み罪悪感を持つなど、心優しい母親であったことが伺える(実際、A's終盤においてフェイトが闇の書に取り込まれた際に見た夢の中ではアリシアを失わなかったことからアリシアはもちろんフェイトに対しても優しく接するなど、夢の中とはいえ彼女の本来の人柄が描かれていた)。

『The MOVIE 1st』では、理不尽な事故でアリシアを失い、いかにして狂気に墜ちていき病を患うようになったかの過程が丹念に描かれた。
かつてアリシアが誕生日プレゼントにが欲しいと頼んだため、妹をつくる約束をしている。
また、事故当時には「アレクトロ社」という会社に所属しており、魔導士ランクが「条件付きSS」クラスという設定が追加された。

小説版においては、23歳で結婚し、28歳でアリシアを出産。アリシアが2歳の頃に夫と離婚し、5歳頃の時、つまりプレシアが33歳前後の時に事故が起きたようである。小説版では事故からジュエルシードを巡る事件を起こすまでの期間は明言されていないが、原作通りに26年だとすると、小説版での彼女の年齢は60歳近くということになる。とはいえ、小説版は原作と少し話の流れが異なるパラレルのストーリーであるため、時系列も少し違っているかもしれない。それでも、40歳という年齢だと事故が起きた当時に彼女は14歳だったことになってしまうため、やはり60歳近い方が計算は合う。

INNOCENT

スピンオフ作品であるソーシャルゲーム及びそのコミカライズ作品「魔法少女リリカルなのはINNOCENT」にも登場。
この作品内ではアリシアが存命、そしてアリシアのみならずフェイトの本当の親という設定になっている。この作品自体が明るいストーリーであるため、原作のような狂気は見せず、二人を分け隔てなく愛する母親となっている。 むしろその溺愛ぶりに若干の狂気を感じられるほど。

余談

愛する我が子の死を受け、彼(彼女)を生き返らせようという狂気に苛まれたあげく、「やっぱ違うじゃねえか」と自分の創作した「第2の遺児」に対しキレまくるマッドサイエンティストとして、鉄腕アトムを作った天馬博士と対比されることもよくある。
しかし、『成長しない偽物』であるアトムを早々に見捨て(てサーカスに売りとばし)た天馬博士に対し、彼女は『偽物』であるフェイトを自分への執着心を利用し、本来の目標達成のために扱使っていたという点が大いに異なる。

関連タグ

魔法少女リリカルなのは
フェイト・テスタロッサ アリシア・テスタロッサ
吐き気を催す邪悪 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「プレシア・テスタロッサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254865

コメント