ピクシブ百科事典

プロテクトギア

ぷろてくとぎあ

押井守の作品群『ケルベロス・サーガ』に登場するパワードスーツ。正式名称は92式特殊強化装甲服。 パワーアシストはあるが、難燃加工の防護服を除くと対弾対衝撃プロテクターは要所に限られるため、 3人一組による互いの死角防御が必須である。
目次[非表示]

概要

プロテクトギアとは、1987年に公開された押井守の実写短編映画紅い眼鏡』の主人公都々目紅一(とどめこういち:演じているのは声優として有名な千葉繁)らが冒頭の戦闘シーンにて着用していたパワードスーツである。そのインパクトのあるデザインからマニアックな人気を獲得。
若干設定は異なるが、押井守原作の作品群ケルベロス・サーガ(『紅い眼鏡』もこの中に含まれる)においても作品世界を象徴する存在として登場。
首都警警備部、特殊武装機動警備大隊、通称「特機隊」の突入隊員が着用している。
この突入隊員は「ケルベロス」とも呼ばれ、ギリシャ神話に登場する同名の三頭犬のエンブレムを身につける。
作品によって所属団体名や設定が異なる。
押井守が無類の好きということもあってか、例によって犬がモチーフ。

「パワードスーツ」の筈であるが、アドルフ・ヒトラー(作中では「彼」と呼ばれる)が製作を命じた最初のモデルは「典礼用の甲冑」であり、「彼」の殺害後「実戦投入された」というすごい設定もある。

装備としての特性

プロテクトギアの特徴として、歩兵でありながら強靭な防御力と圧倒的な火力を一人単位に要求できるという現実の歩兵装備には見られない特徴がある。ただし、完全無欠のパワードスーツというわけではない。

具体的に列挙すると・・・

  • 装甲防護されている部位は至近距離のサブマシンガンの拳銃弾を受け付けないが、直角に当たれば貫通の危険もある。また、耐熱防護服部分は無防備で装甲部との隙間が多く、ここへの命中弾が致命傷に至る事もある。
  • 本来弾薬手が必要なはずの分隊支援火器を単独で運用することが出来る。だが、殆どは50~100発のベルトリングを手作業で再装填しなければならず時間がかかるため、作戦行動時は3人1組で行動する。
  • 装備する分隊支援火器はフルサイズのライフル弾を発射する軽機関銃で、機銃弾のベルトリンクを50ないし100発単位でギア内に収容している。
  • おまけに無線機暗視スコープまでついているものの、無線機にノイズが入るのは当たり前。更に言うと暗視装置は前時代のノクトビジョン式で視界はとてつもなく悪く、訓練生いわく「潜水夫にでもなったようだ」とのこと。
  • 着装者を殺すのは自らの運と行動次第、迂闊な単独行動であっさり死ぬ人間もいれば、チームワークを駆使して無双する人間もいる。
  • 『ケルベロスサーガ』では主人公のはずが、ラスボスの如く複数の敵を単独で追い回している事が多い。

こいつが大暴れするのは『ケルベロスサーガ』名物であり、そして同シリーズ最大の死亡フラグなのは言うまでもない。

動力

 漫画版の設定資料によると“簡単なパワーアシスト機構を有するものの万能のパワードスーツではない”という記載があるのだが、学研刊のムック“東京市街戦”において生みの親である押井守ははっきりと“筋力です!”と他メディアで豪語してしまったという経緯があるので、本項に於いてもはっきりと記載する。そのメディアとは、大日本絵画刊行の模型雑誌『モデルグラフィックス』である。

敢えて言おう、筋力です、と。

首都警特機隊での運用

特機隊においては各中隊の突入小隊及び、各小隊本部が常時着装しているが、基本的には主力となるナンバー中隊所属の特機隊員は全員着装資格を持ち、大規模警備の場合は総員着装の状態で出動する。ただ、ナンバー中隊以外の特科小隊(装甲車両)、輸送中隊(隷下の航空小隊を除き)ほかの主力3個中隊以外の各部隊は後方支援隊員用に設計された軽装型プロテクトスーツを着装し、携帯口糧を携行するなど、92式着装の隊員よりも長期間の行動が想定されている。

特機隊員は入隊において首都警養成学校において厳しい訓練を受け、心身共に強靭な隊員のみが入隊し各中隊に配属されるが、養成校の段階、或いは実勤務の段階で特機隊を辞して、首都警公安部などに籍を移すものも多い。加えて、後方支援隊員も92式着装隊員に比して車両勤務などの長期勤務の負担も大きいため、一概にナンバー中隊以外の隊員の戦闘力は低いと考えることはできない。

ケルベロス騒乱において、警視庁を襲撃した特機隊員総員300人はその倍近い兵力を持つ警視庁機動隊を奇襲で壊滅させ、軽装プロテクトスーツ着装の隊員達もスティックグレネードやパンツァーファウストを使用して前衛隊員の突撃を正面切って支援している姿が漫画版犬狼伝説の最終巻に残されている。

その他の組織で運用されるプロテクトギア

軍用犬


陸上自衛隊に配備されたプロテクトギア。メインアームとしてMG42を装備する。

この首都警仕様のプロテクトギアを基本に、陸上自衛隊でも市街地戦闘用装備として第1空挺団内に“団本部付情報・偵察中隊”というカバーネームを以てプロテクトギア運用部隊を組織し、ケルベロス騒乱時に於いて警視庁庁舎奪還作戦に投入している。ただ、その要員の訓練に於いては防衛庁から特機隊に着装者の基本教育が要請された経緯もあり、謂わば親殺しを命ぜられた陸自隊員が動揺する姿が漫画版犬狼伝説の最終巻にも残されている。これが陸自プロテクトギア最初の実戦であったが、最期の突撃を仕掛けてきた首都警プロテクトギア部隊との戦闘の様子は一切描かれていないため、互いのプロテクトギアにどの程度の性能差があったのかは不明なままである。

また、警視庁内でも対テロ突入作戦を担任する特殊突入部隊“SSG”を第6及び第9機動隊内に組織し、後にダッカ事件にて実戦投入された9機の部隊が“SSG-9(学研ムック内記載に準拠)”と呼称されて海外に知られるようになった。どちらの部隊も軽装版プロテクトギアとも言える防弾服を装備したとされており、特機隊は消滅すれど、そのノウハウやデータは首都警以外の組織に流出していった事は非常に興味深い事実であろう。

プロテクトギアのその後

再開発に飲まれつつあるゴミ捨て場に、山のように積まれたギアが漫画版犬狼伝説の一巻のあるエピソードで確認できる。国家の治安に貢献し、あまつさえ他組織の尻拭いまでさせられた挙句解体された特機隊と共に、そのギアもまた使い捨てられるという余りに悲惨な末路を辿ったのは、作中を通して語られる三歩あるけば総て忘れる“猫の世の中への移り変わり”を表す象徴的なシーンなのだろう。また、『紅い眼鏡』では、元首都警公安部長の室戸文明が、最後のギアの回収に執念を燃やしていることから、復活を恐れられた象徴として、また、ギアそのものが脅威であるという点において、“抹殺しなければならない対象”だったことは想像に難くはない。

現実に於いてのデザインとして与えた影響

その後のゲームアニメなどにも似たようなコンセプトと思われるメカや装備が登場している辺り、プロテクトギアが与えた影響は決して小さくはないのかもしれない。だが、その原点に辿り着く人が少ないのもまた事実である。この項で列挙すると枚挙にいとまがないので、興味のある方は自身で調べてみるといいだろう。


余談

  • 映画『JIN-ROH』のギアはアニメーターの負担軽減のため、本来MG34を持たせる予定がより角ばったデザインのMG42に変更された経緯がある。(「MGだぜ、MG。それもMG34でなけりゃイヤなのだ。アニメ人狼』では、作画が(MG34よりは)ラクチンであるという理由で泣く泣くMG42で妥協したが(それでも大変なので現場の評判は最悪)、本当はMG34にしたかったのだ。」押井守著[メカフェリア]30頁より抜粋)
  • 紅い眼鏡版のプロテクトギアには左胸の辺りに電卓(百均で売っているような)みたいなモノが付いているが、これが何かというと電卓である。これは元々紅い眼鏡が日活の渡り鳥シリーズのパロディ作品としてスタートしたことにより、クライマックスのヤクザ者との戦闘時にコレで使用した弾薬費などを計算しながら戦うという展開が構想にあったためである。


関連イラスト

特殊強化服
いぬい~
Me262ちゃん
プロテクトギア
ケルベロス
人狼
狼が幻想入り
ケルベロス



関連項目

MG42 MG34 パワードスーツ
ケルベロス・サーガ 紅い眼鏡 JIN-ROH 押井守
死亡フラグ

pixivに投稿された作品 pixivで「プロテクトギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 673971

コメント