ピクシブ百科事典

プロトタイプガンダム

ぷろとたいぷがんだむ

RX-78-1ガンダムとは、『MSV』に登場する地球連邦軍のモビルスーツ。
目次[非表示]

概要

RX-78-1プロトタイプガンダムはMSVに登場する地球連邦軍のガンダムタイプモビルスーツ
RX-78ガンダムの1番機。型番はRX-78-1。
パイロットはヴェルツ大尉(ジ・オリジン)
黒・赤・グレーを基調としたカラーリングが特徴(カラーリングはマジンガーZからリスペクトしたという説がある)。
「プロトタイプ(あるいは1号機)は黒い」という設定は後のガンダムシリーズ仮面ライダーシリーズにも少なからず影響を与えている。

RX-78-2、RX-78-3等とは前腕部・アンクルサポートアーマーなどのデザインが異なり、右腰にホルスター状の部品、ライフルは腕に半固定とするデザインとなっている。(ビームスプレーガンの準備稿を装備するイラストもある)
更にロールアウト直後は頭部マスク部分に「鼻」を思わせるパーツが配されていたが、
各種テストを行うと共に改修され、後のRX-78に続く「への字」が二つ連なったマスクとなった。
また、八機のRX-78すべてがこの機体と同仕様だったものを順々に改装していったともされており、
プラキットの塗装見本ではアムロ・レイのRX-78-2近似のカラーリング、マーキングをされているものが掲載されていた。(TV決定稿直前の色彩を流用したため細部が異なる。近年に至るまで資料・ムックなどではスルーされることが非常に多く、注目のされることの少ないカラーリングではある。)

劇中ではサイド7へのザクⅡ襲撃の際に破壊され、
機密保持のために残骸は焼却処分された事になっている。
なお、ジ・オリジン版では肩にキャノンを装備した姿で侵入したザクと交戦しているが、
コロニーに空いた穴から宇宙空間に吸い出され、結局アニメ版と同じく失われてしまった。
この時は黄色いボディとジムの様なゴーグルセンサーとなっている。

また、よくMSV用に新規デザインされた機体と思われがちだが、実は大河原邦夫デザインはプロポーションは大幅に違うものの(クローバー社のダイカストガンダムのデザインは実はこれを基準にしている)ディティールはこのプロトタイプガンダムに近い。ちなみに、初期設定時点ではザンボエースダイターン3に近似した旧来のサンライズスーパーロボット的な色彩であった。
その後に安彦良和氏に、プロポーションを現在もおなじみの物にアレンジされた決定稿直前の画稿が存在し、コア・ブロックシステムのギミック設定イラストにはこの機体が描かれており、どうやら放映ギリギリまでこのデザインで準備をしていた事が窺える。

ゲーム作品

「戦場の絆」シリーズや「ガンダムバトル」シリーズでは万能型のガンダムとは違い、格闘戦向きの仕様になっている場合がある。ガンダムのプロトタイプということを意識してか、ガンダムと比較すると若干ながら性能で負けている事も。

関連項目

機動戦士ガンダム MSV MSV-R 黒いガンダム

仮面ライダーダークカブト 仮面ライダーダークキバ 仮面ライダースカル プロトドライブ - 黒いプロトタイプの仮面ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「プロトタイプガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46087

コメント