ピクシブ百科事典

プロフェッサーX

ぷろふぇっさーえっくす

プロフェッサーXとは「X-MEN」の登場人物。

概要

演:パトリック・スチュワート〈老年期〉
  、ジェームズ・マカヴォイ〈若年期〉
CV:大木民夫(劇場公開版)、麦人(テレビ朝日版)〈老年期〉
  、内田夕夜〈若年期〉

本名は「チャールズ・フランシス・エグゼビア」教授。X-MENの創始者であり、彼らの師でもある。マグニートーとはかつての親友だが、考えの相違から袂を分かつ事となった。後にニューヨーク郊外に若いミュータントの育成機関である「恵まれし子らの学園」を創設。そこで人類との共存の為に能力のコントロールなどを教えている。過去の事件によって下半身不随となり、移動には車椅子を用いている。

能力

地上最強のテレパス(精神感応もしくは読心能力)。敵の意識や記憶を操作できる。また、自身が作成した装置「セレブロ」を使って、ミュータントを探し出す。

人格者であり、勝手に人の心を読んだり精神を操作するといったテレパシー能力の悪用をすることは基本的にない。しかし、時と場合によっては能力を使って、悪い記憶を封印したりする。本人は良かれと思って行っていることだが、それらの行為が後に発覚し教え子たちとの間に溝が入ることもある。X-MENに降りかかる厄介事の大半は彼の過去の悪事によるもの。

チームを放置して行方をくらましたり、重傷を負ったり、捕らえられたり、偽者に入れ替わられたりと、能力の強さとは裏腹に足を引っ張る事もしばしば。

関連タグ
X-MEN

pixivに投稿された作品 pixivで「プロフェッサーX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65518

コメント