ピクシブ百科事典

ヘルアンドヘブン

へるあんどへぶん

『勇者王ガオガイガー』に登場する必殺技の誤字表記(公式サイドで全く使用されていない表現ではないが)。
目次[非表示]

曖昧さの回避

 本来の名称はヘル・アンド・ヘブン、またはヘル・アンド・ヘヴンであり、「・」が抜けている。この項目は不要の誤植項目であるが、長く使われているため現状は当項目で詳細を解説する。

概要

 スーパーメカノイド・ガオガイガー、及びその派生機の必殺技

 攻撃を司るブロウクンアームと、防御を司るプロテクトアームを発光させ、「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ」の呪文と共に両手を組み、攻撃エネルギーと防御エネルギーを融合。、EMトルネードで敵の動きを封じた後、ステルスガオーの推進力で融合エネルギーを纏った両掌を突き刺し敵の核を抉り、敵体内に送り込んだ融合エネルギーを開放、内部から爆破する……というのが一連の流れである。

 TVシリーズでは、この技をゾンダー核を摘出するために使っており、必然使用頻度も高い。

 これはギャレオン内部にあったブラックボックスから解析されたものを再現したものであり、最後の呪文が解明できていなかった不完全版で、身体にかかる負担が大きい。
当時サイボーグ体だった獅子王凱にとってはまさに命を削る諸刃の剣で、nonnbar.15での使用直後に身体機能が停止しかけている。

 後にハイパーツール「ゴルディオンハンマー」が開発された事で必殺技の座はハンマー・ヘルアンド・ヘブンに譲られたが、ハンマーが使用できない状況下では何度か使用された。

 原種大戦終結後には、凱が「エヴォリュダー」へと進化した事と、ガオファイガーの全体的な性能強化の結果、連発さえしなければ問題ないレベルまで安全性が明確となり再び使われるようになる。
但し、使用後のダメージが回復できるようになっただけなので不完全な技である事に変わりはない。

 強力な技である半面、使用の際には大きな隙を作るため、EMトルネードで相手を拘束してからこの技を使用しているが、この拘束も確実とは言えず、一部のゾンダーロボやメカノイドには振り払われ反撃されている。

 基本的に左腕の防御エネルギーを先にオーバーフローさせる事によって中のゾンダー核、あるいはメカノイドの搭乗者を保護するのだが、OVAでは一度だけ攻撃エネルギーを先に展開して使用した事がある(この場合は防御エネルギーによる保護がされない)。

ヘルアンドヘブン・ウィータ

 緑の星の指導者カインとその血を継ぐ者にしか発動する事ができないとされる、真のヘル・アンド・ヘブン。凱が使用後に多大な反動を受けていたのは、彼がカインとは無関係な存在だった為である。

 その威力は凱の不完全発動版を凌ぎ、実質的な上位技であるゴルディオンハンマーや、いかなる強大なエネルギーも相殺し消し去るはずの超竜神のイレイザーヘッドとかち合っても一方的に押し返してしまえるものであり、使用後の反動も全くない。

 劇中、カインはすでに死亡、その息子である天海護もこの技を使えるほど覚醒が進んでおらず、発動可能な者は存在しないはずであった。
 しかし、Zマスターの中枢であるマスタープログラムに最後の封印を解かれた護が使用し、浄解消滅させた。この時は拳の先からビーム状のエネルギーを放つという形式になっている。

 例外として、カインの記憶と能力を受け継いだソール11遊星主のペイ・ラ・カインが発動可能。
また、複製されたレプリジンの護もパスキューマシンのおかげでスターガオガイガー強奪時に使用しており、ゴルディーマーグを消滅させ、超竜神やガオファイガーを大破させたが、傀儡として空虚な使命感しか持たない者では本来の威力を発揮しきれず、互いの技の撃ち合いでは「地球を守る」という強固な意思――つまり勇気に支えられたガオファイガーに押し負け、敗れ去っている。

ジェネシックヘルアンドヘブン

破壊神


 ジェネシックガオガイガーが使用する、究極の攻撃機能。ノベライズでは「ヘルアンドヘブン・アンリミテッド」と呼称。発動の際にはガジェットツールが変形した専用マニュピレーター保護グローブを装着する。地球製メカノイドのそれがゾンダー核摘出に用いられるのに対し、こちらは純粋に破壊のみを目的としている。ビジュアルにも、右腕と左腕の発光順序が逆になっているという違いが見られる。
ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ」の呪文の後に生命を意味する「ウィータ」を唱えるが、凱はカインの血を継ぐ者ではないため、この技も不完全な発動ではある。

 その名の示す通り、ジェネシックオーラによって破壊力が無限に増大するという破壊神の名にふさわしい性質を持つ一方で、使用の際には、推進システムなど本体の一部を覆うジェネシックアーマーが消失する。パルパレーパ・プラジュナーとの戦闘時には、一度その隙の部分を突かれ、毒性のケミカルナノマシンを注入されている。


pixivにおいて

 この技と似た構図のポーズの画像に、このタグが付けられることが多い。主に「両手を広げたポーズ」「両手を組んだポーズ」などが該当する。

あなたのハートを
スバル


霊央拳「天変地異」
HOWLING



もしかして

 イナズマイレブンGOギャラクシーにおけるチーム「ダークエンジェル」の必殺タクティクス。公式ではブランクを入れて「ヘル アンド ヘブン」と書くのが正しいようである。(画面でもそう見える)味方選手の移動速度UPと同時に相手選手の移動速度をDOWNさせる攻防一体の技。

関連タグ

勇者王ガオガイガー
勇者王ガオガイガーFINAL
勇者王ガオガイガーFINALGGG

ガオガイガー
スターガオガイガー ※使用したのはレプリジンで、本物は未使用。
ガオファイガー
ジェネシックガオガイガー

メドローア・・・『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』に登場する呪文。左右の手にそれぞれ、火と氷の相反する攻撃呪文を展開し、両者を合体させて放つという、類似点の多い必殺技。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルアンドヘブン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57708

コメント