ピクシブ百科事典

ヘルミーナ

へるみーな

アトリエシリーズの複数作品に登場する女の子。
目次[非表示]

ヘルミーナ(Hermina)
誕生日1月14日
登場作品:エリーのアトリエ リリーのアトリエ ヘルミーナとクルス
ユーディーのアトリエ ふたりのアトリエ アニスのアトリエ

イングリドとは幼馴染。海を越えたエル・バドール大陸出身なので左右の瞳の色が違う。
毒薬ホムンクルスなどの怪しげな魔術研究を行っている。
意外な才能として「エーデルトーン」という楽器の演奏を得意としている。
水(氷)属性の魔法「ネーベルディック」の使い手でもある。

「エリーのアトリエ」

声:高橋美紀
身長:165cm、体重:53kg。
修行の旅から帰ったというザールブルグの錬金術アカデミー教官。
見た目の印象は陰湿な悪人そのものだが、実は心優しく面倒見も良いところもある。
アイゼルが師事することになる先生。

「リリーのアトリエ」

声:釘宮理恵
身長:140cm、体重」34kg。10歳。
イングリドと同じく8歳からアカデミーに所属しており、「神童」と呼ばれているほどの素質を見せている。
やや身体が弱く、性格は大人しめ。だがイングリドとの口喧嘩の時はいつも一枚上手を行く。

「ヘルミーナとクルス」

声:釘宮理恵
ドルニエ先生の研究資料「生命の秘法」を勝手に持ち出し、一人でホムンクルスを完成させてしまう。
生まれたホムンクルスに「クルス」と名づけ、妖精さんの服を与える。
最初はクルスを「よくできた道具」程度に見ていなく、言葉の練習をするのも外に連れ出すのも彼女の研究の成果を試すため、初めて創り出したホムンクルスの出来を確かめるためでしかない。
しかし日が経つにつれて、クルスに対する感情は変わっていくこととなる。

「ユーディーのアトリエ」

声:尼子真理
身長161cm、体重51kg。18歳。

錬金術の腕を磨くために武者修業している。夢は宿敵イングリドに余裕で勝てる実力を身につけること、そしてリリー先生に会うこと。
過去からやってきたユーディットに興味をもち、彼女が過去に帰るための大きな助けとなる。
グラムナートではいろいろとやらかしたらしく、「魔女が来た」と街の人が逃げ出すくらいの怖がられようである。(しかし彼女は善意を施したつもりらしい)

「アニスのアトリエ」

マルローネエルフィールに大図書館へ収めるための本の執筆依頼をしてくる。
依頼してくる本のカテゴリで彼女独自のものは「香料」「おもちゃ」「占い」「生きてる」で、これらを多く執筆すると「奇想天外系」のエンディングになりやすい。
また、ヘルミーナとイングリドのうちどちらの執筆契約を多く結んだかで次期校長が決定する。

関連タグ

名前 人名 欧州人名の一覧 ヘルムート

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルミーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119890

コメント