ピクシブ百科事典

ベアッガイ

べあっがい

ベアッガイとは、模型戦士ガンプラビルダーズビギニングGに登場するガンプラである。
目次[非表示]

概要

ノヤマ・リナが、イレイ・ハルに触発され購入したHGUCアッガイをベースに改造(魔改造)したガンプラ
その名の通り、熊をコンセプトに改造されているが、これはリナがアッガイを熊であると勘違いしている為。
他にも、ガンダムではバックパックをランドセルと言う事から本当に通学用ランドセルを模したバックパックを背負っていたり、メガ粒子砲を「目から出る粒子砲だから目が粒子砲」であると勘違いしていたりなど、女の子らしい(?)改造がふんだんに盛り込まれている。
また、ランドセルには六連装ミサイルランチャーと縦笛型ビーム砲「ビーム縦笛」が装備されている為、可愛らしい見た目に反して火力が高く、水陸両用型モビルスーツをベースとしながらも宇宙ステージなどで使用できる汎用性を持ち合わせる。
加えて、接近戦では巨大な頭部そのものが凶器となる。

リナは当初は裁縫で作ったフードを被せて熊の置物から流用したシャケを持たせていたが、その後親友のサカザキ・ケンタを奴隷のごとくこき使ってガンプラバトルに対応したガンプラとして完成させた。
なお、布製フードを被ったベアッガイは『プロトベアッガイ』と呼ばれ区別されている。

バリエーション

シロクマテナッガイ

ガンプラビルダーズDに登場。
ミシマ・サキの使用するガンプラであり、後に商品化されたベアッガイにパールメタリック塗装を施し、MGゴッグのアイアンネイルを装着したもの。

ニャッガイ

ガンプラビルダーズJに登場。
アリスガワ・ヒカリの使用するガンプラであり、後に商品化されたベアッガイを猫風に改造したもの。

ベアッガイⅢ(さん)

ガンダムビルドファイターズに登場。
コウサカ・チナが初めて作ったガンプラ。詳細はベアッガイⅢを参照。

ベアッガイF(ファミリー)

ガンダムビルドファイターズトライに登場。
カミキ・ミライが初めて作ったガンプラ。詳細はベアッガイFを参照。

クマッガイ

クマッガイ


ベアッガイが公式に登場する以前にu_160氏によってデザイン・製作されたガレージキット。
ベアッガイと見事にネタが被っているが、こちらの方が先に世に出ている。
「ガンプラビルダーズ」制作の際、担当者が「クマッガイのアイデアを借りたい」と考えて氏に連絡した経緯を持ち、その縁でパッケージなどに記載されている見本作例はu_160氏によって制作されている。
また、打ち合わせの際、氏が寄贈したピンクのクマッガイは今でもバンダイホビーセンターの開発フロアに飾られているそうである(参照)。

バリエーション

アナロクマッガイ

頭部にテレビアンテナを装備したクマッガイ。
アンテナが付いてるから多分索敵能力が向上している。
元ネタはアナロ熊

外部出演

Gジェネレーションシリーズ

アッガイから開発することで入手。
大元がアッガイであるにも関わらず宇宙ステージにも適正があり、状況を問わず出撃できるのが強み。
また、搭乗するパイロットに特定ユニットに搭乗することで性能に上昇補正を加える「ガンプラマイスター」「ジオンの魂(ジオン系ユニット限定)」「工作員(水陸両用ユニット限定)」を全て最大まで育成することで攻撃力が56防御が24機動が36上昇する。
EN以外全く強化してない状態でも、攻撃力78防御力44機動力56と言うバケモノユニットが誕生するロマンを秘めている。
当然ながら「ガンプラマイスター」を習得できるのはリナをはじめとするガンプラビルダーズ勢のみである。
また、防御力を気にしないのであれば「ジオンの魂」と「工作員」だけでもかなりの強さになる。
正規パイロットであるリナを搭乗させないのであればこちらも有効。

また、開発によってビギニング30ガンダムスーパーカスタムザクF2000
フォーエバーガンダムが生産可能になるため、発展性においても十分な活躍が見込める。

ガンダムビルドファイターズ

ガンプラビルダーズの実質的な後継作であり、PVにおいてもその活躍が描かれている。
ガンプラバトルを嗜む女子に人気で、特に女性限定大会ではベアッガイばかりが集まる事もあるらしい。
また、前述のベアッガイⅢ(さん)も登場する。

ガンダムビルドファイターズトライ

前述のベアッガイF(ファミリー)が登場する。

関連イラスト

ベアッガイ
ベアッガイ


ボクのベアッガイ




関連項目

ガンプラビルダーズ ガンダムビルドファイターズ
ガンプラ 魔改造
アッガイ
ベアッガイⅢ

pixivに投稿された作品 pixivで「ベアッガイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73138

コメント