ピクシブ百科事典

ベムラー

べむらー

ウルトラマンに登場する宇宙怪獣である
目次[非表示]

データ

別名:宇宙怪獣
身長:50メートル
体重:2万5千トン
出身地:M35星

ウルトラマン第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場

「宇宙の平和を乱す悪魔のような怪獣」と呼ばれる宇宙怪獣。
武器からの熱線。青い球体に変身することで飛行することが可能。

これを追ってウルトラマンが地球に来たことが全ての始まりになった。
ウルトラマンが人類の前ではじめて戦った怪獣として、このあとも度々シリーズに登場する。
有名なところでは、『ULTRAMAN』のビースト・ザ・ワンのモデルになっていたり、『ウルトラ銀河伝説』冒頭でメビウスと激しいチェイスを繰り広げたりしている。

『ウルトラマン』での略歴

ウルトラマンに怪獣墓場に護送されている最中に逃亡し(何故生きてたのかは謎。怪獣墓場で処刑するために護送していたとする説もあり。)、青い球体になって地球までやってきた。この際竜ヶ森湖に潜むところを、パトロール中の科学特捜隊ハヤタ隊員に目撃されていたが、ハヤタ隊員はウルトラマンに追突事故を起こされてそれどころでは無かった。
その後、科特隊の「ウルトラ作戦第一号」によって地上に追い立てられ、ハヤタと一心同体になったウルトラマンと交戦。追い詰められ青い球体になって逃げようとした所をスペシウム光線で倒された。

かなりあっさり倒されたため、後の強敵怪獣と比べるとどうしても弱く見える。
ウルトラマンが「宇宙の平和を乱す悪魔のような怪獣」と言及していたのは、劇中の人類や視聴者にとって、ベムラーがはじめての「ウルトラヒーローと敵対する宇宙怪獣」であったからだろうが、後にベムラーよりよっぽど強い敵怪獣が登場してもここまで大げさに言い立てられることがなかったため、この物言いがちょっと浮いてしまっている。
なお、これに説得力を持たすための話として「ウルトラマンひみつ大百科」内では隕石群に接触したウルトラマンとクロード(ウルトラマンと共にベムラーを護送していた宇宙警備隊員)の隙をついて逃走、別の惑星で大暴れした挙句にクロードを死亡させるというまさに悪魔の如き活躍を見せている。

名前の由来

ウルトラマンの準備稿であった『科学特捜隊 ベムラー』の主人公ベムラーの名前から

地球は俺たちにまかせろ!!



左側の怪獣っぽいのが初期のベムラー、ちなみに右はレッドマン

ウルトラQ』終了後、予定されていた次回作は『生物彗星WOO』(以下WOO)であったが、ゼリー状の不定形の肉体が不評を呼びお蔵入りになり、WOOの「人類に味方する怪獣」の設定を活かし練り直されて生まれたのが企画『科学特捜隊ベムラー』であった。

正義にせよ。戦うシーンは怪獣対怪獣……
カラーフィルムの中で正義のヒーローをいかにと見せるかが勝負だよ

これも残念ながら没になり、企画は『科学特捜隊 レッドマン』へと様々な問題を経て練り直され今のウルトラマンになった。
結果、それまでの試行錯誤の跡の一端が、ベムラーの名前に受け継がれることになったのであった。

参考:『まんが ほんとにしらない映画&漫画アニメ&特撮秘密大全DX』コアマガジン

派生作品

ウルトラ銀河伝説

映画大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THEMOVIEでは冒頭に登場。
惑星アルファにてウルトラマンメビウスと交戦し、メビュームシュートによって倒される。
ベリュドラの左腕の一部としても登場した他、右の角には『科学特捜隊ベムラー』のベムラーもいる

映像作品への登場は、『ウルトラマン』の「ウルトラ作戦第一号」以来、実に43年ぶりとなる
着ぐるみは勿論新造されたもので、以降のテレビ作品に登場するベムラーは、いずれもこの着ぐるみの流用もしくは改造である。

ウルトラゼロファイト

第1話の冒頭に登場。
同じく怪獣墓場から復活したサドラテレスドングドンと共にウルトラマンゼロに襲い掛かるが、ルナミラクルゼロのミラクルゼロスラッガーでテレスドンと共に倒された。

ウルトラゾーン

ドラマパート「悪魔が降りた日」に登場。
青い球体の状態で新宿に落下。(おそらくビースト・ザ・ワンのオマージュ)
怪獣特捜隊のタカダ・リホ隊員と、たまたま新宿にいた探偵助手の小早川真弓、刑事の松原と高田を巻き込んで大暴れし、特捜隊からの支援を受けられない四人を追い詰めた。
4人は高性能爆弾でビルを爆破してベムラーを下敷きにする作戦を決行し、囮役と爆破役の二手に分かれて行動するが、作戦が開始された所で物語が終わってしまったためその後の消息は不明。

これ以前にも温泉に入っているアイキャッチが登場した。

ウルトラマンギンガS

第9話に登場。
ガッツ星人ボルストの分身体がウルトラマンビクトリーと戦うベムスターの援護のためモンスライブした。
ボルストの分身能力のほかに金縛り光線を発射することが可能になり、ベムスターと協力してビクトリーやウルトラマンギンガを苦しめたが、ギンガによって金縛り光線が跳ね返されベムスター共々動けなくなってしまいウルトラマンギンガストリウムスペシウム光線で倒された。

これ以前にもウルトラマンギンガ第一話でのダークスパークウォーズの回想でスパークドールズとなった怪獣たちの一体として登場した。

ウルトラマンX

第1話で、地球に眠っていたスパークドールズが実体化した怪獣の1体として登場。

その後、第20話「絆 -Unite-」にて再登場(第1話に登場したものと同一個体かは不明)。
カナダの湖畔に突如出現し、橘副隊長の娘たちを危機に陥れるが、橘副隊長が変身したウルトラマンネクサスと戦い、その後描写は無いがそのまま倒されたことが語られている(スパークドールズに戻ったかは不明)。
ベムラーがゲスト怪獣に抜擢されたのは、ネクサスの前日譚である映画『ULTRAMAN』に登場したビースト・ザ・ワンのモデルとなったキャラクターであったことが関係していたらしい。他にも、「カナダといえば湖 → 湖といえばベムラー」という考えもあったとか。

ウルトラマンオーブ

落書き



人間牧場

第18話「ハードボイルドリバー」に登場。

シャプレー星人カタロヒに操られており、体は青く、角も生えている。
詳細はベムラー(強化)を参照。

その他の媒体での登場

怪獣絵物語ウルトラマン

脚本家の金城哲夫によるノベライズ版ではウルトラマンのチョップで気絶した後、怪獣墓場へ送り届けられた。

ウルトラマンSTORY0

真船一雄の漫画ウルトラマンSTORY0では第41話~第42話、第66話~第67話、最終話に別々の個体として登場。
第41話~第42話
光の国を襲った怪獣軍団の一体。火炎放射モブのウルトラ戦士を攻撃するが、ウルトラマンタロウストリウム光線により爆死

第66話~第67話
不思議な力を持つ隕石と共にメトロン星人が支配する惑星メトロプラネットに落下。ウルトラマンレオレオキックを受けて倒された。
レオの友人となったメトロプラネットの少年アイザックはこの時見たベムラーの姿を基に新しい怪獣を考え出すが…。

最終話
エピローグで地球に近い宙域でウルトラマンがベムラーを捕獲し、怪獣墓場に護送するシーンで物語は終わる(恐らく、これがウルトラマン第1話の出来事に繋がっていくと思われる)。

ウルトラマン THE FIRST

高田裕三漫画ウルトラマン_THE_FIRST』でTV版よりのトゲが増量された姿で登場。
ウルトラマンとなったハヤタの最初の相手。いくら悪い奴とはいえウルトラマンは捕獲を望んでいたが、融合したばかりのウルトラマンの体ではうまく戦えず、やむなくスペシウム光線で倒された。

ULTRAMAN(漫画)

「覚えて置け………私の名はベムラー。始まりの敵だ。」

「始まりの敵」を名乗り、暗躍する装甲服を纏った謎の異星人
装甲服はウルトラマンスーツに似ているがトゲを思わせる突起が多いデザインで、地球人に比べて手足が長い。また、マスクの破損部分からは怪獣ベムラーを思わせる牙の生えた口や口元の網目状の模様が確認できる。高い戦闘力を誇っており、手や口から光線や光弾を放てるほか、アーマーから副腕を出して攻撃するなど多彩な攻撃手段を持っている。また、体の半分以上を消し飛ばされても生きている程の異常な生命力を誇っている。
現時点での詳しい目的は不明だが、物語が始まる12年前より独自の思惑で暗躍しており、主人公である早田進次郎やその父の進(ハヤタ隊員)が持つ「ウルトラマン因子」を危険視しているほか、星団評議会の暗部やゼットン星人・エドの目的や真意についてもある程度把握しているような素振りを見せている。そのため、物語の様々な秘密を握る重要なキーパーソンだと目されるが、現時点ではその詳細は不明である。
第42話では黒いスーツ姿の男性の姿でヤプールと対面している(これが人間態なのか本来の姿なのかは不明)。

劇中では真意が見えない不気味さが漂うが、星団評議会の指令で接触したエージェントであるスクルーダ星人・アダド曰く「目的のためなら悪役に回ることすら厭わない」とのスタンスを取っているらしいことから単純に侵略が目的の宇宙人と言う訳ではないようだ。

なお、エースキラー事件収束後は「ウルトラマン因子」の力を完全いものにした進次郎に対して最早彼を抹殺する必要が無くなったと告げているが、その真意は不明。

かつて幼い頃にウルトラマンに助け出された遠藤庸介の態度や進次郎に北斗星司の治療を進言した際に「地球人を助けるのはこれが初めてではない」との発言から、その正体はある異星人と係わりがあるような節があるが…?

ULTRAMAN


黒いのがベムラー、左は進次郎が変身したウルトラマン

ウルトラマン超闘士激伝

栗原仁の漫画『ウルトラマン超闘士激伝』で第3部「ゴーデス編」にて超闘士ウルトラマンを倒したいと願う怪獣たちの一体として登場。
ゴーデスにだまされ、ゲルカドンの邪生鋼<エビルブレスト>と融合し、ゴーデス5人衆の一人「ゲルガン」となった。
その後は宇宙各地で通り魔的な行為を行っていたが、超闘士ウルトラマン相手には手も足も出せずに、おまけに倒された描写もなく場面が変わるとやっつけられていた。
その後はササヒラーが収監された檻の中にガモスと共にいるのが解るが、彼がゲルガンとなったベムラーなのかは不明。

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS

漫画『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』では主人公・御蔵イオがブルトンにより飛ばされた惑星に登場。イオの操るゴモラヒッポリト星人と組んで痛めつけるが、ペダン星人の老兵の捨て身の特攻によりヒッポリト星人が戦死するとイオのバトルナイザーに封印された。
後にはブラックキングを撃破する大金星を打ち立てゲランダ宇宙船が襲われた際には自ら球体に変身してイオとピグモンを運んだ。

ウルトラ怪獣擬人化計画

ベムラー


2016年5月30日発売の7月号で発表された。
デザインを手がけたのは、ゴモラバードンメカギラスのデザインも手がけたニトロプラスminoa氏。

原典のデザインを反映して、スリムな体型のお姉さんに生まれ変わった。の色は褐色で、髪の色は鮮やかなブルー
一方で、脇から腰回りにかけて素肌の大部分が露出しており、全体的にぴっちりとしたコスチューム(?)に身を包んでいることもあって、かなり際どい格好になっている。地味に胸ポチしてるし…

ちなみに、首に青い発光物の埋め込まれたアクセサリーが装着されており、これで青い球体の姿に変化するという設定があるらしい。

ベムラーさん(強化)


なお、元になったベムラーは全体的に黒っぽい体色をしており、この擬人化ベムラーも基本的にはそれを踏襲しているものの、髪の色をはじめ、ところどころに青い色がアクセントとして挿入されているという特徴がある。恐らく、飛行形態である青い球体をイメージしたものと思われるが、このために一部のファンからは「初代よりも『オーブ』に登場したベムラー(強化)に似ている」という意見もある(ついでに言えば、青い石のアクセサリーを身に着けているところまで共通していたりする…)。ただ、発表されたのはこちらの方が先であるため、こうした共通点は恐らく偶然の一致であろうと思われる。

2016年11月に開催された原画展ではminoa氏により新規に描き下ろされたイラストが展示されている。
後述する小説版の展開を踏まえてか愛車のバイクと共に描かれている…のだが、実はこのバイク、設定画に書かれたメモ書きにより「変形機能が備わっており、空中も飛行可能」というトンデモスペックの持ち主であることが判明した(あくまで設定画の中での話であり、小説版でも同様の機能が備わっているかは不明)。なお、バイクのデザインはどこぞのハードボイルド探偵の愛車と非常によく似ている(さらに言えば、あちらのバイクも変形&飛行機能が搭載されている)。小説版では最終的に探偵になったという設定が語られているが、それを意識したものなのだろうか…。

小説版

第2話「始まりの日」に登場。

宇宙怪獣ベムラーのカイジューソウルを受け継いだ怪獣娘天城ミオとして登場する。
かつてベムラーが飛来し、初代ウルトラマンと激闘を繰り広げた福島県竜ヶ森の周辺で生を受け、生活している。
移動の際にはバイクに搭乗することが多く、そのためなのか自動車の構造の知識も豊富で、ある程度の修理はこなせてしまう。
基本的にはクール性格だが、駄菓子のすもも漬けが大好物という可愛らしいところもある。

幼い頃に自分が不思議な力を宿していることを知った父親に現人神に仕立て上げられ、本人の意図しない形で、父親の経営する宗教法人「青き救世」の不正に加担させられてしまう。その後、不正が明るみになり父親は逮捕され、自身は施設に預けられていたが、暴力沙汰を起こしてしまったことが原因で叔父に引き取られ、以降は竜ヶ森湖で暮らしてきた。こうした生い立ちを経験したことから、父親に対しては今でも強い不信感を抱いている(ただ、暴力事件については、父親の悪口を言った施設の他の子どもに対して怪獣娘としての本性を顕にして襲い掛かったというのが真相だったらしく、このことから主人公の多岐沢マコトは、「怪獣娘が社会から虐げられる存在になることを防いでくれたという点から、父親のことを完全に嫌っているわけではないのではないか」とも推察している)。

上記のような生い立ちを経験したためか、長いこと自分が怪獣娘であることを周囲には隠して生活を続けてきており(叔父もそうした彼女の意を汲んでか、当初は姪が怪獣娘であることを隠そうとしていた)、人間と怪獣娘の共生にも悲観的であった。
それでも、完全に人間への情愛を捨てたわけではなく、その後川で溺れていた少女:日吉ジュンを助けたことで、謀らずも怪獣娘が決して危険な存在ではないことを世間にアピールする結果となる。その後、彼女はマコトの勧めもあって自分が怪獣の因子を受け継いでいる存在であることを世間に公表し、そしてそれをきっかけに世界各地で彼女と同じように怪獣の魂を受け継いだ少女、怪獣娘の報告が相次ぐこととなる。
そして、これはやがて国際怪獣指導組織「GIRLS」の発足へとつながっていくことになるのである。

現在は私立探偵事務所「ブルーコメット」を営んでおり、事業拡大のためにから東京新宿へと上京する予定とのこと。この時、通販で購入したありったけのすもも漬けを主人公の多岐沢マコトに送り届けており、彼を苦笑させていた。

今のところ、直接登場したのはこのエピソードのみであるが、彼女の存在なくしては後のGIRLSの設立はありえなかったとも言えるため、世界観全体でみるとかなりの重要キャラである
この時の出来事は、「御徴(みしるし)川決壊事件」として記録されており、アニメ版でも第8話でゴモラやかぷせるがーるずたちがそのことについて言及するシーンがある。
また、彼女の助けた少女:日吉ジュンは、後に別の怪獣娘の成長に大きく貢献することになるのだが、これはまた別のお話。

ちなみに、重要キャラ設定のベムラーという点が、上記『ULTRAMAN』に登場したものを彷彿とさせる(さらに言えば、小説版自体も『ULTRAMAN』と一部の設定・雰囲気が似ていると言われている)という声も。

オマージュ

宇宙恐竜ヤナカーギー

ウルトラマンティガ第49話「ウルトラの星」に登場。
「宇宙一の暴れん坊」の異名を持ち、ティガの世界の初代ウルトラマンによって竜ヶ森湖に封印されていた怪獣。
1965年にタイムスリップした宇宙魔人チャリジャの手で復活し、チャリジャを追って来たティガを圧倒するが、円谷英二監督がウルトラマンにもらった石「ウルトラの星」が監督の祈りに呼応してウルトラマンを召還。
スペシウム光線とゼペリオン光線の同時照射を受けて倒された。

ビースト・ザ・ワン

映画ULTRAMANに登場した怪獣で、地球で最初に現れたスペースビースト
詳細は該当記事を参照。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ベムラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168539

コメント