ピクシブ百科事典

ベロクロン二世

べろくろんにせい

ベロクロン二世は、ウルトラマンA、ウルトラマンタロウに登場する超獣である。
目次[非表示]

データ

別名:ミサイル超獣
身長・体重:初代と同じ。
ベロクロンが女ヤプールに操られて復活した超獣。
初代と異なる点は、人間と同様の「白目の中に瞳がある眼球」、尻尾があること、から光線を撃てるようになったこと、口から泡状の液「ベロクロ液」を吐けるようになったことである。
北斗からは「ベロクロンに似た超獣」と呼ばれていた。
最初は、北斗星司悪夢に登場し、火炎放射“デーモンファイヤー”(「ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑」で命名。エレキングの“放電光線”やビルガモの“バルタニックウェーブ”など既出の名が出る中、なぜかベロクロ液でなくさほど印象に残らないこちらが紹介された)やベロクロ液でAを苦しめた。
その後地球で出現し、Aとは相撲を取りビルのタンクをボールにしてのやりとりもしながら戦ったが、最期はAに折られた鼻の角を腹部に刺され絶命。亡骸は宇宙へ運ばれた。
縫いぐるみはベロクロンではなくマッハレスの改造版である。

内山まもるによる漫画版では、コイツがラスボス。北斗も「まさか最後の敵がベロクロンとはな」と驚いている。

改造ベロクロン二世

ミサイル超獣 改造ベロクロン二世


別名:ミサイル超獣
身長・体重:初代と同じ。
ベロクロン二世がさらに改造・強化された超獣。ベロクロン二世と比べるとやや太め。

海野八郎の奮戦によって窮地に立たされた改造ベムスターを援護する目的で改造巨大ヤプールが送り込んだ。改造サボテンダーより少し遅れて登場し、彼らと共にウルトラマンタロウと戦おうとするが、宇宙科学警備隊ZATのスカイホエールの攻撃に阻まれ、タロウと戦うことなくレーザー砲を連続で浴び倒れた。

「ミサイル攻撃を買われて復活された」とする書籍もあり武器は強化された火炎とミサイルとされているが、設定のみで使われることはなかった(というか使う暇がなかったのかもしれないが)。ちなみに、鳴き声は初代及び二世のものではなく、帰ってきたウルトラマンに登場する怪獣ゴルバゴスのものである。

ゲーム『ロストヒーローズ』にもベロクロン、サボテンダー共々参戦。

登場したウルトラシリーズ及び話数

ウルトラマンA
第48話「ベロクロンの復讐」

ウルトラマンタロウ
第30話「逆襲!怪獣軍団」(改造)

関連タグ

ウルトラマン 超獣
ベロクロン ヤプール

pixivに投稿された作品 pixivで「ベロクロン二世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1150

コメント