ピクシブ百科事典

ペイントツールSAI

ぺいんとつーるさい

SAIは、SYSTEMAXが考案・作成した画像描画用ソフトウェア。正式には「ペイントツールSAI」、または「EasyPaintTool SAI」と呼ばれる。
目次[非表示]

ペイントツールSAI

SAIは、SYSTEMAXが考案・作成した画像描画用ソフトウェア。正式には「ペイントツールSAI」、または「EasyPaintTool SAI」と呼ばれる。

概要

元はシャープX68000向けに作られたという歴史の長いソフト。当時X68000向けのペイントツールといえばZeitのZ'sSTAFF PRO-68kがよく知られていたが、同ソフトは高価で重かったことから後のSYSTEMAXの社長・小松浩司が作り始めたのが「フルカラーペイントツール-彩-」である。
尤もこのソフトが実用的なレベルに達した1997年頃にはX68000自体があまりにも旧式なデバイスとなってしまっており、2000年からはWindows環境へ移行した。但しこれら「彩」は現在のSAIの直系ではない。「彩」系列は2002年で開発終了となった。
「SAI」としての開発開始は2004年で、2006年から試食版として機能制限付きで無料配布されていた。正式リリースは2008年2月25日であった。

デジタル絵画を描くために必要な機能のみ搭載されているため、値段の割に高機能で使いやすいインターフェースなので利用者は多い。正式リリース後数年間pixivの使用ツール一覧での利用イラスト数1位を誇っていた。

フィルタが少ない、グラデーションツールが無い、指先ツールがないなど、使い込むにつれ、些細な違いが気になるユーザも多いため、バージョンアップによる機能追加が望まれるところではある。

後発のopenCanvas/CGIllustIllustStudioなどが登場して徐々にユーザーを減らしているものの、PhotoshopPainter等に比べて圧倒的にコストパフォーマンスが良いことは相違なく、そのユーザ数の多さから、案内書籍・雑誌解説記事等も相当数が発行されており人気の高さを伺わせる。

主な特徴として、ブラシツールがキャンバス回転やマウス座標に依存しないタブレット描画が可能であるため滑らかな線を描くことができることと、ベクターブラシツール(ペン入れレイヤー)がストローク、制御点、筆圧の効果を編集できることであり、これらのことからペン入れ用に限定してSAIを使うユーザーもいる。

その反面、彩色能力が若干力不足であることや、描画機能に特化したことで図形や文字に関する機能、レタッチ機能がほとんど搭載されていないことから、PhotoshopCorel Paint Shop Proなどのペイントツールとの連携が推奨される(後述の業務提携の恩恵を得られるため、現在はCLIP STUDIO PAINTopenCanvasとの連携が推奨される)

また、画像サイズが1万px以上のものや高解像度の画像ファイルは編集することができない。なお、テキスト入力機能がないので他のソフトと連携する必要がある。非公式のテキスト入力ソフトも存在するが、プログラムをいじる必要があったり不具合が出ても正式に対応していないので注意。

なお2008年12月にV1.1.0が登場してから長らく開発が停止していたが2012年8月13日にver1.2.0β1(テスト版)を公開。小松氏いわく、当時しばらくスランプになりプログラムも書けなかったとのこと。
新バージョンはWindows7の64bitにも対応する予定だったのだが、すぐにWindows8が出てきたため対応すべく更新を開始。
しかし2012年8月18日に公開されたver1.2.0β4(テスト版)はインターフェイスが対応しないという理由で公式にWindows8非推奨となった。これを解決したver1.2.0β5(テスト版)公開は2013年3月16日までずれこむ。

2014年3月10日にWindows7およびWindows8 x64環境に対応する1.2.0が公開された。
これをもってバージョン1系のメジャーアップデートは終了し、SAI2.0の開発に専念すると発表。但しSYSTEMAXは社長の小松氏が一人でソフトウェアを開発している個人企業のため、公開は当分先になると考えられる。

他社ソフトとの連携機能

2012年にSYSTEMAXを中心に設立されたコンピューターアートテクノロジーコンソーシアム(CAT)にはSYSTEMAXの他にPGNとセルシスが加盟しており、各社のソフトウェア同士の互換性向上と相互開発支援を行うとされる。
現時点ではその成果としてSAI 1.1.0以降、openCanvas 5.5.20以降、CLIP STUDIO PAINT 1.3.0で透明度を含むデータの相互コピーアンドペーストが可能になっている。
なおCATにはこのほかTINAMIibisPaintも参加している。

主な機能

レイヤー合成モード

通常/乗算/陰影/スクリーン/発光/オーバーレイ/明暗/カラー2値化

対応ファイルフォーマット


PSDはレイヤーを保持したままインポート・エクスポート可能。
PNGおよびTGAはアルファチャンネルを含めた32bitフォーマットでインポート・エクスポートすることが可能。

関連イラスト

saiのペン入れツール講座
SAIでけーねメイキング


SAIの機能解説【ブラシ編】
SAIでアナログぽいペン入れの講座ぽいもの



関連タグ


外部サイト

SAI公式サイトSYSTEMAX

他の記事言語

SAI

pixivに投稿された作品 pixivで「ペイントツールSAI」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39356

コメント