ピクシブ百科事典

ペガッサ星人

ぺがっさせいじん

ペガッサ星人とは、ウルトラシリーズに登場する宇宙人。初登場はウルトラセブンの第6話「ダーク・ゾーン」。
目次[非表示]

データ

身長2m
体重120kg
出身地ペガッサ星
別名放浪宇宙人
日笠潤一(昭和版)/佐藤正治(平成版、侵略派)、外村ひろき(平成版、穏健派)


概要

宇宙でも有数の技術文明を誇る宇宙人。しかし、母星は既に荒廃しており、現在は宇宙空間に存在する人工巨大都市ペガッサシティに居住している。ペガッサシティの動力系が故障し、地球衝突の危機に陥ったため、地球に軌道変更を要求。いざという時のために地球を破壊するための工作員を潜ませる。

この工作員が第6話「ダーク・ゾーン」のメインとなるペガッサ星人である。彼は事故で負傷しており、「ダークゾーン」という技術で姿を隠してアンヌの部屋に潜む。そしてその状態でアンヌやダンに接触し、談笑するまでの仲になる。しかし、地球の軌道変更が不可能だと知ると、地球を爆破することを決意。アンヌとダンに共に地球を脱出するよう忠告する。しかし、ペガッサシティは逆に地球防衛軍に破壊され、その事実を知ると復讐を誓う。そしてペガッサガンを用いてウルトラセブンと戦うも敗れて負傷。その後はどこかへと去っていった。

ウルトラシリーズでは勧善懲悪では割り切れない敵が度々登場するが、「侵略の意図の無い宇宙人と利害が対立し、結果として地球人側が加害者となってしまう」、という図式の代表例。

平成ウルトラセブン

オリジナルビデオ作品である『ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』にも登場。ただし、テレビ版と同一のペガッサ星人は登場しない。かつてペガッサシティと多くの同胞を奪った地球人を激しく憎み侵略を試みる復讐派と、ただ平穏な暮らしを求め、地球人との共存を目指す穏健派とで対立している。

復讐派ペガッサ星人

ペガッサ星が滅びた際にペガッサシティに移らず他の天体に避難したペガッサ星人達に応援を頼み、攻撃兵器として改造したダークゾーンを使った地球攻撃を企んだ。この段階でイナガキ参謀の造反もあり地球防衛軍の将校に成りすましたペガッサ星人が紛れ込んでいた。
カザモリ・マサキと接触したのはこちらのペガッサ星人で、セブンの力を受け継いでいたカザモリをセブン本人だと思い、正当性は自分達にあると主張したがサイジョウ参謀に撃たれて死んだ。(サイジョウ参謀はペガッサ星人が紛れ込んでいた事に気づいていなかったと思われる)
だが穏健派ペガッサ星人のリーダーによってダークゾーンを無効化され計画は失敗したが、今度は同じく地球に潜伏してオメガファイルを狙っていたゴドラ星人と結託し、サイジョウ参謀、イナガキ参謀、ウルトラ警備隊のメンバーを除き上層部含め成りすまして、地球防衛軍本部を制圧していた。

穏健派ペガッサ星人

ペガッサシティ崩壊後地球に避難し、地球人に紛れてひっそりと暮らしていこうとしている。
この穏健派の1人がウルトラ警備隊と接触し穏健派と復讐派について説明した。
そのうちのリーダーである女性ペガッサ星人(演:桜井浩子)は地球の保育園の園長であるサユリ先生に変身し、たくさんの地球の子供たちを育ててきた。その中にはウルトラ警備隊のサトミも入っていた。(こうなった理由はかつてのペガッサ市爆撃の時に息子を亡くした事も関係する)
復讐派ペガッサ星人が地球攻撃用ダークゾーンを展開した際、リーダーはオルゴールの中に隠されていた装置を使いダークゾーンと運命を共にした。

ウルトラマンオーブ

第22話『地図にないカフェ』に写真のみで登場。

ブラック指令の営むカフェ・ブラックスターの常連だったようで、メッセージボードには「地球にお立ち寄りの際にはぜひブラックスターへ★」というメッセージが残されていた。

他の宇宙人と同じく、地球を後にしたと思われる。ウルトラセブンとは別次元の世界なので、穏健派でも復讐派でもない個体だったのだろう。

人間態ボブカットの女。

ちなみに、第6話では「現代のダーク・ゾーン」という台詞が登場し、同話の「サブタイを探せ!」の答えになっているが、この台詞は次回予告で先に使われてしまっていた

ウルトラ怪獣擬人化計画

円谷プロ公認(!)の擬人化企画で美少女化されたペガッサ星人。

ペガッサさん


正式名はペガッサさんゴスロリ風のファッションに身を包んでいるのが特徴。
ペガッサガンと思われる武器もちゃんと携行している。痴漢の撃退くらならできるよ!
デザイン担当は漫画版も担当している爆点童氏。
キャッチコピーは「気弱なかくれんぼ宇宙人ペガッサさん」。原作でアンヌ隊員の部屋に身を隠していたことを反映したものだろうか…でも、気弱っていうのは違う気がするが……。

漫画版

主人公ゴモラベムスターの属する怪獣図鑑制作部の新部長として登場、準レギュラーとして活躍中。
年齢の割に身長が低く、幼児体型気味であり、自身もそのことを気にしているような言動がたまに見られる。ガッツからは何かと構われ若干ウザがっている節もあるにはあるが、基本的には良い友人関係を築いており、彼女が防寒のためとはいえベムスターにモフモフした際はふてくされるなどペガッサの方も普段の関係がまんざらではないと感じているような描写もある。

ウルトラ怪獣擬人化漫画14


また、第16話で原典同様ダークゾーンを作り出せることが判明。ただし、幼少期にガッツ星人にいたずらされそうになったため、現在はダークゾーンの形成を控えているようだ。

小説版

ペガッサ星人の魂を宿す怪獣娘沢中イズミとして登場。
GIRLSの研究開発部門に所属しておりソウルライザーの開発にも深く携わっている。彼女の尽力によりソウルライザー量産化の技術的問題が解決することとなった。ダークゾーンを作り出す能力はこちらでも健在。
エンジニアのようなポジションでの登場は元々のペガッサ星人の「高度な科学力・技術力をもつ」という設定を反映したものとも考えられる。

余談

  • ごと飲むことができるようだが、その様子は後ろを向いていたので不明。(恥ずかしいから見ないでくれ、と言っている)
ペガッサからのお願い


  • 小説版「ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント」によると、ペガッサ星人が地球に持ち込んでいた地球破壊用の爆弾に備えられていた装置(岩石を音波で砂レベルで破砕するシステム)は後にウルトラ警備隊によって解析され、最強の地底戦車マグマライザーに実装される事になったと言う。つまりは、ペガッサ星人は図らずも地球防衛組織の最高技術「メテオール」を最初に地球にもたらした事になり、後のガッツ星人ゴース星人からすれば、「余計な事をしてくれた」と喚きたくなる最悪の事態だったと言えよう。
  • 更に地球破壊爆弾そのものも解析され、後のウルトラシリーズに登場する惑星破壊兵器のベースになった可能性が非常に高く、ギエロン星獣ムルロアガウス等の犠牲者を生み出す羽目になってしまった。
  • PS『スーパーヒーロー作戦』では、キングジョーによってペガッサシティの航行システムが破壊され、原作通りの結末を迎えることとなった。なお、キングジョーを製作したペダン星人は本作においてはメフィラス星人配下の宇宙脱獄囚の結成した犯罪結社「ETF」の構成員であり、この行為も「緊急避難とはいえ、のないペガッサ星人を殺害した既成事実を作り、その罪状を押し付けて地球を銀河連邦警察の管轄外にする」という作戦の一部であった。ペガッサ星人は全くこの事実を知らされておらず、結果的に殺され損になってしまった。
  • 小説仮面ライダークウガに登場するとある掲示板に『夜中に走って何してるんだ。ペガッサ星人か』という書き込みがある。

関連項目

ウルトラセブン マグマライザー

pixivに投稿された作品 pixivで「ペガッサ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120271

コメント