ピクシブ百科事典

ペズン・ドワッジ

ぺずんどわっじ

MS-10ドワッジ(通称ペズン・ドワッジ)は、MS-Xで設定されたモビルスーツ。

概要

MS-10ペズン・ドワッジ(PEZUN DOWADGE)は、プラモデルを中心として展開される予定であった企画『MS-X』に登場するモビルスーツ

一年戦争末期に劣勢となったジオン公国軍の生産工場があったとされる小惑星ペズンにおいて企画・立案された、ペズン計画によって開発されたモビルスーツである。
型式番号がMS-10のため、ドム及びリック・ドムの発展型と考えられている。
ドワッジの名称は既にMS-09Gに用いられており、本機は混同を避ける為に「ペズン・ドワッジ」と呼称されている。

もともと陸上用に開発されたドムを宇宙空間で使用できるように改良したリック・ドムはそれなりの戦果はあげたものの、ドムに比べ稼働時間が大幅に制限されるなど問題は残っていた。そのためリック・ドムの発展型として宇宙用に再設計されたのが本機である。
これまでのドム系列の特徴である重装甲、重火器装備に加え、その重装甲を生かした対MSの白兵・格闘戦も考慮しており突撃型とも言われている。
ゲームブック『最期の赤い彗星』では高出力という点が強調され、リックドムを容易くねじ伏せるほどのパワーを発揮している。

武装は固定武装としてヒート・サーベルを装備。リック・ドムとは異なり腰部に水平に装備する。携行武装として改良型のジャイアント・バズ、および8連装420mmロケット砲がある。さらに、ビーム・キャノンも用いることができるが、ジェネレーター不足のため、2機1組となって運用するものであった。なお、左胸部にはドムにおける拡散ビーム砲とおぼしき形状が見受けられるが、これが同様の武装であるかどうかは明らかになっていない。

関連タグ

ドム リック・ドム リック・ドムⅡ ドム・トローペン ドワッジ ドライセン

pixivに投稿された作品 pixivで「ペズン・ドワッジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46950

コメント