ピクシブ百科事典

ペニーワイズ

ぺにーわいず

ペニーワイズとは、ドナルド・マクドナルドの裏の顔………ごめん、嘘だよ。
目次[非表示]

概要

スティーブン・キングの小説『IT』(イット)に登場する殺人ピエロである。
立場は『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガーと同じと言えばわかるだろうか。
30年前、子供達が"IT"(ヤツ)と呼んでいた謎の道化師ペニーワイズのものと思われる連続児童殺害事件が発生。
真相を掴むため、30年前の子供達がペニーワイズの謎を探る。
というのが大まかなあらすじ。

映像化

『IT』は後に1990年にテレビ映画(ドラマ)化されている。ペニーワイズ役はティム・カリー。
また、ワーナーブラザーズが劇場映画化する旨を発表している。

劇中での所業

殺人ピエロであるペニーワイズは、陰湿な精神攻撃や不気味な魔法を使って子供達を殺害していた。
だが、彼によって殺された遺族の少年少女らによって結成されたグループ『ラッキー7』の調査によって居場所を突き止められる。
時々見せる牙をむき出しにした顔↓

Penny Wise



でエディーを殺害しようと試みるも、偶然用意していた水入りスプレーを掛けられてせっかくの顔を台無しにされ、さらにベヴがパチンコで放った銀弾が直撃し、顔の左半分を破壊されてしまう。
さすがのペニーワイズも形勢不利だと判断し、逃亡を図るもラッキー7によって手を捕まれた際に手袋を外して本来の手を現した。

モデル

実在した、ジョン・ウェイン・ゲイシー(John Wayne Gacy)と呼ばれるアメリカを一時期恐怖に陥れた殺人鬼をモデルとしている。
小さな男の子を誘惑し、犯し、そして殺す。
それを何回も何回も続け、33人も殺した恐ろしい人間である。
子供を楽しませるためにピエロの姿をしていたが、それを逆手に取って近づき殺し続けた(被害者の多くが、ゲイシーの運営する会社でアルバイトをしていた学生や未成年のフリーターであった。
遺体の多くが自宅の床下に埋められたが、発見時には部屋中に腐敗臭があっという間に立ち込めてしまうほど酷く腐敗が進んでおり、現場に足を運んだ警察関係者に健康被害をもたらしかねないほどであったという)。
故についたあだ名が"Killer clown"、殺人ピエロである。当然こいつは死刑に処されている。

ペニーワイズは人間離れした技、どこか得体のしれない魔法のようなもので相手を追いつめて殺害しているものの、その本質的、根本的なところはこのゲイシーと同じである。

二次創作での扱い

ドナルド・マクドナルド関連のMADにおいて、ホラー的要素あるいは不意打ち要素としてこのペニーワイズが使われる事が多々ある。
というか、近年ではMADを通じてこいつを知ったという人の方がどう考えても多い気がするのだが。
両者共に外見がピエロというだけで当然の事ながらそれ以外に接点はないのだが、「ドナルドのうわさ」空耳からもわかるように、インターネットの片隅ではドナルドの二次設定バイ(基本は男子だが)という設定が付けられており、「ドナルドは、男子に夢中なんだ♂ホラね、自然に体が動いちゃうんだ☆」というセリフで、おそらくこいつが繋がったものと思われる。
他にも『IT』のDVDのパッケージがニコニコ市場にズラリと並んだ時のインパクトの強さも関係を強めた理由の一つでもある。

関連イラスト

永遠のトラウマを描いてみる
ホラー映画



関連動画




関連タグ

IT(ホラー映画)
小説 / ホラー小説
映画 / 洋画 / ホラー映画 / 映画の一覧
スティーブン・キング ドナルド ピエロ 道化師 殺人鬼
みんなのトラウマ

外部リンク

Wikipedia
ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「ペニーワイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98533

コメント