ピクシブ百科事典

ペンタゴン

ぺんたごん

ペンタゴン(Pentagon)とは、以下のものを指す。
目次[非表示]
  1. 英語で五角形のこと。→五角形
  2. アメリカ国防総省。もしくは国防総省の庁舎(上空からみると五角形の形になっている)。
  3. ゆでたまご漫画キン肉マン』および『キン肉マンⅡ世』に登場する超人本項で解説。


概要

CV:戸谷公次(第21回超人オリンピック)、田中秀幸(夢の超人タッグ編およびキャラソン)

テリーマンスペシャルマンと同じくアメリカを代表する正義超人
曲者ぞろいの正義超人の中では温厚で純粋な性格の持ち主。
超人強度は70万とさほど高い数字ではないが、顔面の五芒星)を動かすことで限定的ながら時間・空間を操るという時間の神クロノスの名を冠した正義超人中でもぶっちぎりにチートな能力、「クロノスチェンジ」という技を持つ。また、背中のを使って自由自在に宙を舞う空中殺法も得意としている(というより本来のメイン戦法はこちら)。

また、web版では、どこかの星からやってきたアメリカの超人であることが明らかになった。

後に従兄弟である悪魔超人ブラックホールと『四次元殺法コンビ』を結成している。タッグ戦ではパートナーのブラックホールの四次元交差と相俟って極めてトリッキーな戦いをみせる。

実は17歳である(初登場時)。また作中世界では女性ファンが多く、モテるらしい。
あとキン肉マンレディーでは、一番エロいシーンをやってくれました。
キン肉マンⅡ世』では、ヘラクレスファクトリー教官に就任。第22回超人オリンピックにて万太郎vsケビンマスクの決勝戦の立会人の一人を務めた。

得意技は「スペースファルコン」「スペースシャトル」「ストップ・ザ・タイム」等。

容姿

ほぼ全身一色のタイツに顔には星のマーク、背中にという極めてシンプルな容姿はタッグパートナーのブラックホールと並び、作中でも異彩を放つデザインであり、根強いファンが存在する。
忘れられがちだが首筋からのような突起が生えており(劇中でも度々書き忘れられる)、腕に赤いラインが存在する場合としない場合が存在する。
アニメでは赤いトランクスを穿いていた。

活躍

第21回超人オリンピック

この大会が初登場。超人オリンピック ザ・ビッグファイトにテリースペシャルに代わりアメリカ代表として出場、予選を突破し、決勝トーナメントの組み合わせではAブロックのシード権を得た。
アニメでは組み合わせ抽選会の際、大砲で撃ち出され、空を舞って入場していた。

決勝トーナメントではティーパックマンを破り勝ち上がってきた、ソ連代表のウォーズマンと対戦が決まる。その際ウォーズマンに握手を求めるが、受けてもらえなかった。
「米・ソの超人大戦」と称されたこの試合ではペンタゴンが空中殺法で闘いを優位に進め、フライング・ソーセージでとどめに入るが、突如飛び上がったウォーズマンにより翼を千切られ、顔面をベアークローで引き裂かれ敗北
千切れた翼はキン肉マンのコスチュームとして廃品利用されている。

何とか一命は取り留めたが、その後ウォーズマンの残虐行為を許す超人オリンピックに失望したらしく、「荷物をまとめて退散」と言っていた。

悪魔超人襲来編

7人の悪魔超人編ではキン肉マン対ブラックホール戦を観客席でスペシャルマンたちと観戦。キン肉マンを応援し、「できれば代わってやりたい」と語っている。

黄金のマスク編では後楽園球場で超人体力測定を受けていたが、悪魔六騎士に他の正義超人同様パワーを奪われ、生命維持装置に入った。

夢の超人タッグ編

従兄弟であるブラックホールとタッグを組んで四次元殺法コンビを結成。
正義超人委員会から宇宙超人タッグ・トーナメント出場の推薦を受ける。作中では描かれていないが、銀河系超人タッグタイトルをスカイマンカレクック組から奪取している。

トーナメントでは1回戦でマッスル・ブラザーズ(キン肉マン、キン肉マングレート)と対戦。ブラックホールの四次元殺法とクロノス・チェンジで善戦するも、仕掛けを見破ったキン肉マンと、四次元から脱出したキン肉マングレートのツープラトンであるマッスル・ドッキングを史上初めて受け敗退。

キン肉星王位争奪編

一時的に死亡しており王位争奪戦一回戦の時点では超人墓場で浮遊していたが、決勝時に復活。ネプチューンマンのメッセージに感動し全世界の正義超人と合流。
キン肉マンの応援に大阪城に駆けつけ、瀕死のキン肉マンにエールを送った。

完璧超人・無量大数軍

2010年代にWebで再開された『キン肉マン』では、ブラックホールが完璧超人ジャック・チーに止めを刺されそうになる中、「光さえも吸い込む至高のブラックホール」によって空間が歪んだことでブラックホールと意思を通わせる。
正義超人悪魔超人というイデオロギーを超えた友情と、「勝つためには手段を選ばないのが悪魔」というブラックホール自身の言葉から、試合の最中にブラックホールの身体が裏返るようにしてペンタゴンにチェンジ。
上記の必殺技を全て叩き込み、さらに「クロノスチェンジ」でジャック・チーの「フォーセットクラッシャー」を返し、そしてブラックホールに止めを刺させるという、まさに「伝説超人」にふさわしい(というか、35年近くの中で最高の)活躍を見せた。

関連イラスト

(☆)ノシ
四次元殺法コンビ



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ペンタゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 522048

コメント