ピクシブ百科事典

ホエルオー

ほえるおー

ホエルオーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]
No.321 ホエルオー



基礎データ

ずかんNo.321
英語名Wailord
ぶんるいうきくじらポケモン
タイプみず
たかさ14.5m
おもさ398.0kg
とくせいどんかん / みずのベール / プレッシャー(隠れ特性)


※どんかん:「メロメロ」状態にならず、「ゆうわく」「ちょうはつ」を無効にする。
※みずのベール:「やけど」状態にならない
※プレッシャー:自分がわざを受けると相手のわざのPPを1つ多く減らす(バトル時)
        手持ちの先頭にいるとレベルの高い野生のポケモンに会いやすくなる(フィールド時)

進化

ホエルコホエルオー(Lv.40)

大海原



容姿

巨大ヒゲクジラとくにナガスクジラ科の姿をしたポケモン
全体的にい外見をしており、腹部はくなっている。
胸ヒレは4つある。尻ビレが2つある。また背面には細長の白い模様が一定間隔である。

概要

『ポケットモンスター ルビーサファイア』(第3世代)から登場したポケモン。
名前の由来は恐らく「ホエル(Whale:英語で鯨の意味)&ほえるオー()」
ホエルコLv40で進化することが出来る。

大海原をゆったりと泳ぎ、海面から出した鼻で呼吸している。
思いきり空気を吸い込めば、水深3000メートルまで潜ることが可能である。
群れで獲物を追い込み大きな口で、一気に大量の餌を飲み込んでしまう。つまり肉食である(というか、水中生物で植物食は、ジュゴンやプランクトンなど一部に限られる)。
その際、獲物を追いたてる為に海中からジャンプして大きな水しぶきを上げる。
ホエルオーの群れでジャンプする姿は大迫力である。

あの小さな尾びれで推進力を確保できているのか不明ではある。クジラにとっての攻撃法は、超音波と噛みつきはマッコウクジラに限られるので、ホエルオーのモチーフであるヒゲクジラにとって、体重を活かした頭突き、頭のコブ、意図的にフジツボを付着させた疑似メリケンサック、シャチをも一撃で殺す胸ビレでの一撃、そして生物界最強の破壊力を生み出す尻尾での一撃があるのだが、ホエルオーはどれも使えないような身体をしている(軽すぎる体重、風船のように弾力性のある身体、短くて小さい胸ビレと尾びれ、コブもフジツボもない身体)。

特筆すべき点として、
現在登場しているポケモンの中では、一番の大きさを誇っている。
ゆえに集合イラストでは伝説級のポケモン達と並ぶ大きさで目を引く存在である。
その反面、何故かモデルとなったクジラと比較して異常なほどに体重が軽く設定されている。
ポケモン全体に言えるのだが、小型のポケモンは異常に重く、大型種はありえないほどに軽い。

ホエルオーに関しては、体内構造が風船状態か密度がスカスカになっている可能性がある。計算上は空気よりも軽いのだ。ここまで軽いと、例え水をたっぷり飲み込んでも水深3000mなんぞに潜れる訳がなく、ましてや空気を溜め込めば尚更なのだが…。マッコウクジラのように、脳油みたいな物質を温度調節して重くしているのだろうか。また、あの小さな尾びれで推進力を確保できるのだろうか?
(ちなみにシロナガスクジラは最大で200t弱

戦闘時は画面の範囲内に入るように縮小されて表示されるのでかなり小さくなる。
大小問わず双方のポケモンを最大6匹画面に入れなければならない以上、ある程度は仕方がないことではあるが、並のポケモンより小さく見えるのは、やはり最大の冠を持つポケモンとしては悲しい所。
ポケパルレやORASの図鑑で見ることが出来る身長比べ等ではその大きさを余すところなく発揮している。

クジラをモデルにしている為、「しおふき」を覚えることが出来る。
また『ルビー・サファイア』のゲーム上に登場する「おふれのせきしつ」をクリアするのに必要なポケモンでもある。

初登場のRSE以降全世代「すごいつりざお」で入手可能であるが、
一体全体どのような理屈なのであろうか。

イッシュ地方マリンチューブ内で、時折チューブの傍を横切る姿が見られる。
一度でも目撃すればメダルがもらえる。

ゲーム上の特徴

「HP」の数値がずば抜けて高く、全ポケモン中"4位"である。
その上で「こうげき」・「とくこう」もやや高くなっている。
ただし、「ぼうぎょ」・「とくぼう」はかなり難がある。
そのため、耐久力は実はそんなには高くない。
たまに勘違いされることがあるが、ひこうタイプはついていない。

驚異の高さを誇る「HP」を利用しての耐久型が向いているポケモン。
その耐久力をさらに強化する為に「ドわすれ」・「のろい」が技の候補に挙げられる。
またHGSSでは、「アクアリング」が習得可能となり、より耐久戦に持ち込みやすくなったが、技のスペースを圧迫しやすい。
物理技としては、「たきのぼり」、「じしん」、「ゆきなだれ」、「じわれ」などが挙げられる。
また『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギアの教え技で「じばく」が習得可能である。

特殊技としては、「ハイドロポンプ」、「れいとうビーム」などの他に、
強力なみずタイプ技である「しおふき」を覚えることが出来る数少ないポケモンである。
「しおふき」を生かす場合は、「こだわりスカーフ」を持たせて、先制攻撃で圧倒する戦術もある。
ただし、ホエルオー自体はそれほど速くないので過信は禁物である。

隠れ特性は「プレッシャー」。
普通プレッシャー持ちと言えばミュウツーのような伝説ポケモンヨノワールのような黒い設定を持ったポケモン、その他強面なポケモンに付けられる事が多い特性。
ホエルオーの場合はプレッシャーを放っているという意味では間違ってないのだが、
何かベクトルが違う気がする、何か。

こんな図体でも体長10cmのバチュルと相対すれば特性「きんちょうかん」により、きのみが食べられなくなる。
・・・確かにうっかり踏み潰しかねないので緊張感はあるかもしれない。
ただ、こんだけ軽いので潰せない可能性もあり、噛まれたり刺されて風船のように穴を空けられる可能性への緊張感なのかもしれない。

たかさ0.1mのバチュルのきんちょうかん!



ちなみにトリプル(ローテーション)バトルをホエルオーだけでやると酷い光景になる
最早3VS3で対戦している事すら分からない。

ヒゲクジラとしての性質を考えるなら、タイプにノーマルタイプこおりタイプの追加、特性に「あついしぼう」、攻撃技に「のみこむ」&「はきだす」、「ばくおんぱ」や「うたう」、「ほろびのうた」などを覚えても良さげではある(覚える技的にはラプラスジュゴンなどの方が鯨類っぽいかも)。また、ポケモン史上でもっとも「しおふき」が似合うポケモンだが、それが活かされる特性などはない。

主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

ホエルオー
海中遊泳


いざ出航!
ひなたぼっこ



関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ 
クジラ RSE 
ガメラ怪獣(同じくスカスカという意味で)
ホエールキンググレートシングジュウオウホエールカイオーガ (クジラモチーフで王/皇)

pixivに投稿された作品 pixivで「ホエルオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1367730

コメント