ピクシブ百科事典

ボストロール

ぼすとろーる

ボストロールとは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

ドラゴンクエスト3から初登場するが、最初はザコ敵としてではなく、ボス敵として登場。
変化の杖を使ってサマンオサ王に成りすまし、暴虐の限りを尽くしていたのだが、勇者達にラーの鏡によって正体がバレてしまったため、戦うことになる。
アレフガルドではザコ敵として登場する。

では「トロルの迷宮」というⅧで出現するトロル族のモンスターが勢揃いしているダンジョンが存在する。

以降のナンバリング作品ではザコ敵として登場し、外伝作品でも割と登場している。
ギガンテスと同様に、基本的に力任せな攻撃が多いが、意外にも初登場当時は呪文(使用呪文はルカナン)を使っていた。以降の作品は使用しなくなったが…。
また、SFC版のでは魔物使いを戦闘に参加させた戦闘で仲間にする事も出来る。
初期から見た目通りの高いHPや力はレベルアップと共にグングンと成長し、耐性面の低さと言うデメリットが気にならない強力な前衛アタッカーとして活躍させることが出来る。

ボストロール系のモンスター

トロル

系統最下位種。
体色は茶色。Ⅲで初登場。
やはり体力が高く、痛恨の一撃も繰り出すが、時々ミスしたり行動しないこともある。

トロルキング

体色は紫。Ⅲで初登場。
痛恨の一撃の他にバシルーラを唱え、仲間を弾き飛ばすことがある。
Ⅷでは体力と攻撃力が異常なほど跳ね上がった。

ダークトロル

体色は黒い緑色。
リメイクⅢとに登場。
痛恨の一撃に加え、バイキルトを唱える。

Ⅸでは呪文を使わず、ただひたすら通常攻撃と痛恨で攻めてくる。
何故か図鑑では「腕試しに丁度良いモンスター」と書かれている。

トロルボンバー

体色は濃い紫。
本編ではのみ登場。
突き飛ばしたり、力を溜めたり、痛恨の一撃を繰り出す。

トロルバッコス

体色はワインレッド。
で初登場。

名前の由来はおそらくローマ神話に登場するワインの神であるバッカス。

ショウカク

Ⅵの嘆きの牢獄に登場するボスモンスター。
オリジナル版ではボストロールのカラーを暗くしたような色だがリメイク版では何故かダークトロルと同色となっている。
攻撃→力ため→足で踏みつける→どうしていいかわからない→地響き→身代わりのローテーションで攻撃をする。

名前の由来はおそらく大日本帝国海軍の航空母艦である『翔鶴』と思われる。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ 痛恨の一撃

pixivに投稿された作品 pixivで「ボストロール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204357

コメント