ピクシブ百科事典

ボリス・ジンネマン

ぼりすじんねまん

「ルーンの子供たち」第1部『冬の剣』シリーズの主人公にしてMMORPG「テイルズウィーバー」プレイヤブルキャラクターの1人。 以下少々のネタばれを含む。
目次[非表示]

pxiv内では基本的に「ボリス」タグが使用されているが、他作品との重複が多いので作品名タグとの併用を推奨。

概要

CV:前野智昭 (ボイスドラマ※外部リンク)
ルーンの子供たち」第1部『冬の剣』シリーズの主人公にしてMMORPG「テイルズウィーバー」プレイヤブルキャラクターの1人。

トラバチェスのロンゴロードの領主の家の次男に生まれるが一族の愛憎に巻き込まれ父と最愛の兄を亡くす。(母親はすでに死亡している。)
その後も家宝の剣、ウィンタラーを狙うものに追われるが剣の師ナウプリオンに剣の腕を鍛えられ剣の手練に成長する。
過酷な人生を歩んできた所為か、懐疑主義者でなかなか人を信用しようとしない。
また、身に降りかかる災厄を退けるために幾人もの人を殺めてしまっている。

容姿は青銅色の長髪に灰色の目をしており、冬の剣2巻では、年下のリリオペにかわいらしいと表現され、3巻ではトーニャに美男子といわれていた。(なおルーンの子供たち冬の剣は12歳から始まり17歳で終わる)

第2部DEMONICでも5巻に登場し、第2部主人公「ジョシュア・フォン・アルニム」たちと知り合う。

ちなみに新書版1巻表紙に描かれた幼少期の姿は当時かなりの物議をかもした(ニーソ等)。

どうしてこうなった





以下はMMORPGテイルズウィーバーでの設定。

誕生日7月12日
血液型A
身長179㎝
アーティファクトウィンターラー(兄の形見の剣)
前世ウィンター


17歳。
アノマラドでは珍しいグレーブルーの瞳と、腰まで長く伸ばした紫色の髪が印象的な少年剣士。
あまり大きい体格ではないにもかかわらず、両手剣と大剣を自由自在に扱える力と技術を持つ。
愛剣ウインターラーは、7年前に行方不明になったボリスの兄イェフネン・ジンネマンに託された強力な魔力を持つ魔剣であり、ある理由のためその力は封印されている。
いかなる状況でも冷静でポーカーフェイス。合理的で極めて個人主義者のため特別な場合をのぞいて絶対に他人に干渉せず、関わること自体を非常に避けている。

EP1、2では一人称「俺」だったがEP3から「僕」
「ウィンターラー」は「ウィンタラー」に変更された。


基本的に公式からいじられやすく、イベントなどがあるとバニースーツや鼻眼鏡、女装と女性キャラ以上にイロモノをこなしている…。

関連タグ

ルーンの子供たち テイルズウィーバー ボリス ボリ子

カップ焼きそば現象

ユーリ・ローウェル

pixivに投稿された作品 pixivで「ボリス・ジンネマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86426

コメント