ピクシブ百科事典

ボンビー

ぼんびー

ハドソンから発売されているゲーム『桃太郎電鉄』シリーズに登場するキャラクター「貧乏神」。
目次[非表示]

概要

『SUPER桃太郎電鉄』で初登場した「貧乏神」。さらに遡ると、『桃太郎伝説』にも登場していた。

このシリーズは目的地に到着すると多額の援助金がもらえるため一気に有利になれるが、その時目的地から一番遠かったプレイヤーにはこの貧乏神がとりついてしまう。おちゃめな性格だが、本人はプレイヤーの力になろうと良かれと思ってやっていることがことごとく裏目に出て、毎回プレイヤーを困らせる。その規模は作品を追うごとにエスカレートしており、近年ではプレイヤーの資産に大打撃を与える行動が珍しくない。また、インターネットや電子マネーなどのハイテク分野のサービスなどを、知ったかぶりをして飛びついてしまう、昔の世代の人間を意識したかのような行動も多い。なんとこのキャラクターにはモデルがおり、有限会社「バナナグローブスタジオ」の榎本一夫氏。以前から『ジャンプ放送局』でさくまあきら氏や土居孝幸氏に「ボンビーエノさん」とネタにされていたため、彼が貧乏神のモデルになったのは必然的だったといえる。

また、「貧乏神系統の総称」という意味では、この貧乏神は『SUPER桃太郎電鉄II』からキングボンビーミニボンビーに変身するようになり、変身中は悪行が大幅に変化する。さらに桃太郎電鉄DX以降はボンビーのバリエーションが非常に豊富となった。

見た目に反してどこでも生き残れる強靭な適応性を持ち、氷河期の環境(凍結中の北海道)、宇宙空間、太陽光の当たる月面などでも平然とついて来る(ボンビー系全てに言えることだが)。特に銀河鉄道にてふんどし一丁でやってくる姿は驚愕せざるを得ない。さすが、「貧乏」である。

貧乏神の変身パターン

ボンビーではなかったり、変身ではないのもある。
総画数が23画(10画+ボンビー)の名前が多い。これは、23画が画数占いで縁起が良いとされているため。キングボンビーは22画だが、伸ばし棒を入れて名乗らせることで23画にしている。



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ボンビー」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87143

コメント