ピクシブ百科事典

ボーイング777

ぼーいんぐとりぷるせぶん

米国ボーイング社が設計・製造する大型旅客機。
目次[非表示]

ボーイング777ボーイング社が製造する大型旅客機であり、トリプルセブンという名で呼ばれる。 日本の国内線においては767と並ぶ幹線向け旅客機の主力である。

概要

開発の経緯

1980年代に入り、ボーイング社は既に世界最大の旅客機メーカーと言う称号を獲得していた一方で、欧州エアバス社により脅威を晒された。
事故や老朽化に騒音問題で悩まされたDC-10やロッキードL-1011が退役し、互角の飛行性能を持つ飛行機はMD-11やエアバスA330やA340となった。
特にA340は747型機には座席数では劣るが、航続距離が同等かつ、燃費は遥かにA340の方が優秀だった。
そこで、ボーイング社はB767型とB747型の間の席数を埋めるべく、新機体の開発を行うことになり、1986年にマーケティング調査を実施、新機体の設計等について各航空会社を調査した。(ワーキング・トゥゲザー⇒詳しくは後述)
その結果、1989年末にはボーイング社の承認を得て『767-X』として開発されることになった。

その後も各航空会社からも意見を取り入れつつ、1990年には『767-X』から『777』へ変更。

1994年に初飛行して、現在も運用・製造が続けられている。

飛行機の基本データ

初飛行1994年
最高速度0.84M
現時点での生産機数902機


747に迫る輸送力を持ちながら、双発機ゆえに燃費も良好と、いいことずくめのように思えるが、実はエンジンが大きすぎるために輸送に苦労するという弱点を抱えている。
仮にエンジンが故障して現地修理が不可能の場合、予備を持ってこなければならないわけだが、このエンジンを載せて飛べる飛行機は非常に限られており、ファンを外さない状態なら、ロシアのAn-124(世界最大の輸送機)でしか運べないと言われる。
双発機の限界に行きあたったとも言える存在である。

派生形

ボーイング777には-200、-200ER、-200LR、-300、-300ERの4機種がある。
ここで書くと長くなるので、これ以降はWikipediaを参照してほしい。

全ての機種でいえることは、エンジンが一回り大きくなっている(双発エンジンの航空機としては世界最大級)。 双発機でかつ、B747並みのパワーを得るためにはその位必要。 でもB747よりはるかに燃費が良くなっている(技術の進歩により)
更にはエンジンの直径=737型の胴体直径と同じ大きさなので、エンジンがどれだけ大きいのかが良く分かる。

ワーキング・トゥゲザー

777はボーイングと発注した航空会社が設計上の諸問題を解決したり、航空会社が個々の要望を出していく「ワーキング・トゥゲザー」を結成した。これは777を767のただの拡大版で作ろうとした際、殆どの航空会社にダメ出しされてしまったため、開発当初からユーザーである航空会社の意見を取り入れようと考え出された。

有名なもので言うと
全日空提案:便座の蓋をゆっくりと閉める機能(よく日本のトイレで便座の蓋がゆっくり閉じるアレのこと)
・ユナイテッド航空提案:雪国で点検をする際に手袋をしたままで各部の点検用アクセスドアを開閉できるように、またそれらの多くが大きな脚立などを用意しなくても手が届くような高さにし、大型の横スライド式非常口は片手でも開閉できるようにする。

関連リンク

Wikipedia ボーイング777
ボーイング・ジャパン 777

関連タグ

旅客機 トリプルセブン B777 777

pixivに投稿された作品 pixivで「ボーイング777」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5291

コメント