ピクシブ百科事典

ポケットファイター

ぽけっとふぁいたー

「スーパーパズルファイターⅡX」を基に作られた対戦格闘ゲーム。
目次[非表示]

概要

1997年9月にリリース。
デフォルメされたストリートファイターシリーズヴァンパイアシリーズのキャラが対決する落ち物パズルゲーム「スーパーパズルファイターⅡX」の続編的作品であり、今作では実際に格闘ゲームになっている。
今作ではストリートファイター・ヴァンパイア以外に『ウォーザード』のタバサも参戦。
赤・黄・青の3色のジェムを集めることによる必殺技の強化やアイテムの使用が特徴。

また、チェーンコンボでキャラクターがコスプレ姿で相手にダメージを与えるフラッシュコンボが最大のウリで、原作ゲームからは想像できないようなコミカルな動作が魅力的。
特に、モリガンのフラッシュコンボは見ものである。
<関連動画の『超必殺技(マイティコンボ)集+α』の5:00からスタート>

現在知ってる方いますか



家庭用版

プレイステーション

1998年6月発売
容量の関係で、アニメパターンやオリジナルの演出が削られているが、オリジナルモードとして「ランニングバトル(勝ち抜き戦)」と「つくってファイター(キャラ育成AIバトル)」が追加されている。『私立ジャスティス学園』の体験版も収録。
また、ストーリーの台詞がフルボイス化している。

セガサターン

1998年7月発売
4M拡張RAMカートリッジ対応ソフトとして発売。しかし、カートリッジを付けてもアニメーションのパターンが増えるだけ。
RAMを使うだけあってアーケード版の再現度としてはこちらの方がプレイステーション版より高いものの、PS版の目玉であった「つくってふぁいたー」が収録されていないことでガッカリを抱いた方は少なくない。なお「ランニングバトル」の方は入っている。
カプコンはその後のドリームキャストに至っても、”マルチプラットフォーム”宣言をしておきながら、ドリームキャストはアーケードの移植作品のみ発売されるだけにとどまるという不条理な措置をとるようになる。

ワンダースワン

2000年4月6日にバンダイから発売
白黒画面のためジェムが色ではなく形状で区別するようになっている。独自要素として「カードファイター」を収録。
ただし、アイテムが削除、モノクロで見辛いなどの理由で移植版としてはあまり評判は良くない。

プレイステーション2

2006年5月にリリースされた「ストリートファイターZERO Fighter's Generation」のボーナストラックとして収録。
アーケードをベースにした完全移植だが、家庭用版の要素(ストーリーフルボイスやダンの真・晃龍拳)も含まれている。
「ランニングバトル」は無いが、似たような「サバイバルモード」を新たに収録している(ただし背景は既存のもの)。

プレイステーションアーカイブス

2011年4月13日からPS版の配信が開始された。

登場キャラクター 

ストリートファイター』シリーズや『ヴァンパイア』シリーズ、『ウォーザード』のキャラクターが登場する。

ストリートファイターシリーズ
リュウ(CV保志総一朗)
ケン(CV:岩永哲哉)
春麗(CV:宮村優子)
ザンギエフ(CV:高木渉)
さくら(CV:笹本優子)
いぶき(CV:天野由梨)
ダン(CV:細井治)<隠しキャラ>
豪鬼(CV:西村知道)<隠しキャラ>
(隠しキャラといっても、キャラ表示が空きになっている右上隅および左上隅に隠れているのみで、使用するための隠しコマンドは必要としない)

ヴァンパイアシリーズ
モリガン(CV:神宮司弥生)
レイレイ(CV:根谷美智子)
フェリシア(CV:荒木香恵、現:荒木香衣)

ウォーザード
タバサ(CV:石井直子)

関連動画

OP


超必殺技(マイティコンボ)集+α


外部リンク

PS版公式サイト(アーカイブ)
SS版公式サイト(アーカイブ)
WS版公式サイト
PS2版ストリートファイターZERO Fighter's Generationの公式サイト(アーカイブ)
PSアーカイブスの作品紹介
wikipedia
格ゲー.com

関連タグ

カプコン
ストリートファイター
ヴァンパイア
ウォーザード
格ゲー
格闘ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケットファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41442

コメント