ピクシブ百科事典

マグダラで眠れ

まぐだらでねむれ

『マグダラで眠れ』とは、電撃文庫より刊行されているライトノベル。
目次[非表示]

概要

著:支倉凍砂、イラスト:鍋島テツヒロ。既刊は3巻。

狼と香辛料』に続く、ファンタジーライトノベル。同じく中世ヨーロッパをモチーフにしている。
現時点では不明確だが、人々に忌み嫌われる錬金術師、「教会と異教徒」、「人ならざる者」等の設定が共通しており、前作との関連性を匂わせている。

あらすじ

人々が新たなる技術を求め、異教徒の住む地へ領土を広げようとしている時代。
錬金術師の青年クースラは、研究の過程で教会に背く行動を取ったとして昔なじみの錬金術師ウェランドと共に、戦争の前線の町グルベッティの工房に送られる。そこで彼らは、前任の錬金術師が謎の死を遂げた事実を知る。そして辿り着いた工房では、フェネシスと名乗る白い修道女が2人を待ち受けていた。
彼女の目的はクースラ達の監視だというのだが…。

登場人物


関連タグ

ライトノベル 電撃文庫
支倉凍砂
狼と香辛料
錬金術師

pixivに投稿された作品 pixivで「マグダラで眠れ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15144

コメント