ピクシブ百科事典

マグマ・ドーパント

まぐまどーぱんと

マグマ・ドーパントとは、仮面ライダーW第1話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「お前もここの社員か・・・?ならば、燃えろ!」

概要

風都のアパレルメーカー「WIND SCALE」をリストラされた元社員・戸川陽介が復讐のためにミュージアムのセールスマンから購入したマグマメモリを左腕に挿して変身したドーパント

ビルをも溶かす高熱(左翔太郎は帽子に火をつけられた)と火山弾を武器としている。

しかし仮面ライダーダブルルナジョーカーの前には火山弾の威力はさほどでもなく、おまけにメモリの力が強過ぎて暴走しており、あまりメモリを使いこなせているようには見えなかった。

最後はサイクロンジョーカーの「ジョーカーエクストリーム」をくらいメモリブレイクされ、
戸川はティーレックス・ドーパントに口封じとして殺害されてしまった。

暴走せず使いこなせてさえいればアイスエイジ程の活躍は見込めたであろうに残念である。

外見

流れる溶岩と燃え上がる炎のような身体が特徴的。

余談

仮面ライダーWの初陣(といってもWの設定上1年前からWは戦っているが。)の相手に選ばれた理由は仮面ライダーWの元ネタの一つであるダブルライダーと戦った怪人ゴースターのオマージュであると思われる。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント
ティーレックス・ドーパント

pixivに投稿された作品 pixivで「マグマ・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7140

コメント